リザルト2019年度前期

2019年10月

2019年9月

  • 5・【9/23(月・祝)U-11リーグ2巡目 たけみ小】谷口、片山
  • ①FC 0-2 SAKURA UNITED
    ②FC 0-2 SAKURA UNITED
    ③FC 2-1 SAKURA UNITED【16'中島(井藤)、29'阿辺(中島)】
    テーマ:コーチング。
    自分達が掲げたテーマに対して失敗を恐れずに取り組む選手が見受けられませんでした。チビリンピックに向けチームの底上げを図るためには選手個々の意識向上が高くなければ良い結果も期待できないでしょう。(谷口)
  • 5年【9/23(月・祝)U-12全日2次リーグ 真上小】湯浅、西田、石崎
  • ①FC 4-1 真上FC【5'藤井(佐々木)、22'藤井(石崎)、24'藤井、27'藤井】
    ②FC 5-1 北摂スカーレット【10'藤井(片山)、11'藤井、22'佐々木、30'木村、40'藤井(港)】
    テーマ:6年生リーグに於いて結果を残すとともに、チームのレベルアップを目指す。
    ①先取点後、前線に残ったままで戻りが遅いために幾度もオフサイドにてチャンスを潰しました。結果、相手に同点に追いつかれる原因となりました。後半はFWが動きを修正した結果、しっかりと追加点を取ることができました。
    ②守備面でのアプローチの仕方が悪く、ピンチを迎えることもありましたが、しっかりと得点を重ねることができました。しかし、守備面で同様の間違いを繰り返したため失点し、相手に勢いを取り戻させてしまう要因となりました。
    ⇒攻守において同じ間違いを繰り返すことは、自分たちに不利な状況を作る要因となることを全選手が自覚することが大事です。また、プレーをサポートし、改善するためには周りの選手のコーチングが必須です。さらなる飛躍のために、チーム全体が共通理解できるように、日々の練習からすり合わせていきましょう!(西田)
  • 2年【9/22(日)高槻FC・TM 津之江小】園田、山下
  • ①FC 2-0 高槻FC【2'森川(西林)、10'森川】
    ②FC 4-0 高槻FC【2'肌勢(後東)、5'肌勢、7'肌勢、11'肌勢】
    ③FC 0-2 高槻FC
    テーマ:ガンガン行く!
    2年生10人、1年生3人で3試合を行いました。まだまだボールを見ていたり、人任せにしている場面がありました。一人一人が、自分でやるんだとの思いをもてば、もっと得点が増え、失点を防ぐことができます。日頃から、もっとガンガン行けるように練習しましょう。(山下)
  • 3年【9/22(日)高槻FC・TM 津之江小】片山、橋本
  • 3年【9/22(日)高槻FC・TM ≪津之江小≫】
    ①FC 1-0 高槻FC【13'西村】
    ②FC 2-1 高槻FC【12'橋本、13'橋本】
    ③FC 2-0 高槻FC【5'橋本、8'濱田】
    ④FC 3-0 高槻FC【5'田中、9'橋本(西村)、10'橋本】⇒全て15分1本。④途中で降雨により以降の試合中止。
    テーマ:ポジション毎の役割を考えて全力でプレーする
    ①ディフェンス陣がポジションを意識してプレーできたため、無失点に抑えることができました。
    ②ディフェンスでの連携不足で相手選手をフリーにさせて、失点してしまいました。
    ③④スペースを使った展開で積極的にシュートにチャレンジして、得点を重ねました。ただ、ディフェンスでは不用意なボール保持でピンチを招きました。
    ⇒各選手が色々なポジションを経験できました。まだまだその役割を理解して動けている選手は少ない為、練習の時からポジションをイメージしましょう。(橋本)
  • 4年【9/22(日)MIZUNOcup 寝屋川公園G】《優勝》《MVP:森田大樹》古賀、木村、佐藤
  • ①FC 6-0 AVANTI枚方【3'西永、3'古賀、4'松原、6'西永、9'松原(藤川)、27'松原】
    ②FC 4-0 花山【2'森田、12'古賀、20'西永(森田)、26'森田】
    ③FC 5-1 大阪市SS【2'森田、6'古賀(井戸)、8'松原、10'井戸、14'古賀】
    ④FC 3-3 センアーノ【10'森田(松村)、13'西永、15'井戸(PK)】
    テーマ:スペースを使う。コーチング。
    ①②誰が出てもチームの形を作れるようにメンバーを入れ替えながら試合に入りました。前半のメンバーで得点を重ねることができましたが、後半はチームの目指す形を作れませんでした。チームのために走る姿勢は見せてくれましたが、ボールを落ち着いて止める、蹴るというちょっとした違いが大きな差になりました。
    ③攻守の切り替えの遅れ、ボールウォッチャーになりマークを外すなど、疲れのため悪い面が出てきました。声を出した連携が足りませんでした。
    ④激しい雨の中の試合でした。PKストップなど良いプレーもありましたが、ラスト5分で2点差を追いつかれてしまいました。試合の流れをコントロールしきれず勝ちきれなかったのは残念ですが、得失点差で優勝することができました。(古賀)
  • 5年【9/22(日)U-11地域交流cup in高槻 南大樋運動公園G】湯浅、石崎
  • ①FC 3-0 北摂【12'阿辺、17'片山、22'森】
    ②FC 0-3 畑田けまり団
    ③FC 3-0 上牧FC【1'佐々木(木村)、4'片山、14'井藤】
    テーマ:チビリンピックに向けチームの底上げを図る。
    試合の入り方が悪く、フリーランニング、コーチングといった面からも本来の実力とはほど遠いパフォーマンスでした。自分達が掲げた目標を再認識して、選手個々の意識向上を期待します。(石崎)
  • 3年【9/21(土)フォルテFC・TM 豊中ふれあい緑地】山名、橋本
  • ①FC 2-2 カオス【21'西村、28'片山瑛智(CK西村)】
    ②FC 0-1 フォルテ
    ③FC 0-1 カオス
    ④FC 1-3 フォルテ【12'濱田】
    テーマ:攻撃はスペースにパスを出してサイドから攻撃する。守備は一人一人が素早くプレスに行く。
    ①開始早々に先制点を許すも選手全員で我慢強く守備をする事で少しずつ流れを引き寄せ、数少ないチャンスで得点し引き分けました。
    ②相手チームの上手なドリブルに対して普段の練習で取り組んでいる『足で突っ込まずに付いて行く』が実践出来ずに簡単にかわされて危険な場面が何度もありました。
    ③テーマへの意識は感じるもまだまだ足元へのパスが多かったり、出せる時に出さず相手DFに囲まれ苦しくなってからパスを出すことで、精度が下がり結果的に相手ボールになる場面が沢山ありました。
    ④サイドの選手が前に残り、守備がおろそかになってしまい失点を許しました。またFWの選手が守備の時にDFラインまで下がってしまい、クリアボールを保持する事が出来ず常に相手に主導権を握られ苦しい展開となり敗戦しました。
    ⇒選手全員が普段あまりやっていないポジションに挑み、とても良い経験になったTMだと思います。各ポジションにはそれぞれ役割があります。その役割を選手一人一人が守らないとチームとして機能せずに良い守備や良い攻撃をしても試合全体では苦しい展開が多くなります。また日々の練習やTMなどから基本を大切に真剣に取り組んで行きましょう。(橋本)
  • 5・【9/21(土)U-11リーグ2巡目 たけみ小】湯浅、西田、石崎
  • ①FC 4-0 高槻FC【9'片山、9'藤井、12'藤井(片山)、18'木村】
    ②FC 0-2 DREAM
    テーマ:チーム全体のレベルアップを目指す
    選手が自分たちで決めた「ボールをしっかりと繋ぐ」「コーチング」というテーマは、まだまだやろうとしていません。特にコーチングは数名のみがトライしてるだけの状態で、プレーの意思疎通ができなかったり、チームの雰囲気を盛り上げることができていません。普段の練習や試合から、お互いに理解するために声を出し合うようにしましょう。前回と同じで選手が目標を明確にし、それに向かって真剣に取り組む姿勢が今後のチームの成績に直結するため、全員の意識改革に期待します。(西田)
  • 2年【9/16(月・祝)長岡京SScup 丹波自然運動公園G】《準優勝》《優秀選手賞:西岡龍之介》湯浅、山名
  • ①FC 4-0 深草【2'佐々木(-)、8'佐々木(後東)、15'森川(-)、19'森川(-)】
    ②FC 2-1 長岡京SS・Y【3'後東(-)、15'尾崎(森川)】⇒《グループリーグ1位》
    ③FC 1-0 長岡京SS・P【18'森川(-)】《1位リーグ》
    ④FC 0-1 アーバンペガサス《1位リーグ》
    テーマ:勝負にこだわり、参加12名の全選手が強い気持ちで戦う。
    ①②全選手がテーマに取り組みました。粘り強い守備からスペースを使った攻撃により1位通過をゲットしました。
    ③1位リーグに進出すると、強いチームが相手です。一進一退の展開から終盤に先制点を挙げました。これもまた全員の高い守備意識が功を奏した結果です。
    ④リーグ戦ですが、実質的な決勝戦です。先の試合をスカウティングし、相手のストロングポイントを確認しました。チームの約束事に取り組み、粘り強い戦いを続け、いい内容の試合展開となりました。残念ながら、終盤に相手エースに決められましたが、その悔しい思いは決して無駄ではありません。リベンジに向けた取り組みに期待します。(湯浅)
  • 3年【9/16(月・祝)高槻桜台FCcup 高槻南大樋運動公園G】《第3位》《優秀選手賞:山本直樹》谷口、片山
  • ①FC 0-4 大山崎
    ②FC 2-3 桜台【5'福山(西村)、12'満生(西村)】
    ③FC 3-0 宇山【4'福山(山本)、5'橋本(PK)、21'福山】
    ④FC 7-1 吹田クラブ【7'片山瑛智、14'橋本(福山)、18'橋本(片山瑛智)、20'西村(福山)、21'福山(西村)、23'片山剛志(西村)、25'片山剛志(世古)】
    テーマ:全力を出す。攻撃はスペースにパスを出す。守備は早いプレスでシュートを打たせない。
    ①先日の試合で準備することの重要性を認識したはずでしたが、試合前からの準備不足がありました。相手の早いボール回しで守備を崩され、失点を重ねました。
    ②スペースを使った攻撃により、先制点を取ることができました。その後、落ち着いてプレーする意識は見られましたが、後半、足だけでのディフェンス、不用意なパスミスにより逆転を許しました。
    ③④チーム一丸となった全力でのプレー、コーチングをすることができた結果、勝利することができました。
    ⇒優勝するには、本気での意識改革が必要です。試合前からの準備、試合中での全力プレー、次の動作の準備とまだまだ課題がたくさんあります。練習メニューの意味を再度理解して平日の練習から意識を変えて取り組みましょう。(片山)
  • 4年【9/16(月・祝)U-10リーグ2巡目 たけみ小】園田、佐藤
  • ①FC 2-0 山田くらぶ【3'松原(-)、7'古賀(-)】
    ②FC 2-0 TSK粟生SC【1'森田(藤井)、12'松原(藤井)】
    テーマ:全員がコーチングをしてチーム力で勝つ。
    ①前半1stメンバー、コーチングを活かし、前線からのプレスから相手を押し込み、得点に繋げました。後半2ndメンバー、守備に於いて、ボールウォッチャーになる場面が目立ちましたが、ベンチからのコーチングを活かし、ポジションを修正した事で、守りきりました。
    ②前半1st、スペースを活かし、サイドからの崩しから得点に繋げました。後半2nd、1試合目の課題を確認し、守備を改善し守りきりましたが、攻めに於いて、コーチングの意識が低く、連携不足により無得点に終わりました。
    ⇒チーム全体のレベルを上げるためには、試合中だけでなく、どんな時でも1人1人がチームのために出来る事を常に考え、助け合う事が大切です。日々の練習から心掛けましょう。(佐藤)
  • 5年【9/16(月・祝)ライオンズ杯 淀川河川敷鳥飼上G】西田、石崎
  • ①FC 3-0 山田くらぶ【5'石崎(寺岡)、19'佐々木(木村)、37'阿辺(森)】
    テーマ:状況に応じたプレーをする
    負けている場面/勝っている場面を想定してチーム全体のベクトル合わせを目指しました。結果は、全員が認識を合わせるレベルまでいっておらず、また一部の人の声しか聞こえないため、場面に合わないプレーが見られます。特に勝っている場面での横パスや弱いパスは、それが相手のカウンターにつながっていることを認識できていない人が多くいます。また、FWが簡単にボールロストすることが、守備から攻撃への移行ができない要因です。コーチング不足の解消と真剣に取り組む姿勢がこれからの公式戦を勝ち抜くためには必須です。選手各自の意識改革に期待します。(西田)
  • 5・【9/15(日)U-11リーグ2巡目 たけみ小】谷口、山名
  • ①FC 0-3 塚原サンクラブ
    ②FC 1-4 AVANTI茨木【14'松原(森田)】
    テーマ:声を出し元気良くプレーする。
    ①失点するまではチャンスもあり良い試合運びしてましが、失点すると元気も無くなってしまいました。
    ②良い立ち上がりで先制点をゲットしましたが、①と同様、失点するとドンドン元気が無くなり、結果敗戦となりました。
    ⇒4年生の活躍がないと厳しいのも現実です。5年生はこのままの意識でいくとチビリンのポジションは4年生に取られますよ!平日の練習から意識を変えて真剣に取り組んで欲しいです。(谷口)
  • 5年【9/15(日)U-12全日2次リーグ 万博公園運動広場】湯浅、西田、石崎
  • ①FC 1-4 ダックSC【29'石崎(FK森)】
    ②FC 4-2 安満SC【14'石崎(-)、17'藤井(-)、33'藤井(木村)、36'藤井(佐々木)】
    テーマ:結果に拘る。⇒三島地区代表決定戦出場をめざす。
    ①先週の初戦同様、試合への入り方に緊張感が足りないため、開始10分以内に3失点を喫しました。後半は1-0ですので、メンタリティーの問題以外の何ものでもないのです。何度も同じ誤りを繰り返しているようでは、自ら掲げた目標に達することはあり得ず、後悔を積み重ねるだけです。他人任せではなく、メンバー全員がチームリーダーの意識で活動しましょう。
    ②先制点を献上しましたが、粘り強く戦うことができましたので逆転できました。しかし、判断ミスと軽率なプレーから同点とされました。再度、選手個々の役割やチームの約束事を確認の上、後半を戦った結果、6年生リーグに於いて勝利できました。この経験を自信として、それに至る過程を継続しましょう。(湯浅)
  • 1年【9/14(土)千二小TM 千二小】山名、山下、久米
  • リスト1
  • 2年【9/14(土)千二小TM 千二小】山名、山下、久米
  • リスト1
  • 3年【9/14(土)コパ秦野 猪名川河川敷G】《第4位》谷口、橋本
  • ①FC 3-0 秦野B【4'西村(山本)、6'山本(福山)、7'山本】
    ②FC 6-0 津門SC【3'満生(山本)、9'橋本(西村)、10'山本(西村)、14'平田(満生)、20'福山(山本)、23'福山(世古)】⇒予選1位
    ③FC 2-3 スポーツネットSC【13'橋本(山本)、17'満生(福山)】《準決勝》
    ④FC 0-1 コニーリョ中山FC《3位決定戦》
    テーマ:1.攻撃はスペースへパスを出してサイド攻撃、2.守備は一人一人が素早くプレスに行く
    ①②選手全員がテーマ1.2をしっかりと意識出来ており、伸び伸びとプレーして相手チームにシュートを打たせることなくサイドからの攻撃、またはフォローに入った選手へのパスからの逆サイドへの展開などアイデア溢れるパスワークで無失点、かつ大量得点で予選1位通過を勝ち取りました。
    ③強いチームを相手に先制点、2点目を先取しながらも1失点してからは勝っているにも関わらず急に慌てだして、各ポジションの選手が役割を放棄しテーマも無視、ポジションも無視。一人一人が好き勝手に動く事でチーム力が急激に下がり、相手チームに一方的に攻め込まれ、結果5分間で3失点となり、敗戦しました。
    ④先の敗戦の悪いムードを払拭しようと試合に挑みましたが、一度テーマを忘れた事で悪い癖が出てしまい、サイドのスペースへのパスではなく、単調な縦パス1本の繰り返しで、そこからのカウンターで危険なシーンが多々見られました。結果、敗戦となりました。
    ⇒どんな場面でも常に一人一人が「冷静」にプレーすることが如何に大切かを本日の大会で選手全員が改めて気づいたことでしょう。冷静にテーマ通りに全員がプレー出来れば簡単には負けません。今日も「冷静」にプレー出来ていれば、決勝戦には進めたと思います。ただ、勝負に「たら・れば」はありません。本日の悔しさを一人一人が振り返って(復習する)明日の練習、明後日のCUP戦に是非全員が活かして欲しいと思います。「返事」「準備」「全力」など今は「意識改革」が全員に本当に必要です。(橋本)
  • 2年【9/8(日)コパ秦野 猪名川河川敷G】《第3位》山名、谷口
  • ①FC 5-1 銀河【14'後東、16'後東(尾崎)、21'尾崎(栗林)、23'佐々木、29'後東】
    ②FC 0-5 吹田南FC《準決勝》
    ③FC 3-6 箕面南FC【4'後東、6'佐々木、10'後東、13'西岡、15'白澤、18'後東】《3位決定戦》
    テーマ:1. スペースを使う(パスを出す)2. ガンガンいく!
    テーマができていた選手は普段練習をしている選手です。2年生も半ばとなり、練習をしている選手していない選手の差が出てきています。今日の準決勝で惨敗した吹田南戦について、吹田千里の各選手の実力差を感じました。平日練習の参加回数に関係していると思われます。勉強や他の習い事もあると思いますが、吹田千里の平日練習も参加をし、みんなが上手くなりサッカーが楽しくなるように頑張っていきましょう。(山名)
  • 5年【9/8(土)FC・TM たけみ小】西田、片山
  • ①FC 0-0 スポーツネットSC
    ②FC 0-0 スポーツネットSC
    ③FC 1-0 スポーツネットSC【10'高瀬(阿辺)】
    ④FC 0-1 スポーツネットSC
    ⑤FC 0-4 スポーツネットSC
    ⑥FC 0-0 スポーツネットSC
    テーマ:個々のレベルアップを図る
    ①〜⑥2チームに分けた中で各自がチャレンジをすることを目的として取り組みました。徐々にチャレンジが見られましたが、コーチング不足による残念な場面がまだ多く見られます。いい連携が見られた時間帯にシュートが少なかったので、もっとシュートで終われると結果は違っていたかと思います。今後も常にチャレンジする意識を持って、練習に試合に取り組むことを期待します。(西田)
  • 1年【9/7(土)ひじりSC・TM 東丘小】園田、久米
  • ①FC 4-1 茨木プライマリー【2'梨木、6'梨木、7'肌勢、8'肌勢】
    ②FC 0-1 千里ひじりD
    ③FC 3-0 高倉FC【2'梨木、5'樋口、10'梨木】
    ④FC 0-0 千里ひじり
    ⑤FC 0-0 水尾SC
    ⑥FC 2-0 千里ひじりA【6'梨木、7'樋口】
    テーマ:がんがんいく⇒試合全体を通して、それだけでは試合に勝つことはできないことを感じたでしょうか。今日の試合のような狭いスペースの中では、自分たちが上手くボールを持つことが重要です。そのためには、相手選手のプレッシャーをかいくぐるためのボールコントロールの技術を磨いていく必要があります。普段の練習からそういった部分を意識し、練習に励んでいきましょう。(久米)
  • 4年【9/7(土)~8(日)いしかわチャンピオンズcup 和倉温泉人工芝G】木村、佐藤
  • 《初日》
    ①FC 0-0 クレセール
    ②FC 3-0 森本【10'仙田(松原)、11'仙田、18'松原】
    ③FC 1-0 高松【7'小野彰大(守時)】《交流戦》
    ④FC 5-1 井波【2'森田(松原)、4'井戸、11'井戸、18'松原(井戸)、277森田(松村)】
    《翌日》
    ①FC 0-0(1PK2) FCひがし【PK : 井戸】
    ②FC 0-1 おおの 《交流戦》
    ③FC 4-1 和気 【3'仙田、12'森田、13'蒲原(松原)、21'小野彰大(高垣)】《交流戦》
    テーマ:チーム20名全員がコーチングで盛り上げ優勝する。
    《初日》①重要な初戦でしたが、プレスの甘さが目立ち、得点チャンスを決めきることができませんでした。
    ②プレスの改善が見られ、パスでの連携も高まり、勝ち切ることができました。
    ③フレンドリーマッチ、セカンドメンバーにて出場しました。テーマのコーチングは成長がみられ、得点は出来ましたが、球離れが悪く、全体的にボールウォッチャーの試合運びとなりました。
    ④後半、気の緩みから失点しましたが、全体的にサイドからの崩し、シュートの意識が高く、得点を重ねることができました。
    《翌日》①決勝トーナメント初戦、テーマを守りベンチ含め、コーチングでチームを盛り上げ、素早いプレスと粘りのある守りで相手の攻めを抑えましたが、決定力に欠け、引き分けとなり、PK戦の結果、敗退しました。
    ②経験を積むべく、セカンドメンバー中心に挑みました。一進一退の接戦でしたが、終盤にカウンターから失点しました。
    ③最終戦はチーム全員が出場し、最後はしっかりと勝ち切ることができました。
    ⇒前回逃した優勝を果たすべく、結果に拘り挑みました。結果、挫くも決勝トーナメント初戦敗退となりましたが、前回と比べ、生活面を含めた遠征におけるチーム力の成長は感じました。大切な試合で勝ち切るチームになるためにも、日々の練習を一人一人がより真剣に取り組みましょう。(佐藤)
  • 5年【9/7(土)モリスポcup 高槻青少年G】《優勝》《MVP:藤井敬士、ベストイレブン:西田陽祐、石崎晴翔》湯浅、西田、石崎
  • ①FC 2-0 枚方FC【3'藤井(木村)、5'藤井(-)】
    ②FC 3-0 高槻如是FC【5'石崎(藤井)、16'港(石崎)、22'藤井(阿辺)】
    ③FC 4-1 塚原サンクラブ【1'藤井(片山)、5'藤井(西田)、7'藤井(FK)、29'藤井(-)】《準々決勝》
    ④FC 0-0(3PK2) 西大冠FC【PK:藤井、高瀬、森】《準決勝》
    ⑤FC 4-1 高槻桜台FC【3'片山(藤井)、7'寺岡(CK藤井)、15'藤井(-)、25'藤井(-)】《決勝》
    テーマ:結果に拘る。⇒学年16名全員が協力して優勝をめざす。
    ①昨日は2週間ぶりの平日練習でしたので、選手間の連携不足は否めませんでした。
    ②攻守の連携が進捗してきましたが、プレーの原理原則を守らないシーンがピンチを招きました。
    ③テーマに沿って、キックオフから攻勢にでた結果、快勝できました。
    ④厳しい試合展開でしたが、タイムアップまでチーム全体で戦うことができました。
    ⑤本日の最終戦は、全員が出場し力を出し切ることができました。(湯浅)
  • 1年【9/1(日)フォルテ フットボールフェスタ 服部緑地人工芝】《優勝》《MVP:片山将吾》山下、久米
  • 《予選リーグ》①FC 1-0 長岡京SS【2'梨木】
    ②FC 1-0 フォルテFC【10'肌勢】⇒《グループリーグ1位》
    《1位リーグ》③FC 1-1 サルヴァジソウサ【13'梨木】
    ④FC 2-1 ひじりSC【6'肌勢、13'片山】
    テーマ:ガツガツ行く。シュートで終わる。⇒4試合を11人で頑張りました。
    ①②は無失点で勝利する事ができましたが、ボールウォチャーになりボールに集まりすぎて、スペースを活かすことが出来ていませんでした。
    ③相手の勢いにおされて、なかなかテーマを実践する事ができませんでしたが、少ないチャンスから得点でき、なんとか同点にする事ができました。
    ④勝てば優勝とう試合で、最後まで諦めず逆転で勝利する事ができました。テーマについても一番よく出来ていて、本日のベストゲームだったと思います。
    ⇒全試合を通して、テーマを実践できている場面が少なかったように思えます。日頃からガツガツ行く、シュートで終わることを考えて練習しましょう。(山下)
  • 5・【9/1(日)U-11地域交流cup in高槻 南大樋運動公園G】谷口
  • ①FC 1-2 沢池【18'井藤(港)】
    ②FC 4-0 玉島【6'森田(港)、20'松原、26'森田(港)、29'港】
    ③FC 0-5 玉川学園
    テーマ:1.シンプルにパスを出す。2.ポゼッション。
    攻守の切り替えが遅く、プラスに行かず簡単にシュートを打たせて失点しています。シンプルにパスを出せれば得点につながっています。さらに、苦手な脚が使えたらもっと得点につながるでしょう。平日のウォーミングアップから真剣に取り組めばレベルアップにつながるでしょう。(谷口)
  • 5年【9/1(日)U-12全日2次リーグ 山田高】湯浅、西田、石崎
  • ①FC 0-1 日吉台ウイングス
    テーマ:無失点で勝点を取る。(参加選手8名全員が戦う。)
    W-up開始時点から気持ちが緩く、その結果、試合開始早々の失点に繋がりました。その後は交代メンバーがなく、体力的にも厳しい中で全員がよく走り、身体をはって攻守に頑張りました。それだけに開始2分での失点が悔やまれる内容でした。全員が試合に真剣に取り組む姿勢が望まれ、その結果全員がコーチングを自発的に行なうことが必須です。日々の練習から互いに声を掛け会いましょう!(西田)

2019年8月

  • 2年【8/31(土)アスリーナcup 歌島公園G】《第4位》久米
  • 《予選リーグ》①FC 2-3 VALENTE【5'菅原(森川)、6'佐々木】
    ②FC 8-1 大阪市SS2001【2'西林、3'菅原、4'西林、5'西林(森川)、6'森川、7'後東、8'西林、9'森川】
    ③FC 5-0 アスリーナ歌島【2'梨木、7'佐々木、9'西林、13'菅原(後東)、17'菅原】
    《決勝トーナメント》④FC 0-4 ディアブロッサ大阪
    ⑤FC 0-2 VALENT
    テーマ:がんがんいく
    ①前半の最後に失点した場面、逆転を許した3点目共に、守備をしっかりとしなければならないのに緩さが現れたように感じました。
    ②③どちらの試合も点を取りに行くという意欲もみられました。
    ④前半は守備に回る時間が長かったものの、しっかりと守ることを徹底していたと思います。ただ決めるところで決めきれなかったのが、後半の失点に影響していました。
    ⑤前半後半ともに点を取りに行っていましたが、カウンターで守備に回るのが遅くなり2失点してしまいました。
    ⇒今回の試合も選手のボールコントロールの技術が気になりました。何気ないトラップやパスを練習の中でどれだけ意識できているでしょうか。練習でしっかりできなければ、試合ではできません。普段の練習から意識してきましょう。(久米)
  • 3年【8/31(土)コパ秦野 猪名川河川敷G】《優勝》橋本、片山
  • ①FC 9-0 RFC【4'平田(橋本)、5'満生(山本)、7'橋本(福山)、17'平田(山本)、19'平田、20'満生(片山瑛智)、26'西村、27'西村、29'西村(福山)】
    ②FC 2-1 さなえFC【15'世古(福山)、28'濱田】
    ③FC 0-0(2PK0) 山田くらぶ《決勝戦》
    テーマ:1.攻撃はスペースにパスを出してサイドから攻める。2.守備は1人1人が素早くプレスに行く。
    ①テーマを全員がしっかりと意識出来ており、スペースを使ってサイドからの攻撃が出来て大量得点での勝利となりました。素早いプレスも効いており、相手には1本しかシュートを打たれる事はありませんでした。ただ、大量得点になると多くの選手が自分も点を取りたいと思い、テーマやポジションを無視して前のめりになり、結果的に雑なプレーが見られました。
    ②先制点を許し、いつもの慌てふためく悪い癖がやや見られましたが、ベンチの選手のコーチングや交代で途中出場した選手の冷静なプレーで逆転勝利する事が出来ました。正にFC全選手で掴み取った勝利と言えます。この試合は3年生選手全員の成長を大きく感じました。
    ③全選手がテーマをしっかりと意識していることは伝わってきましたが、出せる時にパスを出さず困ってから苦し紛れのパス、サイドは意識出来ているものの味方選手が居ない所へパスを出したり、バックパスでは最終ラインでの中へのボール運びなど危険な場面が多数見られました。それらの点が改善されればPK戦にならずに得点を奪って勝利出来ていたと思います。なお、PK戦は幸運であったと思われますが、GKの超が付くほどのビッグセーブ連発で勝利出来ました。
    ⇒夏休みを通しての8月最後の大会で優勝という大きな目標を達成できました。また、3年生2学期も試合が入ってくると思います。今日の大会の中で見つかったチームとしての課題を一人一人が意識して普段の練習から全力で取り組んで行きましょう。(橋本)
  • 4年【8/31(土)MATORIX summer cup 熊取町民G】《第3位》湯浅、佐藤
  • ①FC 2-0 ダンシーマFC【7'松原(CK森田)、20'井戸(花田)】
    ②FC 1-0 MATORIX・ジャッロ【12'森田(-)】
    ③FC 1-2 FC岸和田【30'松原(-)】《準決勝》
    ④FC 0-0(4PK3) 高槻桜台FC【PK:西永、井戸、松原、佐藤】《3位決定戦》
    テーマ:守備意識を高め、無失点をめざす。⇒参加選手8名全員が無失点勝利をめざす。
    ①②④テーマへの取り組みが結果に表れました。
    ③前半~後半の給水タイムまでは、テーマへの取り組みがよくできていましたので、実にもったいない結果となりました。(湯浅)
  • 4年【8/31(土)U-10リーグ2巡目 たけみ小】木村、園田
  • ①FC 0-5 高槻南AFC
    ②FC 1-0 南桜塚愛好会【26'藤井(小野瑛)】
    テーマ:1.コーチングをしっかりする。2.ボールをしっかり追いかける。
    ①前半、緩い入り方で、落ち着かないポジショニングからボールウオッチャーとなり、相手に安易にシュートを許してしまいました。後半、マークを意識するよう修正し、効果を感じました。(前半4点・後半1点)
    ②1試合目の問題点を話し合い、改善も見られましたが、相手のパスやセットプレーからのハイボールやパスに対して先にボールに触ることやキープができず、効果的に攻めあがれませんでした。
    ⇒まだまだテーマをクリアできていませんが、随所で大きな声でのコーチングや、相手選手にすばやくアプローチする姿も見受けられました。U-10リーグ2巡目がスタートしました。どんどん出場経験を積んで、足りないところや上手くなりたい技を練習で上達させ、次の試合で披露しましょう。(木村)
  • 5年【8/31(土)ライオンズ杯 畑田小】西田、谷口
  • ①FC 4-0 玉川学園【8'阿辺(片山),16'藤井,25'高瀬,28'沢田】
    ②FC 6-0 アオヤマ【8'藤井,14'藤井(港),18'藤井,30'石崎(片山),33'石崎,40'佐々木】
    テーマ:個々のレベルアップを図り、ポゼッションを高める。
    ①均等に2チームに分けました。コーチングが全く出来ていないため、サイドを使った連携は見られませんでした。
    ②翌日の試合を想定し2チームに分けました。前半チームは徐々にサイドを使えてきましたが、間にパスを出さないためにボールロストが数多く見られました。後半チームはベストのサッカーとは程遠い内容で、成果が見られないままでした。
    ⇒サイドを使うという意識が低く、バラバラのサッカーになっています。自分の都合だけでプレーしないで、周りとの関係を意識して連携に努めましょう。シュートの精度はシュート練習の結果がそのまま試合に出ています。練習の時点から真剣に取り組みましょう。(西田)
  • 1年【8/25(日)コパ秦野 猪名川河川敷G】《優勝》谷口、山名
  • ①FC 4-1 尼崎南【17'梨木、18'梨木、19'肌勢、20'肌勢】
    ②FC 2-0 さなえ【8'梨木、9'西村(肌勢)】
    ③FC 3-1 吹田南【11'肌勢、17'西村、18'肌勢】
    ④FC 1-1(2PK1) さなえ【3'片山、PK戦:肌勢、梨木】《決勝》
    テーマ:ガンガン行く。
    攻撃をシュートで終わらなかったため、相手に取られてカウンターや自陣ゴール前のクリアミスから失点してます。得点は決めれてますが、シュートの精度が低いため相手GKの正面に蹴って止められています。平日の練習から試合を意識したシュート練習に取り組みましょう。(谷口)
  • 4年【8/25(日)長尾CHARENGEcup 三田城山公園G】《準優勝》湯浅、木村、佐藤
  • ①FC 3-1 ウッディSC・ブラック【5'森田(古賀)、9'井戸(-)、20'小野瑛太(-)】
    ②FC 1-0 長尾WFC・オレンジ【19'森田(CK古賀)】
    ③FC 1-0 京都田辺FC【6'古賀(井戸)】
    ④FC 0-2 尼崎南SC・A《1位トーナメント決勝》
    テーマ:選手個々及びチームのポテンシャルアップのため、コーチングに取り組む。⇒自分の判断や考えをチーム全体に伝える。
    ①②③参加16名全員が出場し、テーマへの取り組みは徐々に進捗しました。
    ④勝負どころに於いてテーマへの取り組みが見られなかったため、得点チャンスを何度も逃しただけでなく、中途半端なプレーからカウンターを受けて失点しました。逆転を狙った後半も同様の形で追加点許しました。
    ⇒決勝の相手は隙を逃しません事を学んだことをでしょう。『間違い直し』は本気のトレーニングによってのみ改善されます。頑張りましょう。(湯浅)
  • 4年【8/24(土)アスリーナcup 清水小】《準優勝》《MVP:濱田蒼真》木村、佐藤
  • ①FC 3-0 プライマリーカラーFC【7'藤岡、15'藤井、12'田近】
    ②FC 0-0 SCアスリーナ
    ③FC 3-0 グラシオン【2'藤井、20'藤岡、22'藤井】
    テーマ:1.球際に強くいく。2.全力で走りプレーする。
    ①テーマを守り、得点を重ねましたが、連携に欠け、相手のプレスの弱さに助けられた試合でした。
    ②テーマが守れず、全体的に押し込まれる試合運びとなり、慌てて蹴り、相手選手にボールを当ててしまうなど、スペースを活かせない場面が目立ちました。
    ③2試合の課題を反省し、テーマの徹底、スペースの活用を意識した結果、運動量の改善、特に前線のプレスによるボール奪取から得点に繋げました。
    ⇒暑い中、皆健闘し無失点で守りました。ただ、得点に繋がる連携がまだまだ足りません。日々の練習から試合を意識して、更なる成長を目指しましょう。(佐藤)
  • 5年【8/24(土)長岡京SScup 八幡市民公園G】《Bリーグ優勝》《MVP:井藤龍之介》湯浅、西田、石崎、古賀
  • ①FC 1-0 京都葵FC【22'寺岡(石崎)】
    ②FC 4-0 修学院2nd【1'寺岡(石崎)、17'藤井(-)、19'井藤(-)、27'井藤(西永)】
    ③FC 2-0 長岡京SS W【21'OG、30'藤井(-)】
    ④FC 2-0 大山崎SC【21'藤井(-)、24'石崎(藤井)】
    テーマ:2ndチームの大会につき、3ヶ月先開幕予定のチビリンピックに向けたシミュレーションとする。また、選手個々のポテンシャルアップのため、ポジショニングとコーチングに留意してポゼッションに取り組む。⇒選手の組み合わせとチームの課題を発見する。
    ①②③④ポゼッションのイメージをもっていたにも関わらず、プレーに現れないシーンが見られました。その原因は、事前の準備とプレーの精度です。
    ⇒4年生4名を加えた19名の選手は、本日をスタートとして目標に向かって課題解決に取り組みましょう。(湯浅)
  • 5年【8/17(土)ライオンズ杯 服部緑地人工芝】湯浅、西田、石崎
  • ①FC 2-1 RESC 2nd【23'佐々木(港)、30'石崎(港)】
    ②FC 2-0 RESC 1st【24'佐々木(港)、28'佐々木(-)】
    テーマ:コーチングを絶やさず、走行距離を増やして、守備力を強化する。⇒FW・MFの5人を10分ずつで交代するなど、全員が協力して勝利する。
    ①②猛暑の中、全員がテーマを完遂しました。出場した4年生は自信をもって、より一層努力しましょう。(湯浅)
  • 5年【8/12(月)infiniサマーリーグ6年大会最終日 亀岡市月読橋G】《5位リーグ優勝》湯浅、谷口
  • 《infiniコラボ選手(後段左から)⇒8/11:14甲斐浩太・55秋田剛輝・17鎗水怜音、8/12:7西田樹・4國嶋琉生・8建部皓介の各選手》
    ①FC 6-0 宇治翔【10'木村(-)、11'西田i(-)、19'清原(港)、20'國嶋i(清原)、27'阿辺(高瀬)、29'阿辺(西田i)】
    ②FC 3-0 綾部【2'木村(國嶋i)、25'佐々木(國嶋i)、26'西田i(國嶋i)】
    ③FC 2-0 南太秦【20'高瀬(-)、22'木村(港)】
    テーマ:守備意識を高め、守備力を強化する。⇒全試合の目標を無失点とする。(5年生:8名+infiniより3名)
    ①前線からの積極的な守備が功を奏し、ショートカウンターからのフィニッシュにより得点できました。また、全員の守備意識が高まりました。
    ②先取点をゲットしましたが、その後は粘り強い試合運びができました。
    ③最終戦も厳しいプレイに徹した結果、テーマを完遂致しました。
    ⇒猛暑の中、参加選手は少数でしたが、infiniとのコラボレーションにより多くの学びを得ることができました。(湯浅)
  • 5年【8/11(日)infiniサマーリーグ6年大会第二日 亀岡市月読橋G】湯浅、谷口
  • ①FC 0-4 園部
    ②FC 0-2 長岡京SS-W
    ③FC 0-2 infini
    テーマ:守備意識を高め、守備力を強化する。⇒昨日の経験を踏まえ、さらにテーマを推進する。(5年生:6名+infiniより3名)
    ①守備面に於ける選手個々のミスが目立ち、チームとしても連携不足が露呈しました。しかし、ショートカウンターからのフィニッシュも見られました。
    ②前試合同様、粘り強い守備を発揮できませんでした。
    ③徐々に守備意識を変えつつありましたが、個々の力やチームの連携不足が敗因となりました。
    ⇒猛暑の中、他チームからの支援選手の奮闘に支えらましたが、全敗且つ無得点という結果から課題を見つけ、その解決に向けて本気で取り組みましょう。(湯浅)
  • 5年【8/10(土)infiniサマーリーグ6年大会初日 亀岡市月読橋G】湯浅、片山
  • ①FC 2-0 莵道SSS【10'阿辺(西永)、18'港(-)】
    ②FC 0-4 常磐野
    ③FC 1-2 物部【17'高瀬(港)】
    テーマ:守備意識を高め、守備力を強化する。⇒全試合の目標を無失点とする。(5年生:8名+4年生:2名)
    ①守備面に於ける健闘が光り、ショートカウンターからのフィニッシュにより得点できました。
    ②前試合に於ける勝利が裏目に出た結果、自らの基本的なミスにより4点を献上してしまい、体調不良まで陥りました。
    ③自らの意識を変えようとしましたが、1vs1に於ける守備の基本を外したり、ゴール近くで無駄なファールをしたことにより、2つのオウンゴールをしました。
    ⇒猛暑の中、テーマの実践は中途半端な結果となりました事を受け入れ、この学びをチーム全体の財産とし、課題解決に向けて本気で取り組みましょう。(湯浅)
  • 4年【8/4(日)宇山TM 牧野高】谷口、山名
  • ①FC 0-2 宇山ピンク
    ②FC 1-0 宇山イエロー【14'森田(松原)】
    ③FC 1-1 守口ジュネス【3'森田】
    ④FC 0-2 コンパニェロ
    テーマ:練習でやっていることにチャレンジする。
    失点シーンは、パスミスからのカウンターやボールウォッチャーになりプレスを怠ってため簡単にシュート打たせてしまった結果です。両サイドから良い攻撃は出来ていますので、フィニッシュを確実に決めれば得点が増え勝利につながるでしょう!日頃の練習から苦手な脚のトレーニングを本気で取り組みましょう。(谷口)
  • 4年【8/4(日)U-10リーグ たけみ小】佐藤、片山、橋本
  • ①FC 2-0 南桜塚愛好会 【13'小野瑛大(-)、18'山田(田近)】
    ②FC 0-1 フォルテ
    テーマ:1.プレスをかける。2.全力で走りきる。
    ①4年生2ndチームでの公式戦、前半、得点はしましたが、ボールウォッチャーの試合運びとなり、ただ蹴るだけのプレーが目立ちました。後半、パスの連携が改善されましたが、得点チャンスを決め切れない場面が多く見られ、課題の残る試合となりました。
    ②3年生4人参加での交流戦、4年生に負けない3年生の積極的な姿勢がみられましたが、全体を通じ、テーマのプレスや運動量に課題があり、特に球際への寄せの甘さが失点に繋がりました。⇒2ndチームの成長は4年生全体のレベルアップに欠かせません。それを1人1人が自覚し、日々の練習から全力で取り組みましょう。(佐藤)
  • 5年【8/4(日)帝燃cup池上杯6年大会 高槻青少年人工芝】《下位トーナメント優勝》《MVP:沢田透惟》湯浅、西田
  • ①FC 1-0 北大冠FC【30'藤井】
    ②FC 2-0 日吉台ウイングス【15'藤井(西田),30'藤井(沢田)】
    ③FC 4-0 泉佐野JFC【22'阿辺,28'藤井,30'藤井(中島),30'藤井(高瀬)】
    テーマ:全力を出しきる
    ①相手に押されたまま守備面での全員の頑張りから、2本のシュートのうちの1本が見事なミドルシュートとして決まりました。
    ②前線からの守備がしっかりできた結果、守備陣が安定して守ることができました。
    ③前半は9割相手に攻め込まれましたが、GKのビッグセーブ連発を始め、全員の集中した守備で無失点のまま終えました。ハーフタイムには後半に必ずチャンスが来ることをみんなで再確認して挑んだ結果、先制することができ、その後は前がかりになる相手に対して裏を取る動きを繰り返して大量得点にて優勝できました。
    ⇒1日目の3試合目での全員守備の意識が本日も継続して発揮された結果、守備面での成長が見られた大会となりました。また昨日よりも今日、控えメンバーの成長が感じられたのは収穫です。しかしながら、まだまだシュートの少なさは改善されていません。今後も意識して取り組んでいきましょう!(西田)
  • 4年【8/3(土)U-10リーグ交流戦 J-GREEN】湯浅、谷口
  • ①FC 3-0 吹田南2nd【8'藤岡(小野彰大)、21'仙田(藤岡)、29'藤岡(小野彰大)】
    ②FC 3-0 フォルテFC【4'井戸(-)、20'森田(-)、21'井戸(古賀)】
    テーマ:2ndメンバーの底上げ⇒チーム全体のポテンシャルアップ
    ①猛暑の中、明日の公式戦に向けてのシミュレーションとして、2ndメンバーのみで戦いました。全員が狙いをもっていい仕事をしました。
    ②1stメンバーで戦いました。相手はベストメンバーではありませんでしたが、狙いをプレーに表現できたシーンが多々見られました。(湯浅)
  • 5年【8/3(土)帝燃cup池上杯6年大会 高槻青少年人工芝】西田、片山
  • ①FC 2-3 ジョイフルFC京都【8'藤井(中島), 26'藤井】
    ②FC 0-4 高槻Wins
    ③FC 1-2 ガンバ門真【28'藤井(木村)】⇒予選リーグ4位、明日下位トーナメントへ
    テーマ:全力を出しきる
    ①先制しましたがメンバーが変わった後半に3失点しました。チームの決まり事を守れない守備面でのルーズなプレーがそのまま失点に繋がりました。また最後まで全力で走らない結果、終了間際の同点機を逃しました。
    ②同様の守備面でのプレーが失点につながっています。チームとしては同じ事をずっと取り組んでいるので、誰が出ても同じ意識を持ってプレーできないことは疑問です。全体を通してシュートの少なさはすぐに改善が必要です。
    ③予選リーグ最強の相手に対して、この日一番のプレーができました。全員が集中してプレーし、献身的に走った結果、いい守備から攻撃に転じることができました。
    ⇒少しの意識の低さが失点に繋がることを学んだ一日でしたね。また全員が集中できた時の強さも自分たちで感じることができたのではないでしょうか?
    試合に向けていい準備をして、みんなが集中して試合に挑めるように自分たちで切り替えていきましょう!(西田)

2019年7月

  • 1年【7/28(日)AVANTI cup 万博⑦】《準優勝》園田、谷口
  • ①FC 0-2 AVANTI茨木
    ②FC 5-0 長尾台【1'西林、7'片山、8'光原、9'西村、11'西村(梨木)】
    ③FC 4-0 高槻郡家【11'西林、12'梨木、14'片山、16'西林(FK)】⇒準優勝
    《AVANTI CUP 1年生大会 PK戦》
    ①FC 6-5 AVANTI茨木【村上、樋口、長光、梨木、光原、片山】
    ②FC 6-4 高槻郡家【村上、樋口、石矢、梨木、光原、片山】⇒AVANTI CUP 1年生大会 PK戦 優勝
    テーマ:ガンガン行く!
    ①テーマを実践できず、ボールウォッチャーになりボールに集まりすぎてカウンターから失点しました。
    ②③は①よりテーマを実践でき得点に結びついた為、勝利できたでしょう!暑い中体調を崩さず頑張っていました。日頃の練習からガンガン行くように心がければ全ての試合で勝利できるでしょう!(谷口)
  • 3年【7/28(日)AVANTI cup 万博⑦】片山、橋本
  • ①FC 5-0 高槻郡家【2'平田(西村)、4'満生(片山瑛智)、10'西村(CK)、13'西村、15'西村】
    ②FC 0-2 大阪セントラル
    ③FC 0-4 エストレア①⇒下位トーナメント
    ④FC 4-0 高槻如是【12'平田、14'福山(平田)、15'福山,19'福山(田中)】
    ⑤FC 4-0 エストレア②【13'福山(山本FK)、14'福山、17'片山剛志,18'福山】
    テーマ:攻撃はスペースにパスを出す。守備は早いプレスでシュートを打たせない。⇒チーム全員の力で優勝することを目指しました。
    ①テーマを全員が意識してプレーできていました。シュートを1本も打たせないことができました。
    ②テーマを意識してプレーできていましたが、個々のポジションに対する役割を理解しきれていない為、致命的な守備の連携不足により失点しました。
    ③プレスが遅かったため、ゴール前まで運ばれてシュートを多く打たれてしまいました。
    ④⑤得点を重ねることができましたが、テーマを意識したプレーは、試合を重ねる毎に薄れていきました。
    ⇒全選手が本日の試合で良かったところ、改善すべきところを確認して練習に臨みましょう。暑い日が続きますが、この夏で個人それぞれが成長してチーム力を高められることを期待します。(片山)
  • 4年【7/28(日)U-10リーグ交流戦 たけみ小】湯浅、佐藤、木村
  • ①FC 0-1 フォルテFC
    ②FC 11-0 吹田南FC 【4'松原(森田)、6'松原(古賀)、7'松原(森田)、8'井戸(古賀)、11'古賀(森田)、15'井戸(古賀)、17'仙田(古賀)、18'古賀、19'仙田(古賀)、21'松原、29'仙田(古賀)】
    テーマ: 実戦を通して2ndのポテンシャルアップを図る。
    ①2ndメンバーが出場しました。相手に対し簡単に突っ込んで攻め込まれるなど守備の仕方に課題がありました。失点シーンでは、人数は揃っていたのにマークを外してしまいました。攻撃面ではTOPの選手に預けるシーンはありましたが、サポートに走るなど、チームの連携が見られませんでした。
    ②1stメンバーが出場しました。パスをつなぐ、サイドからの攻撃が見られましたが、課題も幾つか見られました。ゴール前に入る工夫、パスを出す際の連携など練習で課題を解決していきましょう。
    試合に出たい、勝ちたいという「本気」を出せたでしょうか?誰かがなんとかしてくれるという甘えはありませんでしたか?「本気」はそれぞれの選手の行動に現れてきます。強くなるためには、練習でも試合でも常に本気を見せることが大事です。(古賀)
      • 5年【7/27(土)ライオンズ杯 万博公園運動広場】湯浅、西田、谷口
      • ①FC 2-0 フィオーレ大阪吹田【34'寺岡(中島)、40'清原(-)】(リーグ戦)
        ②FC 6-0 KONKO FC【10'阿辺(-)、11'阿辺(片山)、12'片山(寺岡)、24'阿辺(中島)、25'沢田(-)、26'藤井(-)】(リーグ戦)
        テーマ:実戦を通して2ndのポテンシャルアップを図る。
        ①テーマを実践しようと努力している様子が見られましたが、成功率に課題が残りました。
        ②先の試合より自信をもってプレイでき、成功率が高まりました。3日前より選手個々及びチーム状態は上向きです。(湯浅)
      • 5年【7/24(水)ライオンズ杯 服部緑地人工芝】湯浅、園田
      • ①FC 2-1 吹田南FC【35'藤井(CK佐々木)、39'藤井(石崎)】(リーグ戦)
        ②FC 0-0 吹田南FC(交流戦15分1本)
        テーマ:実戦を通して2ndのポテンシャルアップを図る。
        ①テーマの実践に取り組みましたが、前半の失点を含め、試合に於いて相手選手の存在に対する認識不足が顕著に現れました。ボールへの寄りやボールを隠すコントロール、相手選手へのプレッシャーや球際の強さ、広い視野とチャンスやピンチの察知能力など30分間のプレーは課題山積でした。
        ②先の試合を反省し、改善に取り組みましたが、一朝一夕に改善できることではありませんので、日々前向きに取り組みましょう。(湯浅)
      • 5年【7/21(日)SENRIHIJIRI cup U-11 スカイランド原田】《優勝》《優秀選手:寺岡 稜朋》西田、石崎
      • ①FC 6-0 長尾SC【10'藤井、19'高瀬、21'藤井、26'藤井、29'藤井、30'藤井(西田)】
        ②FC 6-0 ひじり2nd【7'港(藤井)、11'藤井、14'藤井(阿辺)、20'藤井、23'藤井、29'佐々木(石崎)】→グループリーグ1位
        ③FC 4-0 RESC 1st【7'藤井、23'佐々木(石崎)、25'藤井(木村)、29'藤井】
        ④FC 4-0 ひじり 1st【2'藤井(中島)、10'阿辺、22'藤井、23'藤井 】→1位リーグ優勝
        TM FC 3-0 RESC 1st【12'藤井、14'寺岡、16'中島】
        テーマ:ポゼッションを高める、チーム力のアップを目指す。⇒公式戦がひと段落ついたので、自分たちのレベルアップを目指して取り組みました。
        ①出だしの10分間はシュート無しでした。真ん中でボールを持ち過ぎてサイドを全く使えない最悪のスタートでした。シュートをどんどん打つことを再確認した後半は得点を重ねましたが、チームではまだ崩せていません。
        ②チームの課題である休憩時間後の準備の仕方が最悪でしたので、早々にメンバーを入れ替えました。結果、交代して入った選手たちの頑張りとスペースを使う意識の高さから、流れを自分たちに持ってくることができました。また、ポゼッションを意識するあまりに守備面がおろそかになってしまう課題が見つかりましたが、こちらもハーフタイムに再確認した結果、後半には改善できました。
        ③少しずつ多くの選手が関わるプレーが見られるようになり、目指す方向へと向かい始めました。後半途中までしっかりと守り、終盤に突き放すことができました。
        ④この日の最後の試合、みんなで取り組む姿勢が見られ、プレーが1試合目と比べると全く違うものに成長してしました。
        ⇒無失点で終えることができたこと、結果をしっかり出したことは良かったです。しかしながら課題もたくさん見つかったので、これからも繰り返して取り組んでいきましょう。チーム全体のレベルアップの為には、全員が試合に真剣に取り組む姿勢が必要です。まだまだ個人に頼る部分も大きいので、みんながプレーにたくさん関われるように予測と判断を繰り返しましょう!また、各自で今日の振り返りと次への課題を考えましょうね!(西田)
      • 2・【7/20(土)FC・TM 佐井寺小】山下、久米、石井
      • 「吹田千里A(バルセロナ)」
        ①FC 3-4 ダックSC【9'後東、17'佐々木、19'佐々木】
        ②FC 7-1 高槻クイーン【2'後東、8'佐々木、12'山下、17'肌勢、21'肌勢、23'佐々木、24'後東】
        ③FC 1-0 吹田千里(チェルシー)【5'白澤(佐々木)】
        ④FC 8-2 高槻クイーン【1'白澤、2'後東、7'山下、12'後東、13'白澤、20'白澤(佐々木)、23'佐々木、24'佐々木】
        ⑤FC 4-4 ダックSC【1'菅原(後東)、7'菅原(佐々木)、14'梨木、23'後東】
        ⑥FC 6-0 吹田千里(チェルシー) 【2'佐々木、3'佐々木(後東)、4'菅原(後東)、18'佐々木、19'佐々木】
        テーマ:1.がんがんいく。2.練習したことを試合で積極的に出す。
        試合全体を通して、非常に良い部分と課題を感じました。まず、良い部分は、試合をみんな楽しそうにプレーしていたところです。コーチが今まで見てきた中でも、笑顔が多く、楽しんでプレーしているように感じました。それは自分たちのテーマや目標に向かって必死にプレーしてたからではないでしょうか。それらを忘れずに、これからも頑張っていきましょう。課題としては、各々のボールコントロール技術です。ボールコントロールは、普段の練習からもっと突き詰めていがなければいけません。与えられた練習をただこなしているだけでは、上達できません。もっと意識高く、取り組んでいきましょう。(久米)

        「吹田千里B(チェルシー)」
        ①FC 1-4 高槻QUEEN【7'西林】
        ②FC 3-6 ダックSC【1'森川、4'森川、21'片山】
        ③FC 0-1 吹田千里A(バルセロナ)
        ④FC 0-3 ダックSC
        ⑤FC 6-3 高槻QUEEN【7'樋口、8'森川、10'片山、13'森川、17'蒲原、19'西林】
        ⑥FC 0-6 吹田千里A(バルセロナ)
        テーマ:1.ガンガンいく。2.練習でしている事を試合でする。
        1.ガンガンいくというテーマでしたが、ディフェンスの際、最後までプレスにいかずシュートを打たれるシーンを何度も見ました。本日6試合の失点数は23点です。しっかり最後まで諦めずディフェンスをしましょう。
        2.練習でしていること(ドリブルやダブルパス)をどんどん試合で使おうというテーマですが、ドリブルは相手に簡単に奪われ、ダブルパスもパス・トラップの質が悪く、うまく繋がっていませんでした。毎日の練習を集中して行い改善していきましょう。(石井)
      • 3年【7/20(土)FC・TM たけみ小】橋本、片山
      • ①FC 8-1 高槻QUEEN【19'平田、22'満生、23'平田(福山)、24'満生、26'満生(西村)、27'西村(橋本)、27'平田、29'平田】
        ②FC 2-2 高槻QUEEN【20'片山剛志、27'福山(西村)】
        ③FC 3-1 高槻QUEEN【4'濱田、27'福山、27'福山】
        ④FC 3-1 高槻QUEEN【1'山本、4'橋本、5'満生】
        テーマ:コートを広く使ってスペースにパスを出す
        全てのゲームに於いて、テーマの実践は出来ておらず、課題が見つかりました。しかし、ゲームを重ねる毎にテーマへの意識は高くなっていた事は明らかでした。FCの目指す『スペースへパスを出す』を相手チームに仕掛けられ、危険な場面が何度もありました。試合で相手チームから学ぶ事は沢山あります。ベンチにいる時におしゃべりをしているのとしっかりとゲームを見ているのとでは、大きな差がつきます。試合を見ていれば、コーチングが出来ます。また、良いプレーがあれば、自分のプレーに取り入れる事が出来ます。夏休みに入りました。本日の様なTMをしっかりと活かして次の試合に備えて行きましょう。(橋本)
      • 4年【7/20(土)秦野FC・TM 猪名川河川敷G】木村、佐藤
      • ①FC 0-2 秦野A
        ②FC 3-0 秦野B【3'小野彰大(小野瑛大)、10'小野彰大(藤岡)、12'小野彰大(藤岡)】
        ③FC 4-0 末広【8'松村(木村)、15'木村(小野彰大)、17'田近(松村)、28'山田】
        ④FC 3-1 とよの【16'藤川(小野彰大)、17'藤川、20'小野彰大(小野瑛大)】
        テーマ:1.球際に強くいく。2.全力で走りプレーする。
        ①本日全勝するためにも一番重要な相手に対し、テーマを守り、プレス、運動量共に力を出しましたが、わずかな隙を突かれ失点しました。
        ②テーマを守り、加えてパスの連携も良く、得点を重ね勝ちきりました。
        ③試合前に相手チームを皆で分析し、相手のキーマンを抑える事を意識しました。ディレイし、挟み込むディフェンスに注力した結果、失点せずに勝利出来ました。
        ④前半、ディフェンスがボールウォッチャーになり、バランスが崩れ、失点を許しました。後半、立て直し、テーマを守り勝ちきりました。
        ⇒本日は基本的なプレス、運動量に拘り試合に臨みました。皆、戦う気持ちを絶やさず持てる力を出し切ってくれましたが、まだまだレギュラー組との差はあります。日々の練習をより真剣に取り組み、チーム力向上を目指しましょう。(木村)
      • 4年【7/20(土)U-10リーグ たけみ小】湯浅、園田
      • ①FC 2-0 安満SC【2'古賀(-)、14'仙田(-)】
        ②FC 2-0 高槻南AFC【15'井戸(仙田)、22'井戸(-)】
        テーマ:リーグ2位を勝ち取るために2勝する。⇒チーム全員の力を結集し、粘り強く戦う。
        ①テーマの実践に取り組みましたが、選手の意識に多少の差が見られました。どのような試合であってもベストを尽くしましょう。
        ②大健闘しました。目標達成の充実感を味わえたことでしょう。しかし、反省点も多々見られましたので、今後の取り組みに期待します。
        ⇒全選手のレベルアップによりチームの底上げ⇒活性化を図りましょう。(湯浅)
      • 5年【7/20(土)U-11リーグ 伊加賀スポーツセンター】湯浅、西田、石崎、片山
      • ①FC 3-1 SAKURA UNITED FC【2'佐々木(-)、3'藤井(石崎)、5'藤井(-)】
        ②FC 1-0 SAKURA UNITED FC【10'阿辺(CK中島)】
        ③FC 0-1 蹉跎伊加賀蹴球団【9'阿辺(井藤)】
        テーマ:リーグ2位を勝ち取るために2勝する。⇒チーム全員の力を結集し、粘り強く戦う。
        ①早い時間帯に得点できましたので、テーマから意識が遠ざかったように思います。その結果、甘い守備からの失点と何度かのピンチを招きました。
        ②2ndチームも同様に健闘しましたが、守備の緩さは同様でした。
        ③数々の得点チャンスを生かせませんでした。意識の修正ができず、試合終了間際にロングシュートを決められました。
        ⇒1巡目の全試合を終え、残念ながら目標達成には至りませんでした。初心に戻って、全選手のレベルアップによりチームの底上げ⇒活性化を図りましょう。(湯浅)
      • 2年【7/15(月・祝)高槻FC・TM 津之江小】谷口
      • ①FC 1-0 高槻FC【1'西林(菅原)】
        ②FC 6-0 高槻FC【1'佐々木(森川)、2'片山(森川)、3'森川(西林)、4'佐々木、5'西林(森川)、10'肌勢】
        ③FC 1-2 高槻FC【12'佐々木(森川)】
        ④FC 2-1 高槻FC【2'片山(肌瀬)、14'片山】
        ⑤FC 1-2 高槻FC【12'西林(森川)】
        ⑥FC 8-0 高槻FC【2'森川(樋口)、3'森川(白澤)、4'佐々木、6'森川、10'佐々木、11'佐々木(西林)、12'西林(片山)、15'佐々木】
        ⑦FC 3-1 高槻FC【5'西林、12'佐々木(菅原)、西林(阿瀬)】
        ⑧FC 2-2 高槻FC【8'森川(菅原)、11'片山(白澤)】
        テーマ:スペースにパスを出す!(15分8本)
        コートが広いのにボールウォッチャーになりサイドから崩されたり、中盤でパスミスやプレスに行かずに脚を止めて見てしまい、簡単にシュートを打たして失点しています。スペースにパスが出れば得点につながっていますので、パスは脚元ではなくスペースに出すよう平日の練習からもっと取り組んで行きましょう!(谷口)
      • 4年【7/15(月・祝)U-10リーグ交流戦 たけみ小】木村、佐藤
      • ①FC 0-0 TSK粟生
        ②FC 0-1 山田クラブ
        ③FC 2-0 南桜塚愛好会【5'藤川、7'福山】
        テーマ:1.スペースを使いパスを回す。2.シュートで終わる。
        ①コーチングは普段以上の出来でしたが、テーマに課題があり、得点に至りませんでした。
        ②テーマを確認し試合に望みましたが、プレスの弱さを突かれ得点を許しました。
        ③得点は出来ましたが、個の力に頼りテーマを活かせませんでした。全体的にボールウォッチャーの試合運び、且つ、運動量がまだまだ足りず、課題が残りました。
        ⇒テーマを実践するには、しっかりと基本(止める・蹴る・走る)を身につける事が大切です。更なる成長を目指し、より真剣に練習に取り組みましょう。(佐藤)
      • 4年【7/15(月・祝)ウォンバcup 旧池田北高】《第3位》《優秀選手:藤井希空》古賀、山名
      • ①FC 3-0 てしまB【6'松原、12'西永、29'仙田(古賀)】
        ②FC 4-1 高槻南B【1'藤岡、18'仙田(CK西永)、28'西永、30'西永】
        ③FC 2-2 西京極【7'森田(西永)、13'井戸(CK西永)】⇒グループリーグ2位
        ④FC 2-1 てしまA【4'古賀、9'古賀(PK)】《3位決定戦》
        テーマ:シュートで終わる。コーチングをする。
        ①前半に2点リードを得て、落ち着いてプレーができました。
        ②キックオフをつないでそのままゴールし、勢いを得ることができました。ゴール前で惜しいシーンが何本かありました。
        ③前半2点リードを守れませんでした。失点につながったマークのミスは、コーチングで防げたかもしれないもったいないものでした。勝点は並びましたが、得失点差でリーグ2位になりました。1点の重みを痛感する試合でした。攻守におけるミスをなくすよう、コーチングを徹底しましょう。
        ④激しい試合展開になりました。前半のリードを守ることができました。ファールには気をつけましょう。(古賀)
      • 5年【7/15(月・祝)U-12全日リーグ J-GREEN】湯浅、西田、片山
      • ①FC 0-4 レオSC 1st
        ②FC 1-9 高槻QUEEN【4'藤井(-)】
        テーマ:チーム全員の力を結集して勝利する。⇒ミスはお互いにカバーし合い、粘り強く戦う。
        ①昨日同様のテーマですが、ライフcup三島地区代表チーム相手に後半8分まで無失点に抑え、フィニッシュするなど試合内容は昨日以上に充実していました。残念ながら、危険な時間帯にテーマを見失い、その結果、連続失点を喫し、自信を失ってしまいました。これが学年の壁でしょう。
        ②昼食後、気持ちを切り替えて、1次リーグ最終戦に臨みました。敢えて概要のみ伝え、自らミーティングに取り組みました。残念ながら、開始1分で失点、給水タイムまでに3点を献上しました。残りの30分間はメンバーを総替えして経験を積みました。プレッシャーの素早さや厳しさ、個々のボールコントロールやキックの正確さやチームワークの必要性を体感したことで、平日練習に於ける指導が理解できたことでしょう。
        ⇒選手個々の技術アップは相手のスタミナを消費させ、スタミナアップは試合終了まで思考能力を維持することに役立ちます。学校の勉強同様、明確な目標と平素の努力無くしてハイレベルに於ける勝利や成功はあり得ません。但し、サッカーはたった一人でするものではなく、みんなの協力でできるものです。だからこそ「子どもを大人にする。」のです。この7試合の経験を2次リーグにフィードバックするのは自分たちです。実行することに期待します。(湯浅)
      • 5年【7/14(日)U-12全日リーグ 茨木市桑原人工芝】湯浅、西田、石崎
      • ①FC 2-0 高槻FC 2nd【17'藤井(-)、35'木村(藤井)】
        ②FC 1-1 高槻FC 2nd【9'阿辺(井藤)】
        テーマ:チーム全員の力を結集して勝利する。⇒ミスはお互いにカバーし合い、粘り強く戦う。
        ①昨日同様のテーマですが、更に内容が充実してきました。その結果、勝利と自信を手にすることができました。今後の成長に期待します。
        ②2ndチームも同様に健闘しました。全選手のレベルアップによりチームの底上げ⇒活性化を図りましょう。(湯浅)
      • 1年【7/13(土)池田てしまTM 旧池田北高】山名
      • ①FC 6-1 池田てしま【1'肌勢、9'片山、12'梨木、16'肌勢、18'梨木、19'肌勢】
        ②FC 4-1 池田てしま【12'肌勢、13'片山、19'肌勢、20'片山】
        ③FC 4-1 池田てしま【10'片山、11'肌勢、16'石矢、18'肌勢】
        ④FC 0-0 池田てしま
        ⑤FC 7-0 池田てしま【2'肌勢、3'肌勢、7'肌勢、10'片山、15'片山、18'肌勢、19'片山】
        ⑥FC 1-0 池田てしま【6'肌勢】(10分1本)
        テーマ:パスをしてシュートで終わる。元気よく楽しくサッカーをする。
        前回と同じテーマでした。パスの出す場所を練習で覚えていきましょう。元気よく楽しくサッカーをするは、選手全員が出来ていたで生きてました。10人で6試合を良く頑張ったと思います。結果も良かったので100点でした。(山名)
      • 2年【7/13(土)コパ秦野 猪名川河川敷G】園田
      • ①FC 2-2(0PK1) 末広【5'佐々木、25'西林】
        ②FC 4-2 宝塚仁川【4'西林、6'森川、9'白澤、14'佐々木】(以後10分ハーフ)
        ③FC 9-0 秦野B【2'森川、4'菅原、5'西林、7'佐々木、8'佐々木、9'森川、14'森川、15'白澤、16'菅原】
        テーマ:早く強いプレス!
        今日のグランドは小学生サイズで2年生には少し大きく、なかなかプレスがかからない状態でした。
        ①足だけで取りに行ってかわされたり、シュートを打つ相手選手に寄せに行かなかったりで、最終追いついたもののPK戦で負けてしまいました。
        ②③しっかりと前からプレスをかけて攻撃に繋げていました。⇒平日練習から プレスをどんどんかけてボールを取り切れるように頑張っていきましょう。(園田)
      • 5年【7/13(土)U-11リーグ たけみ小】湯浅、西田、石崎
      • ①FC 1-1 DREAM FC【1'寺岡(藤井)】
        テーマ:チーム全員の力を結集して勝利する。⇒ミスはお互いにカバーし合い、粘り強く戦う。
        ①開始早々、思い切ったクロスボールを逆サイドのヘディングシュートが決まり、先制点をゲットしました。その後、相手の厳しい攻撃を粘り強く跳ね返しましたが、前半終了前のワンプレー(CK)を頭で合わされ同点で折り返しました。後半も同様の展開となりましたが、疲れから何度かピンチを迎えました。しかし、テーマをやり遂げた結果、勝点1をゲットできました。(湯浅)
      • 3年【7/7(日)コパ秦野 猪名川河川敷】《敢闘賞》片山、橋本
      • ①FC 2-3 アズリー東山台【8'平田、25'山本(福山)】⇒下位トーナメント
        ②FC 3-1 吹田南【11'世古、22'平田、26'OG】
        ③FC 1-0 秦野【7'福山】⇒下位トーナメント1位(敢闘賞)
        テーマ:チーム全員が全力で頑張って勝ちに拘る。⇒パスを回す。早いプレスをかける。
        ①チーム全員で試合に臨みましたが、テーマを実践することができませんでした。初戦の立ち上がりで失点するような悪い試合運びとなりました。
        ②取られたら取り返すプレスなど、全力を出し切る選手が見られました。しかし、試合終了間際にコーチング不足にフリーの選手を作ってしまい失点を招きました。
        ③パスを回して、スペースへ動き、シュートで終わることができていました。コーチング不足が見られましたが、無失点で守り切ることができました。
        ⇒一日の中で、試合前に気持ちを切りかえることができてきました。足だけで軽いディフェンスする事や、相手選手に先にボールを触わられるなど基本的なプレーに課題がありますので、平日練習でのスキルアップに励みましょう。(片山)
      • 4年【7/6(土)~7(日)AVANTI Summer Festival ボスコヴィラ】《第3位》《優秀選手賞:古賀創》古賀、木村、佐藤
      • 1日目予選リーグ
        ①FC 6-0 バレンティア玉串【5'松原(PK)、9'森田、12'井戸(西永)、25'山田(松原)、26'西永(佐藤)】
        ②FC 0-2 JOTSURU
        ③FC 0-5 YF奈良テソロ
        ④(TM)FC 0-0 AVANTI 東大阪B
        テーマ:優勝を目指して頑張る。
        ①全員が出て勝利することができました。先取点を取ってから積極的な走りも見られました。
        ②プレスにつよくいけてはいましたが、カウンター時の守備が軽くなり失点しました。また、失点後のチームのリズムが悪くなりさらなる失点を招きました。
        ③対戦相手の強さの前に焦ってしまいました。ボールを慌てて蹴ると言う悪いパターンにはまり、自分たちのやりたいことが何もできずに終わってしまいました。
        ④やはり焦ってボールをぶつけてしまう、パスをもらう動きがでいないなど課題が出ました。
        ⇒予選リーグ3位(全体7位)で決勝トーナメント出場。
        パスが回らない、ボールがくると焦ってしまう原因の一つは、周りをよく見れていないことです。意識して顔をあげる、周りを見るようにしましょう。チームの声がけが荒れて雰囲気が悪くなると結果を悪くなります。元気の出る声がけを心がけましょう。
        2日目決勝トーナメント
        ①FC 1-0 AVANTI東大阪A【5'森田】
        ②FC 0-0(5PK6) エルセレ【西永、森田、古賀、藤井、井戸】
        ③(3位決定戦)FC 3-1 FC ALBA【6'OG(森田)、15'古賀、19'森田(西永)】
        ④(TM)FC 2-1 赤坂台JSC【13'仙田、18'高垣(仙田)】
        ①昨日と打って変わって、前向きなコーチングが冴えて、前線からのプレッシャーと早いサイド攻撃ができました。先取点を取れたことで、最後まで気持ちを切らさずに走りきり勝ち切ることができました。
        ②前の試合に続き、前向きな気持ちで試合に臨みました。押し込まれる展開でしたが、チーム一丸となった守備でしのぎ切りました。数少ないカウンターのチャンスもありました。
        ③体力的に辛さが出てきましたが、走りきっての守備、サイド攻撃ができ、複数得点できました。
        ④メンバーを変えて出場しましたが前の3試合と同様に試合運びできました。
        ⇒プレッシャーの強い相手に対し得点できない試合が続き、自信を失っていましたが、本気で走りきること、声を掛け合いながら連動することで、強豪相手にも勝負できることがわかりチーム全体が前向きになる様子が見えました。この体験を忘れずにこの後の試合につなげていきましょう。(古賀)
      • 5年【7/6(土)U-12全日リーグ 高槻青少年人工芝】湯浅、石崎、片山
      • ①FC 1-2 レオSC2nd【23'藤井(-)】
        テーマ:結果に拘り、今後の試合に向けて選手個々及びチームのポテンシャルアップを図る。
        ①攻撃に於いて、シュートチャンスは相手チームを上回りましたが、シュートで終わらない事やオフ・ザ・ボールの選手が止まっているなどフィニッシュに課題が残った内容でした。また、ボールウォッチャーによるマークのズレや切り替えの緩さなど守備の甘さも勝負の分かれ目となりました。ゲーム内容が良かっただけに残念な結果となりましたが、チーム一丸となれば今後に期待が持てるでしょう。先ずはチームを大切にして練習に取り組むことです。(湯浅)

      2019年6月

      • 3年【6/30(日)ヴィトーリア松原FC・TM 三宅東人工芝】橋本、山名
      • ①FC 6-0 ヴィトーリアFC【1'藤本(CK片山剛志)、2'藤本、3'橋本、17'田中(福山)、23'福山(FK)、24'福山(CK)】
        ②FC 1-2 小山田SC【11'田中】
        ③FC 5-0 大阪市2001【3'平田、15'西村、18'西村、22'西村、23'福山(西村)】⇒(豪雨により中止)
        本日のテーマ:1.守備は素早くプレスをかける 2.攻撃はサイドから攻める
        まず本日は全ての試合において、チーム全員が元気が良く、声がしっかり出ていた事がとても良かったです。①③では両テーマをしっかりと意識出来ており、無失点で得点も沢山取れて勝利する事が出来ました。②ではテーマ1の意識が低く、寄せが遅れてシュートを打たれる場面が何度もありました。GKの好セーブ連発で2失点でしたが、もう3点程取られていてもおかしくない内容でした。サッカーはシュートを打たせなければ失点はしません。失点しなければ負けません。シュートを打たせない為にも、やはり素早いプレスが大切です。また、先に得点を許したり逆転されると慌てだし、普段出来ている事が出来なくなるのもFC23の悪いクセです。負けてる時こそ『冷静』『基本』を大切にプレーする事を心掛けましょう。(橋本)
      • 1年【6/29(土)千里ひじりTM 東丘小】山名、久米
      • ①FC 2-0 千里ひじりC【5'片山、9'片山】
        ②FC 1-1 池田てしま【2'梨木】
        ③FC 0-1 千里ひじりA
        ④FC 0-0 千里ひじりB
        ⑤FC 2-0 千里ひじりC【11'樋口、12'片山】
        ⑥FC 2-0 池田てしま【2'梨木、5'梨木】⇒3勝1敗2分
        テーマ:A.パスを使って相手DFを崩しシュートで終わる。B.相手選手を怖がらず、ガンガン行く。
        テーマAは、ゴール付近でのパスがなかったです。練習の時から声(コーチング)を出してパスをもらいましましょう。そのためには、練習時のゲームからコーチングをしましょう!
        テーマBは、ほとんどの選手ができていました。今日の試合のように元気よくプレーしましょう!(山名)
      • 4年【6/29(土)U-10リーグ たけみ小】湯浅、古賀、木村、佐藤
      • ①FC 0-0 山田くらぶ
        ②FC 1-1 フォルテFC【12'井戸】
        テーマ:自分自身の現状は認識し、ポテンシャルアップに取り組む。
        ①新しいポジションで試合に臨みました。プレッシャーの強い相手に焦り、思ったことが満足にできませんでした。プレッシャーをかける部分では後半修正できましたが、ボールを奪いきる、シュートで終わることができなかった結果、スコアレスドローになりました。
        ②試合の中で戦う姿勢、チームの中での立ち位置などを整理して、各自が実践する目標を確認して試合に入りました。まだまだ足りない部分は多いですが、これまでの試合と見違えるような動きを見せる選手もいたのは収穫でした。100%の力で練習しポジション奪取、チーム力アップを目指しましょう。(古賀)
      • 5年【6/29(土)U-12全日リーグ OFA万博人工芝】湯浅、西田
      • ①FC 2-2 北大冠FC【18'藤井(-)、20'藤井(PK)】
        ②FC 2-1 北大冠FC【4'阿辺(-)、16'福山(-)】
        テーマ:結果に拘り、選手個々及びチームのポテンシャルアップを図る。
        ①守備(特にコーチングと球際)の甘さから、開始早々2失点しましたが、気を取り直して粘り強く戦いました。幾度となくいい攻撃ができるようになった結果、前半終了間際に同点に追いつきました。ハーフタイム、その自信をもって戦うよう気持ちを合わせました。後半はほとんど攻められるシーンはなく、何度となくビッグチャンスを作ることができました。また、試合終了直前にはGKとの1対1を外すなど、今後への課題が浮き彫りになりました。公式戦を勝ち切るための厳しい練習姿勢が目的を達成するには必要な取り組みです。
        ②学年全体のポテンシャルアップのためには、選手個々のレベルアップが必須条件です。先発メンバー及び交代メンバーのポジションを獲得するには、試合で結果を残すのみです。各ポジションの仕事を確実にやりきる力を発揮しました。(湯浅)
      • 3年【6/23(日)アルビアーレcup 関学千里国際中高】《準優勝》《MVP:濱田琉空》谷口、橋本
      • ①FC0-0ISSS
        ②FC2-1千里ひじりホワイト【2'福山、5'満生(福山)】
        ③FC3-0ファーブル【4'西村、6'西村、8'福山】(15分1本)⇒予選グループリーグ1位通過
        ④FC2-1フィオーレ【6'西村、9'田中(細川)】《準決勝》
        ⑤FC0-2千里ひじりブルー《決勝》
        テーマ:元気よくコーチングする
        全試合を通して自分達で決めたテーマは実践出来ていないに等しかったと思います。吹田千里FCのベンチは6人いて、相手のベンチには2人しかいないのに相手チームの方が元気よく、大きな声でコーチング出来ていました。また、ベンチで試合を見ずにおしゃべりをしたり…。W-UPでは全力疾走と言われてるにも関わらず歩いたり。相手チームとの試合以前に、自分達の試合に取り組む姿勢から見直さないと目指す優勝は難しいと思います。今日の準優勝を喜ぶのか、または悔しいと思い明日以降の平日練習の姿勢から見直すのか、選手1人1人が『全力』を出せるチームを目指して欲しいと思います。(橋本)
      • 4年【6/23(日)アルビアーレTM 関学千里国際中高】園田、山名
      • ① FC 4-1 アルビアーレ【1'古賀、7'古賀、12'古賀、14'西永】
        ② FC 0-3 IS・ファーブル
        ③ FC 3-1 アルビアーレ【3'田近、10'佐藤、14'田近】
        ④ FC 0-0 IS・ファーブル
        ⑤ FC 1-2 アルビアーレ【10'藤岡】
        ⑥ FC 1-0 IS・ファーブル【7'藤井】
        2チームに分けて全員に出場しました。みなさん、平日での練習の成果を出せましたか?平日の練習で出来たプレーであっても試合では出来ないことがあります。練習においては次のU-10リーグへの課題にチャレンジし、その解決をみんなで考えて試合で実践しましょう。(山名)
      • 5年【6/23(日)箕面市サッカー協会杯 箕面東高】《準優勝》湯浅、石崎、片山
      • 《予選グループリーグ》
        ①FC 0-0 箕面西南
        ②FC 5-1 箕面豊北【7'中島(阿辺)、14'佐々木(阿辺)、22'片山(FK)、25'石崎(木村)、27'中島(木村)】
        ③FC 2-1 ヴィエント豊ノ島【18'石崎(木村)、25'石崎(中島)】⇒予選グループリーグ1位
        《決勝》
        ④FC 0-0(PK 1-3) DREAM
        テーマ:ポゼッションを高める⇒周りを見て、判断力、スプリント力、技術力を高める。
        ①2ndメンバーを中心にスタートしました。無得点に抑えることがでのは良かったですが、勝点3を取るまでは至りませんでした。
        ②前半で2点リードできましたが、後半にコーチング不足により相手に隙を与えて、失点してしまいました。
        ③前試合の課題だった、大きな声でコーチングができずに、失点につながり兼ねないプレーがみられました。オフェンスではスペースにボールを出せていました。
        ④勝ちに行くことを目指して臨みましたが、スコアレスとなり、PKにて勝ち切ることができませんでした。
        ⇒試合前から試合にとに向けてと、試合中も全力で臨まなければ勝ち切ることはできません。平日の練習から全力で取り組み、試合で活かして勝負強いチームになれることを期待します。(片山)
      • 2年【6/22(土)千里ひじりTM 豊中八中】久米
      • ①FC 1-1 ダックSC【15`菅原】
        ②FC 2-1 千里ひじりグリーン【13‘西林、14‘佐々木】
        ③FC 0-5 千里ひじりレッド
        ④FC 4-0 野畑【7`菅原、12`西林(菅原)、13`西岡、16`後東(森川)】
        ⑤FC 0-1 池田てしま
        テーマ:がんがんいく。
        試合を通して選手たちにまず一生懸命プレーすることを求めました。全5試合でしたが、全体的にプレー面においてムラがあり、さらに基本的な技術(ボールを止める、蹴る、運ぶ)の不足も感じました。コーチに言われてから頑張ってプレーするようでは、結果に関わらず、次に繋がるような良いゲームにはできないと思います。試合では上手くプレーしようとするのではなく、持てる力を最大限に出すことを第一としましょう。そうすれば、おのずと自分に足りないものが見えてくるはずです。そこで初めて普段の練習の意味を見出せるのではないでしょうか。まずは結果を求める前に普段の練習からしっかり取り組みましょう。(久米)
      • 3年【6/22(土)スポーツネットTM 大泉緑地G】片山、山名
      • ①FC 1-6 スポーツネットSC【20'山本】
        ②FC 8-0 港南FC【5'西村、10'片山剛志(片山瑛智)、12'橋本、15'満生、16'橋本、19'満生(平田)、21'西村、24'西村】
        ③FC 1-0 AFCジョトゥール【11'山本】
        テーマ:1.全力でがんばる。2.スペースにボールを出す。
        ①守備でゴール前にフリーの相手選手がいる、相手選手に簡単に抜かれるなど、ボールウォッチャーが多く、試合への集中もできていませんでした。
        ②テーマを意識してプレーできていた選手も多く見られましたが、オフサイドやパスなど、基本プレーでのミスが目立ちました。
        ③前半の1点を守り切りきり、勝利したこと良かったです。スペースにボールを出す意識はできていました。ただ、全試合とも集中力が切れて、ミスにつながるシーンが多く見られました。⇒試合に集中してプレーできるように、試合前、試合中と気持ちを切り替えられるようにしましょう。これから夏本番を迎えるにあたり、体調管理に努め、ベストコンディションで試合に臨む様にしましょう。(片山)
      • 4年【6/22(土)宇山cup及びTM 伊加賀スポーツセンター】《優勝》古賀、佐藤
      • 《カップ戦》
        ① FC 5-0 伊丹南【7'藤井、12'森田、14'古賀(西永)、16'森田(古賀)、27'西永(松原)】
        ② FC 0-0 宇山SC
        ③ FC 5-0 FC LAZO【8'森田(藤井)、13'松原、18'松原、20'森田(仙田)、24'古賀(西永)】
        ④ FC 7-1 寺内スカイ【11'松原、14'森田(松原)、19'西永、25'松原、26'松原、28'松原、30'藤井】
        《TM》
        ① FC B 4-1 宇山SC B【10'橋本(古賀CK)、17'福山(松原)、18'福山(山本)、18'松原(橋本)】
        ② FC B 1-0 宇山SC B【17'仙田(橋本)】
        テーマ:公式戦に向けたチーム作り。球際強くいく、スペースに入る。
        《カップ戦》①パスを意識した試合運びで主導権を握りましたが、球際のゆるさ、スペースの使い方に課題が残りました。
        ②プレッシャーの強い相手に無失点でしのぎました。
        ③パスを使って攻め込むことができました。
        ④得失点差で優勝のかかる試合、先制されましたが、落ち着いて逆転できました。
        《TM》3年生の球際のプレッシャー、スペースへのランニングが多く見られました。4年生もしっかりしたDFで攻撃を支えた結果、一進一退の展開でしたが、失点せずに終わることができました。(古賀)
      • 5年【6/22(土)U-11リーグ たけみ小】湯浅、西田、谷口
      • ①FC 0-2 AVANTI茨木
        ②FC 0-2 AVANTI茨木(10分1本)
        ③FC 1-0 八尾大正【25'藤井(木村)】
        ④FC 1-0 八尾大正(15分1本)【3'中島(-)】
        テーマ:結果に拘り、2位以上を目指す。
        ①午前の万博から移動し、このブロック最強の相手と対戦しました。平日練習から何度も繰り返して指導しましたが、その甘さが開始直後に露呈しました。キックオフ後のミスキック⇒緩くあきらめの早い守備⇒CKをワンタッチで合わされ1分以内に失点しました。その後も押し込まれ、自信のないプレーが連続した結果、全く覇気が見られない試合となったことは残念でなりません。目標を達成するには後がないことを、全員がはっきり認識する必要があります。②同上です。
        ③先の試合結果をどのように受け止めたかを問われる試合となりました。相手チームを押し込み、自分たちのリズムでプレーしている時間が長くなりました。そのような中、待望の先制点をゲットし、全員の健闘が好結果を招きました。④同上です。(湯浅)
      • 5年【6/22(土)U-12全日リーグ OFA万博人工芝】湯浅、西田、谷口
      • ①FC 1-0 玉川学園FC 2nd【11'佐々木(木村)】
        テーマ:結果に拘り、ポテンシャルアップする。
        ①一進一退の攻防が続きましたが、粘り強く戦いました。幾度となくいい攻撃ができましたがシュートが甘く得点に至りませんでした。逆に、フィニッシュできなかった時にカウンターから何度か決定的なシーンを作られましたが、GKのビッグセーブに救われました。しかし、コーチングの不足から同様のピンチを迎えました。ピッチに出ている8名のみならず、ベンチメンバーも含めて全員がチームを盛り上げるよう常に声が出ている状態を期待します。(湯浅)
      • 4年【6/15(土)AVANTI JOTSURU TM 鶴見緑地運動場】木村、佐藤
      • ①FC 0-2 JOTSURU
        ②FC 0-1 JOTSURU(前半のみ)
        テーマ:1.球際に強くいく 2.パスで連携する
        ①前半、テーマを守れず、特に球際で競り負ける局面が多く、終始押される試合となりました。後半、少し改善が見られましたが、マークのズレから更に失点をしてしまいました。
        ②テーマ1.は守れていましたが、パスでの連携不足から攻めきれず、逆にパスで連携された事で、失点となるPKに繋がりました。
        ⇒試合に勝つためには、チームの約束事を皆が意識して守る事が大切です。本日の悔しさを忘れず、練習から1人1人が課題に取り組みましょう。(佐藤)
      • 3年【6/9(日)AVANTI cup 万博⑦】《第4位》橋本、谷口
      • ①F C2-0 AVANTI茨木1【3'橋本(FK)、19'西村】
        ②FC 2-1 フォルテ【1'西村、20'橋本(片山)】
        ③FC 3-1 安満SC【5'橋本、7'田中、10'橋本(平田)⇒グループリーグ1位通過
        ④FC 1-2 バイエルンツネイシ【22'橋本】(準決勝)
        ⑤FC 1-4 フォルテ【24'西村】(3位決定戦)
        テーマ:1.攻撃はスペースにパスを出す。2.守備はプレスを早くかける。
        今日の失点は全て同じ様な場面からでした。二列目の選手が前がかりになる、または切り替えが遅れて前残りになる事で、二列目とDFラインの間に大きなスペースができてしまい、ゴールキックやパントキックからスペースを突かれ、失点を許しました。テーマ1はスペースではなく足元にパスを出す、テーマ2はプレスに行かない、遅い、途中で辞めてしまうなど課題が見つかりました。
        また、準決勝では相手に先取点を許した事で、チーム全体が『負け』を意識し出して、慌ててしまいました。それまでは押していたゲームにも関わらず、普段出来ているプレーが出来なくなり敗戦となりました。⑤周りを見て、次のプレーの準備が出来ていない事で先取点を許し、集中力が切れて失点を重ねました。
        準決勝からは追いかける展開となりましたが、負けてる時こそ落ち着いて、ボールを止める、蹴る、運ぶの基礎を大切に。また、周りを見て冷静にポジショニング出来ていたなら違う結果になっていたと思います。まだまだTMやCUP戦があります。今日の課題を次の結果や内容に活かせる様に意識して頑張りましょう。(橋本)
      • 4年【6/9(日)U-10リーグ 千里たけみ小】古賀、木村、佐藤
      • ①FC 1-1 TSK粟生【11'西永(松原)】
        ②FC 1-0 TSK粟生SC【23'佐藤】
        ③FC 0-2 TSK粟生SC
        ①序盤は自分たちが主導権をとった試合運びができましたが、なかなか得点には結びつかないことに焦ったのか、前半の途中からDF, MFのポジションがズレて中盤に大きな穴が空いてしまいました。結果的に1点取れたものの、ポジション修正はできず失点し同点のまま終了しました。ピンチの時にこそいつもやっている練習を思い出して冷静に試合を運びましょう。
        ②前半、全体的にボールウォッチャーになり、スペースを活かせませんでした。後半、ポジショニングに改善がみられ、スペースを活用したことで、得点に繋がりました。
        ③前半、相手のプレスに押され、攻めきれず、結果、マークの隙を突かれ失点しました。後半、前半での課題(プレスとコーチング)を確認し、トライしましたが、修正することが出来ませんでした。 (古賀)
      • 5年【6/9(日)6年ライフcup三島地区代表決定戦 OFA万博人工芝】湯浅、石崎、西田
      • ①FC 1-4 高槻郡家FC【25'藤井(佐々木)】
        ②FC 0-1 吹田南FC(15分1本)
        ③FC 0-2 吹田南FC(15分1本)
        ④FC 2-2 吹田南FC【5'港(-), 15'阿辺(沢田)】(15分1本)
        ⑤FC 3-0 芥川Jrドリームス【6'藤井(-)、13'高瀬(-)、15'藤井(FK)】(15分1本)
        テーマ:トーナメントの公式戦を勝ち上がる。
        ①試合開始早々、フィニッシュできず、連携不足からバックパスをインターセプトされた後、カバーリングもなかったため呆気なく失点しました。その後も同様にカウンターを受け、失点を重ねました。集合⇒W-up⇒移動など公式戦前の準備に対するメンタリティには何度も指導を繰り返していましたが、残念ながら何度も同様のミスを重ね、その改善に至らず、予言通りの結果を招いたことは痛恨の極みです。後半早々、反撃の1得点をゲットしましたが、各選手のプレーはあまりにも淡白であるため、再度失点し突き放されてしまいました。
        ②③2ndチームも同様に、メンタリティに課題が残りました。
        ④2失点後、チームを立て直し、同点に追いつきました。
        ⑤選手自らポゼッションに拘りました。練習で取り組んでいるプレーを体現でき、得点を重ねました。(湯浅)
      • 5年【6/2(日)U-12全日リーグ 丸橋小】湯浅、石崎
      • ①FC 1-3 フィオーレ大阪吹田FC【33'藤井(木村)】
        ②FC 0-1 フィオーレ大阪吹田FC【4'清原(-)、 11'港(沢田)】(20分1本)
        テーマ:先週以上の試合内容及び結果にする。⇒ポテンシャルアップする。
        ①試合開始から攻め込まれましたが、よく耐えしのいでいました。残念ながら、フィニッシュ後に集中力が途切れた5分、相手top選手の個人技⇒ミドルシュートにて失点しました。その後、一進一退の試合展開の中、ハーフタイムに入りました。前半は決して悪い戦いではない事を確認し、後半に臨みました。開始早々、個の力不足及びカバーリングなどの連携不足からミドルシュートを決められました。その直後、ツートップの連携から得点し反撃開始となりましたが、二度の同点チャンスを逸しました。その後は再び失点を喫し、突き放されました。やはり6年生相手では自分たちの甘さが如実に現れます。本気で平日練習に取り組み、如何なる相手にも臆することなく実力を発揮できるようにがんばりましょう。
        ②2ndチームとの対戦に於いては、落ち着いて実力を発揮できたようです。今後もその努力に期待します。(湯浅)
      • 2年【6/2(日)AVANTI JOTSURU TM 鶴見緑地運動場】谷口、久米
      • ①FC 0-4 AVANTI JOTSURU
        ②FC 2-5 AVANTI JOTSURU【2'西林、27'西林】
        ③FC 0-3 AVANTI JOTSURU (20分1本)
        テーマ:球際に強くいく!⇒試合前には選手たちにいつも以上にハードワークを求めました。(相手が3年生のため、ボールを持たれる時間が長くなるからです。)
        試合が始まると選手たちは相手のプレーに委縮してしまい、ほとんどプレッシャーをかけれませんでした。そのため、自陣深くでも簡単にボールを持たせることも多くなり、たくさんのシュートを打たれました。確かに相手は上の学年で、いつもの相手を上回る力強さがあり、ボールを回されて攻められていることが多くなっていたのは仕方のなかったことだと思います。しかし、あそこまで攻められていたとしても、ボールを持てた時間はあったはずです。そういった場面において、単純なパスミス、トラップミスが多くあったように感じました。あのようなミスが目立つと、チャンスはおろか、ペナルティエリアまでもっていくことすらできません。相手にボールを持たれている時間が長い試合のときこそ、自分たちのボールをしっかり回さなければなりません。普段の練習からどれだけそういった部分を意識できているでしょうか。これでは試合のテーマ以前の問題だと思います。普段の練習から意識を変えて取り組みましょう。(久米)
      • 3年【6/2(日)遠藤塾cup J-GREEN】橋本、園田
      • ①FC 1-1 イーデス阿倍野SC【13'満生】
        ②FC 8-0 FOXサッカークラブ【4'福山、4'山本(福山)、6'満生、7'福山、9'橋本(平田)、11'平田、12'平田、13'橋本(FK)】
        ③FC 1-1 中百舌鳥サッカークラブ【3'山本】⇒予選グループリーグ2位
        テーマ:全力でプレーする
        ①全力でプレー出来ている選手が少なく、コートが狭かった事もあり、選手間の距離が狭く団子サッカーになってしまい、ボールが回らずに引き分けました。
        ②コートが狭く、オフサイド無しのルールという事もあり、後方の選手から相手DFラインの裏を突く縦パスやFWの選手が常に相手DFの裏を狙う走り込みが出来た為、大量得点での勝利に結びつきました。
        ③前試合で出来た事を継続しようと挑みましたが、縦パスだけの単調な攻撃になってしまい、相手に読まれ得点を重ねる事が出来ませんでした。またDFラインでのイージーミスで失点を許し、勝ちきる事が出来ませんでした。
        ⇒チーム全体として、まだまだ周りを見て次のプレーの準備が出来ていない事が多いです。本日のスペシャルゲストとして来られたガンバ大阪の遠藤保仁選手もトークイベントでお話しして下さっていましたが、周りを見て、常に次のプレーをイメージ出来る様になれば、もっとレベルの高いサッカーが出来るでしょう。平日の練習やTMで高めていきましょう。(橋本)
      • 4年【6/2(日)U-10リーグ 千里たけみ小】古賀、木村、佐藤
      • ①FC 0-1 フォルテFC
        ②FC 1-0 安満SC【13'松原(西永)】
        ③FC 2-1 フォルテFC【2'藤川、13'田近】
        ①厳しい相手にディフェンスする時間が長くなってしまいました。よく耐えていましたが裏を取られてしまい失点しました。
        ②チームでやることを再確認し試合に入りました。先取点を取ってから声が出てきて、動きもよくなりました。強いプレスとスペースへのつなぎが出てきましたが、カウンターを受ける場面が見られました。来週の試合に向けて練習頑張りましょう。(古賀)
      • 5年【6/2(日)U-11リーグ1部Aブロック 大正北小】湯浅、石崎、西田、片山
      • ①FC 1-1 高槻FC【14'藤井(-)】
        ②FC 1-0 塚原サンクラブ【6'藤井(-)】
        テーマ:リーグ戦を勝ち抜く。
        ①試合開始早々、決定的なシュートがポストに嫌われ、無得点のまま相手の気迫に押され気味となりましたが、終了間際に待望の先制点をゲットしました。ハーフタイムには、無失点の約束事を再確認しましたが、コーチングを切らした事によりズルズル緩い守備をしてしまった結果、後半早々失点しました。やはり、原因は気持ちの甘さ・緩み、自分の都合を優先したチームへの貢献不足などで、メンタリティの強化無くしてチームの強化はあり得ません。全員のモチベーションが問われています。
        ②気持ちを切り替えて、勝利を目指しました。技術云々以前に、相手選手に対する気迫・チームメイトに対する信頼関係・勝利やボールへの執着心などのメンタリティを切らす事なく、キャプテンのリードによって厳しい相手から勝利をもぎ取る事ができました。この自信を更に高めましょう。(湯浅)
      • 5年【6/2(日)U-12全日リーグ 丸橋小】湯浅、石崎、西田、片山
      • ①FC 0-6 高槻南AFC
        ②FC 0-5 高槻南AFC (20分1本)
        テーマ:6年生のトップレベルを体感する。⇒今後のポテンシャルアップの目標とする。
        ①試合開始早々から攻め込まれましたが、よく耐えしのいでいました。残念ながら、気迫の見られないプレーが連続した9分、12分、14分に失点しました。ハーフタイムにこの試合の意味を再確認した後半、カウンターから二度のフィニッシュはいい形の攻撃ができました。一進一退の試合展開の中、絶好のチャンスを逸したことを悔やんでいる隙を突かれ33分に失点、その後は再び連続失点を喫しました。やはり厳しい対戦相手は自分たちの甘さを暴露してくれます。実力をつけたければ、本気で平日練習に取り組むことが最低条件です。
        ②前試合同様の内容でした。5年生17名全員の実力差を縮める本気の努力に期待します。(湯浅)
      • 4年【6/1(土)U-10リーグ 千里たけみ小】湯浅、古賀、木村、佐藤
      • ①FC 8-0 吹田南2nd【8'西永、12'井戸(CK古賀)、14'藤井(松原)、14'古賀、19'古賀、20'松原(藤岡)、22'松原(藤岡)、24'藤岡】
        ②FC 3-0 吹田南2nd【18'田近、19'田近、30'田近】
        ③FC 8-0 吹田南2nd【2'松村(CK古賀)、7'松原、9'藤川、12'藤川(古賀)、14'藤井(古賀)、15'藤井、20'田近(佐藤)、29'木村(小野瑛)】
        テーマ:公式戦であるリーグ戦を勝ち抜く。
        ①序盤は焦ってボールをつなげませんでしたが、粘り強い取組みの結果、前半の途中から得点を重ねることができました。
        ②攻守ともに課題が見つかりましたが、長所を発揮する選手の活躍が光ました。
        ③ベンチ入り選手全員で試合に臨みました。
        ①②試合中の課題解決に取り組み、得点を重ねることができました。試合中に出てきた課題は、普段の練習でしっかり解決できるように取り組みましょう。(古賀)

      2019年5月

      • 4年【5/25(土)コパ秦野 猪名川河川敷G】《優勝》古賀、木村、佐藤
      • ① FC 6-0 箕面西FC【12'松原、14'松原、15'松原(森田)、17'小野瑛太(松原)、20'森田(松原)、25'高垣】
        ② FC 1-0 吹田南FC【15'松原(FK)】
        ③ FC 1-1(3PK2) 秦野FC【8'松原(西永、古賀、森田)】
        テーマ:パスをつないで勝つ。
        ①多くのメンバーが出る中で、課題に取り組みました。ボールを持つ場面が多く作れましたが、パスを出すのに時間がかかり引っかかる場面が見られました。
        ②攻撃時に中へつっかけて引っかかる場面が見られました。後半からサイドのスペースを使った攻撃が見られました。
        ③トップ選手が相手にしっかり詰めることでチャンスが生まれ先制点をあげることができました。集中した守備を最後まで続けましたが、残念ながら終了間際に失点しました。
        ⇒試合、休息、練習のサイクルをきちんとこなし、長時間の試合を集中を切らさずに乗り切ることができました。(古賀)
      • 5年【5/25(土)6年ライフcup三島地区予選 J-GREEN】⇒三島地区代表決定戦進出 湯浅、石崎、西田、片山
      • ①FC 4-1 吹田南FC【15'石崎(藤井)、30'藤井(-)、33'藤井(-)、35'藤井(-)】
        テーマ:6年生の公式戦を勝ち抜くための勝点をゲットする。⇒失点しないようセーフティファースト・ノーファールに徹する。
        ①得失点差の関係上、試合開始から攻勢に出てきた相手に対し、落ち着いてプレーできましたので、粘り強い試合展開から先取点をゲットできました。しかし、後半、指示していた相手のTOPに対する甘いマークから同点を許してしまいました。その直後、ゲットしたPKを外したが、気持ちを切り替えることができた結果、カウンターから3得点を追加し、勝ち上がることができました。結局、先週同様、平素の練習に於いて厳しく指導されている理由を考え、次戦に向けての取り組みに期待致します。(湯浅)
      • 5年【5/19(日)FC・TM たけみ小】湯浅、西田、石崎、谷口
      • ①FC・A 4-0 ダックSC・A【2'藤井(-)、6'藤井(-)、13'中島(石崎)、34'藤井(木村)】
        ②FC・B 4-1 ダックSC・B【19'福山(-)、22'沢田(-)、26'松原(-)、27'片山(-)】
        ③FC・A 2-2 西大冠FC・A【5'藤井(佐々木), 16'木村(石崎)】
        ④FC・B 1-0 西大冠FC・B【4'中島(-)】
        テーマ:公式戦を勝ち抜くためのシミュレーションとする。⇒ポゼッションに拘る。
        ①試合開始早々、ポゼッションからのスルーパスをドリブルシュートにより先取点。その後も追加点を重ねましたが、有効なポゼッションを展開できませんでした。
        ②同様の試合展開により得点を重ねましたが、自らのミスによる1失点は今後に向けて反省しましょう。
        ③ポゼッションから何度も有効な攻撃ができましたが、確実にゴールゲットができなかった為、焦りからか個人プレーに走った結果、カウンターを受け2失点を喫しました。同点に追いついた事は評価できますが、反省点の多い試合でした。
        ④競り合った試合内容でしたが、タイムアップまでメンタリティーの集中力を切らさなかった結果、無失点にて勝利できました。
        ⇒チーム全員がお互いを信頼し、同じイメージを描き、その役割を確実且つ継続的に実行すれば、目標を達成できることでしょう。(湯浅)
      • 1年【5/18(土)Lazo TM いいもりプラザ】湯浅、山名
      • ①FC 2-0 LazoFC【1'片山(-)、14'肌勢(-)】
        ②FC 1-0 LazoFC【12'肌勢(-)】
        ③FC 4-0 LazoFC【4'肌勢(-)、5'肌勢(-)、6'肌勢(-)、14'OG】
        テーマ:ガンガンいく。(選手たちが自主的に決めました。)⇒7人制・15分×3本・2年生の試合と交互に実施
        ①②③テーマを達成すべく参加7名の選手たちは、全員が健闘しました。また、試合間のコンディション調整にも自ら取り組みました。(湯浅)
      • 2年【5/18(土)Lazo TM いいもりプラザ】湯浅、山名
      • ①FC 3-0 LazoFC【4'西林(-)、6'OG(西林CK)、13'佐々木(西岡)】
        ②FC 4-1 LazoFC【1'佐々木(-)、12'佐々木(-)、14'蒲原(佐々木)、15'佐々木(-)】
        ③FC 5-0 LazoFC【3'佐々木(後東)、5'西林(FK)、6'佐々木(-)、8'西林(佐々木)、9'佐々木(後東)】
        ④FC 2-2 LazoFC【4'西林(-)、13'西岡(-)】
        テーマ:シュートで終わる。(選手たちが自主的に決めました。)⇒7人制・15分×4本・1年生の試合と交互に実施
        ①②③テーマを達成すべく参加7名の選手たちは、全員が健闘しました。
        ④疲れからかボールロストが多くなりました。また、守備意識の低下が見られ、フィニッシュを許す事も増えました。先制点をゲットしましたが、先の原因により逆転されましたが、勝利への執念が功を奏し同点に追いつく事ができました。更なる頑張りに期待します。(湯浅)
      • 4年【5/18(土)Lazo TM いいもりプラザ】木村、佐藤
      • ①FC 0-0 Lazo
        ②FC 2-0 藤田【5'西永(蒲原)、15'西永(佐藤)】
        ③FC 1-0 Lazo【5'森田】
        ④FC 5-0 藤田【4'山田(西永)、8'松原(-)、12'山田(田近)、13'藤井(-)、14'藤井(松原CK)】
        ⑤FC 3-0 Lazo【2'松原(古賀CK)、6'森田(藤井)、10'松原(-)】
        ⑥FC 2-0 藤田【4'蒲原(-)、13'佐藤(仙田) 】
        テーマ:スペースを活かしてパスで連携する。プレスを掛ける。
        ①緩い試合運びから、相手にパスを当ててしまう、また、プレスが遅くなったり、逆に、突っ込み過ぎてかわされたことで、相手のカウンターに繋がりました。
        ②初戦の反省を活かし、テーマに取り組み、勝ち切ることができました。特に、プレスの改善が見られました。
        ③プレスの意識を継続させ、守りきりましたが、攻撃面でスペースを活かしきれず、課題が残りました。
        ④テーマを守り、得点を重ねることが出来ました。
        ⑤得点は出来ましたが、連携の意識が薄れ、ドリブルで突っかけ、ボールロストする場面がみられました。
        ⑥テーマを守る意識が改善し、勝ち切る事が出来ました。
        ⇒全試合を通じ、プレスを意識したことで、無失点に抑えられた事は良かったです。今後は、より視野を広く、ポゼッションを高めることで、更なるチームの成長を目指すべく、日々の練習から一人一人が課題に取り組みましょう。(佐藤)
      • 3年【5/12(日)コパ秦野 猪名川河川敷G】《優勝》橋本、片山
      • ①FC3-1緑丘【8'満生(西村)、10'橋本、29'西村(橋本)】
        ②FC3-0宇山【6'山本、17'片山瑛智、30'吉村】
        (決勝戦)③FC3-0吹田南【14'山本、19'西村(橋本)、25'平田】
        テーマ:1.攻撃はパスを回してサイドから攻める。2.守備は人任せにしない。
        ①テーマ1の意識は全員に見られましたが、まだまだ狭い所でボールを回してコートを広く使えていませんでした。テーマ2は選手達の意識が低かった為、ブレスが遅れて失点を許すなど危ない場面が何度もありました。
        ②テーマ2を特に意識して挑みました。その結果、無失点で勝利する事が出来ました。
        ③テーマ1をしっかりと全員が意識出来ており、サイドチェンジを使い、手薄な逆サイドから攻撃するなど、レベルの高い攻撃が出来ていました。守備もテーマ通り、暑い中、全員がしっかりと走ってプレスに行った事で無失点で勝利出来た要因です。
        ①②③全てに於いて、オフサイドとなる場面が多数ありました。相手ディフェンスラインも意識して攻撃出来るように改善して行きましょう。(橋本)
      • 5年【5/12(日)6年ライフcup三島地区予選 高槻小】湯浅、石崎、西田
      • ①FC 1-4 山田くら【35'木村(FK藤井)】
        テーマ:公式戦を勝ち抜くための勝点をゲットする。⇒相手コートに於けるプレーを多くする。
        ①試合開始後、6年生相手を押し込み、インターセプトからロングシュートを放つなどいい立ち上がりができましたが、CKからマークが外れた逆サイドで合わされ失点。その焦りからPKを与え連続失点。これにより、更にペースを乱した結果、残念ながら、0-3にて前半を折り返しました。ハーフタイムは守備の再確認をし、自信をもって戦う事を確認しました。後半の立ち上がりはパス回しからサイド攻撃を仕掛け、いいクロスボールが入りました。得点には至らなかったが、練習通りの崩しができました。これから…というところで守備の甘さが露呈し、4失点目を喫しました。その後も健闘し続けた結果、左サイドのFKを中央で合わせ、見事なヘディングシュートが決まりました。結局、前半の守備が勝負の分岐点であった事や平素の練習に於いて厳しく指導されている理由を理解できた事でしょう。今週のような練習参加状況を振り返り、次戦に向けての取り組みに期待致します。(湯浅)
      • 5年【5/6(月・祝)真上U-12TM 真上小】湯浅、石崎
      • ①FC 3-0 真上【1'佐々木(阿辺)、20'阿辺(佐々木)、30'沢田(高瀬)】
        ②FC 1-3 高槻如是【39'寺岡(石崎)】
        ③FC 2-0 真上【2'石崎(佐々木), 12'石崎(佐々木)】
        ④FC 2-1 高槻如是【7'石崎(木村), 16'佐々木(CK高瀬)】
        テーマ:公式戦を勝ち抜くためのシミュレーションとする。⇒ポゼッションに拘る。
        ①試合開始早々、サイドを崩してクロスボール⇒逆サイドの詰めにて理想的な先取点。その後、足を止めたため有効なポゼッションを展開できませんでした。
        ②自らのミスによる3失点でしたが、終了間際の1得点は今後に向けての自信となるでしょう。
        ③④集団による守備⇒ポゼッションによる崩しからの得点ができました。
        ⇒チーム全員が同じイメージを描き、それぞれの役割を確実且つ継続的に実行すれば、満足度の高いサッカーができるでしょう。(湯浅)
      • 4年【5/5(日・祝)~6(月・祝)長岡京SScup 丹波自然運動公園球技場】《第3位》《MVP:松原晃大》古賀、木村、佐藤
      • 《初日》①FC 3-0 オールサウス石山SC【6'藤井(松原)、19'OG (古賀 CK)、22'高垣】
        ②FC 4-0 ヴィエントとよのFC【10'佐藤、15'松原、18'森田(花田)、23'松原】
        ③FC 3-1 フォルテFC【15'松原(西永)、23'松原(古賀)、24'松原】
        ④FC 1-1 塚原サンクラブ【4'西永(森田)】

        《翌日》⑤FC 1-1 高槻桜台FC【12'松原(古賀)】
        ⑥FC 0-0 長岡京SS-G
        ⑦FC 3-0 ジュエルスFC【15'西永、16'松原、20'藤井(松原)】
        ⑧FC 1-1 太秦SS【10'松原(小野瑛)】
        ⑨FC 2-0 長岡京SS-W【3'藤井、23'古賀(守時)】

        テーマ:サイドのスペースを使った攻撃、裏を取られないようにマークする守備を実践する。
        《初日》①初戦を無失点、複数得点で終えることができましたが、マークのつき方が緩い、パスがつながらないなど課題が見られました。
        ②初戦に続き得点を重ねて優位に試合を進めることができました。マークのつき方は改善されましたが、まだプレスの甘さが見られました。
        ③早めの失点で苦しくなりましたが、リスクを冒しても点を取りに行く姿勢を失わず逆転できました。
        ④先取点を取りましたが、終盤にカウンターから失点しました。特に最後の3分間でのゲーム運びに課題が残りました。
        ⇒1日目を3勝1分で終えました。強いチームに対しても自分たちのやりたいことが通じることを実感しました。

        《翌日》⑤二日目の初戦、試合前に確認したプレスがよくかかり、優位に試合を進めましたが、ボールが相手に引っかかる場面がよく見られました。スペースを広く使う、周りが動いてもらうことが課題となりました。
        ⑥相手にパスをつながれ押し込まれましたが、粘り強いマークとプレスで無失点で凌ぎ切りました。少ないチャンスに得点できなかったのが悔やまれます。
        ⑦メンバーを入れ替えながら攻守の課題の修正を試みました。その結果、後半に複数得点をあげることができました。
        ⑧1点先行しましたが、終盤にPKを与え追いつかれてしまいました。PKを与えるたことよりも、その原因となったカウンターを受けないようにしましょう。
        ⑨体力的にも精神的にもきつい試合でしたが、粘り強い守備で先取点を守りきりました。終盤には二日間の課題であった勝ちに拘る姿勢を見せることができました。
        ⇒スペースを使った攻撃と裏を取られない守備の意識が少しずつチームに浸透してきました。得点を取りに行く、ボールを奪いに行くなど勝負に拘るということを学ぶ機会にもなったと思います。また、9試合を無敗で乗り切った自信を今後に生かしましょう。(古賀)
      • 5・【5/3(金・祝)~4(土・祝)高槻TAS杯6年大会 玉川小】《MVP:清原蒼、MIP:片山蒼貴、MOM:松原晃大》片山、山名、古賀
      • 《初日》①FC 1-6 ジュネスFC【25'清原(港)】
        ②FC 0-11 FC CANVAS
        ③FC 0-4 玉川FC⇒5/6位リーグ(ドリーム杯)
        テーマ:ポゼッションを高める、攻撃はシュートで終わる、守備は2人で挟む。
        ①フリーにさせている選手が多く、ディフェンスでも足だけになることもあったたため、得点を重ねられてしまいました。
        ②体力差もあり、ポゼッションを高めることができませんでした。
        ③オフサイドに多くかかり、得点チャンスをつくることができませんでした。
        ⇒足だけで行かない、スペースにボールを出す、オフサイドラインを見る、などの基本動作を再度徹底しましょう。

        《翌日》④FC 2-2 伊勢田SSS【7'港(松原)、22'松原(港)】
        ⑤FC 2-1 久米田FC八木【19'松原(片山)、22'松原(清原)】
        ⑥FC 1-4 玉川FC【6'松原】⇒ドリーム杯4位
        テーマ:スペースを広く使う。体でディフェンスをする。初日でできていなかったことをテーマに据えました。
        ④連携してディフェンスをすることができましたが、スペースを広く使う動きは十分にはできませんでした。
        ⑤ディフェンスでは引き続き連携ができましたが、突っ込み過ぎてピンチを招くこともありました。スペースにパスを出して得点をすることができました。
        ⑥テンポ良い展開から先制点を得られましたが、直後に同じ展開で連続失点を招きました。
        ⇒致命的なミスはすぐに失点につながります。まだまだ基本動作ができていない選手は日々の練習をしっかり励みましょう。5年生と4年生でU-12の大会にチャレンジできたことはとても良い経験だったと思います。この経験を活かして、自分たちの課題を確認し、練習や試合でどんどんトライしましょう。(片山)
      • 5年【5/3(金・祝)~4(土・祝)湖南市杯6年大会 サンビレッジ甲西・野洲川親水公園】《優勝》《MVP:森朝輝》湯浅、西田、石崎
      • 《初日》①FC 3-0 唐崎(大津)【1'高瀬(-)、17'中島(-)、18'佐々木(石崎)】
        ②FC 2-1 日野(東近江)【11'阿辺(石崎)、21'佐々木(CK)】⇒グループリーグ1位決定戦進出
        ③FC 0-1 和邇(大津)⇒2位トーナメント(じゅらく杯)決定戦進出
        テーマ:チームの守備力をアップさせる。⇒コーチングや守備の連動を実践する。
        ①試合開始早々のクリーンシュートが決まりリズムに乗れそうでしたが、守備⇒攻撃の精度が高まらず、イメージ通りからは程遠い内容でした。
        ②先の試合に於ける課題解決に取り組むはずが、自らのミスにより開始15秒で失点、厳しい状況に陥りました。その後、落ち着きを取り戻した結果、パスが回りだし、大きな展開からの崩しができました。
        ③一進一退の展開でした。守備の連携からピンチ⇒チャンス⇒ピンチ⇒チャンスの連続でした。ビッグチャンスを逃した後、PK戦が見え出した時間帯でした。カウンターのチャンスにも関わらず縦パスを中へいれた結果、カウンターを受け守備の対応が遅れたため見事なミドルシュートを決められました。チームの一人でも約束事を守らなければ痛い目に遭う事や、間違った事があれば全員で修正する事を身に染みて覚える必要があります。
        ⇒全選手が責任と自信をもってプレーできるように練習に励みましょう。(湯浅)

        《翌日》①FC 3-0 守山(守山)【2'木村(佐々木ck)、13'阿辺(石崎)、22'佐々木】
        ②FC 1-0 三雲東(湖南)【29'阿辺】⇒グループリーグ1位決定戦進出
        ③FC 2-0 八幡(近江八幡)【14'阿辺, 20'佐々木】⇒2位トーナメント(じゅらく杯決勝)
        テーマ:チームの守備力をアップする(前日から継続)⇒勝ちにこだわって挑みました。
        ①スコアは完勝ですが、内容ではまだまだ修正が必要です。ボールを中央に入れる、コーチングが足りないなど、前日から改善が見られませんでした。
        ②勝点は同じで得失点差でリードしている相手にしっかりとしたゲーム運びができました。全員が守備への意識を高め、セーフティに進め耐えた結果、相手のミスをついて最後に得点できました。
        ③継続して守備を意識した中で、「思い切って攻めるシーン」と「はっきりしたプレーで相手の流れを切る」ことができました。ベクトルを合わせて共有するために必須であるコーチングは2日間の中で一番声が出てました。しかしながら、あと2点は奪えた内容でしたので、決定力に課題を残しました。
        ⇒無失点で終えることができたこと、結果をしっかり出したことは良かったです。しかし、簡単にボールロストすることがあり、それが中央の位置で起きるのは致命的な失敗につながります。サイドのスペースに出して、スペースで受ける。今までやってきたチームの決まり事を全員が強く意識することが必要です。(西田)
      • 4年【5/2(木・祝)高槻Wins・TM 芝生小】湯浅、古賀、木村、佐藤
      • ① FC 8-0 高槻清水【9'蒲原、12'仙田(松原)、13'仙田、17'木村(古賀CK)、20'藤岡、28'小野彰、29'山田(古賀)、30'藤岡(FK)】
        ② FC 0-0 桜台
        ③ FC 2-1 高槻Wins【5'仙田(古賀CK)、30'木村(古賀CK)】
        ④ FC 1-0 西大冠【23'山田(小野瑛)】
        テーマ:サイドのスペースを使って攻撃する。守備の際は、相手を遅らせて挟んでボールを取る。
        ①余裕を持って試合を進め得点を重ねることができました。ボールを持ちすぎたり、スペースに蹴るボールが弱いなど改善点が見受けられましたが、狙い通りのサイド攻撃からいい形での得点もできました。
        ②守備におわれる場面が多い展開になりました。マークのつき方やボールに対する競合いが甘くなった結果、DFの裏を取られる場面がありました。全体が良く見える選手(後ろのポジションの選手)がしっかりコーチングして修正しましょう。
        ③先制後、後半に追いつかれましたが、最後に突き放して勝ち切ることができました。サイドを使ったいい攻撃が見られましたが、クロスの強さやボールの受け方には課題が残りました。
        ④ボールはよくスペースに出ていましたが、受ける選手のスタートが遅れ間に合わない場面が見られました。スペースに出る選手のポジショニングは周りの選手や、ベンチの選手がコーチングしましょう。
        ⇒チームのやろうとしていることがはっきりし、少しずつ浸透してきていますが、まだまだ理解度に差があるようです。練習に参加してしっかり身につけましょう。(古賀)

      2019年4月

      • 2年【4/28(日)長尾cup 藤阪小】《第三位》園田、山名
      • ①FC 8-1 長尾SC【3'森川(佐々木)、12'西林、16'西林(肌勢)、17'西林(後東)、18'西林、20'後東(西林)、22'片山、24'後東】
        ②FC 2-3 西長尾【12'片山(佐々木)、18'森川】
        ③FC 4-7 アミティエ草津【5'後東、12'片山、14'後東、15'西林(蒲原)】
        テーマ:シュートで終わる。ガンガン行く!
        ほとんどの選手がボールウォチャーになりガンガン行けてなかったです。もっと早いプレスを心がけて相手陣地でボールを奪うようにガンガンいきましょう。あまりシュートを打てなかったですね。もうワンテンポ早くシュートで終わらせるように、平日練習から心がけて練習をしましょう。(山名)
      • 4年【4/28(日)コパ秦野 猪名川河川敷G】《準優勝》古賀、木村、佐藤
      • ①FC 5-0 とよの【3'藤井(森田)、4'松原(藤井)、5'藤井(森田)、17'森田(佐藤)、20'佐藤(松原)】
        ②FC 4-0 秦野FC【4'藤井(松原)、8'西永(藤井)、16'森田(松原)、21'藤井(森田)】
        ③FC 1-2 山田くらぶ【30'古賀(PK)】
        テーマ:スペースを使った攻撃。連携して裏をとられない守備
        ①石川遠征で実践したスペースを使った攻撃にトライしました。サイドのスペースを使った攻撃で得点を取ることができましたが、途中で前掛かりになりマークを外しカウンターを受けるシーンがありました。
        ②準決勝。守備面でのコーチングが増えてフリーの選手を作らないことが意識できてきましたが、ボールウォッチャーになってしまうことがありました。
        ③決勝戦。疲れが出たのか、前の試合のようにボールを保持して攻撃し切ることができなくなってきました。守備面では相手のポイントになる選手を抑えていたのは良かったのですが、難しいシュートを決められてしまいました。
        試合の入り方、試合の合間の過ごし方がだんだん自主的にできるようになってきました。5時間もの待ち時間をだれることなく試合にのぞめたのは良かったと思います。自分たちのやりたいサッカーが見えてきたので、精度を高められるよう練習からしっかり取り組みましょう。(古賀)
      • 5年【4/28(日)セルリアンcup 石川河川敷G】《優勝》湯浅、西田
      • ①FC 3-1 ボランチ【16'阿辺(清原)、17'中島(寺岡)、27'中島(-)】
        ②FC 6-0 B2【4'沢田(中島)、9'中島(佐々木)、13'中島(-)、15'高瀬(-)、18'阿辺(佐々木)、23'寺岡(-)】⇒グループリーグ1位
        ③FC 2-2 進修サッカー団【18'中島(佐々木)、23'阿辺(中島)】
        ④FC 2-1 エルセレA【6'阿辺(-)、23'佐々木(中島)】⇒1位リーグ優勝
        テーマ:チーム力をアップさせる⇒ゴールの高さを見て視野を広げる⇒コーチング、スプリント、トランジション、連動を実践する
        ①試合への入り方が緩く、イメージからは程遠いプレーでした。
        ②先の試合に於ける課題解決に取り組んだ結果、パスが回りだし、大きな展開からの崩しができました。
        ③前半から圧倒的に攻めましたが、GKとDFの連携不足からコーチングがちぐはぐとなった結果、呆気なく失点、前半終了間際にも同様に失点しました。後半もいい試合内容でしたが詰めが甘く、勝ち越しには至りませんでした。
        ④事実上の決勝戦でした。前半は大きな展開から得点ができましたが、テーマに課題が残りました。後半、先の試合同様、墓穴を掘るようなプレーから辛勝となりました。
        ⇒全選手が責任と自信をもってプレーできるように練習に励む。(湯浅)
      • 3年【4/27(土)Lazo cup 寝屋川・宇谷小】《優勝》《MVP:橋本将成》橋本、片山
      • ①FC 1-0 Lazo黄【25'西村】
        ②FC 2-1 富田林中央【2'吉村、18'西村(山本)】
        ③FC 8-0 Lazo青【1'橋本(福山)、2'橋本、9'西村(橋本)、12'橋本(山本)、13'山本、15'福山、28'吉村、30'西村(PK)】
        テーマ:攻撃、守備の切り替えを早くする
        ①テーマへの意識が低く、次のプレーの準備が出来ていないため、いざボールが来ると慌ててしまう場面がありました。
        ②③テーマの意識が高まり、チームの多くの選手から「切り替えよう・準備をしよう」と声が出て、良いサッカーが出来て優勝する事が出来ました。
        ⇒止める・蹴るといった基礎を大切に日々の練習から取り組みましょう。(橋本)
      • 5年【4/21(日)ウォンバcup 服部緑地人工芝G】《第3位》《優秀選手:藤井敬士》西田、石崎、片山
      • ①FC 5-1 進修サッカー団【3'藤井、8'藤井、10'藤井、22'藤井(中島)、23'藤井(片山)】
        ②FC 8-0 千里ひじりB【3'藤井、7'藤井(中島)、9'藤井(森)、10'藤井、11'藤井、16'港(清原)、22'寺岡(高瀬CK)、23'藤井(高瀬)】⇒予選1位
        ③(準決勝)FC 1-1(PK1-3) 西宮SS【23'藤井】(PK:藤井)
        ④(3決)FC 3-1 千里ひじりA【12'藤井、16'藤井(高瀬)、30'藤井(石崎)】
        ⑤(TM)15分1本 0-1 大和田SSC
        テーマ:3人目の動きを常に意識する⇒前日と同じテーマで勝ちにこだわって挑みました。
        ①しっかりポゼッションができており、自分たちのペースで進めることができました。その結果、全員出場できました。
        ②テーマを意識した動き出しができており、ワンタッチでのプレーをしててもしっかりポゼッションできました。
        ③相手の技術に振り回されマークがズレた分、守備での負担が大きくなってしまいました。各自が1対1に負けないで責任を持つことが必要です。最後まで戦う姿勢を見せてPK戦での敗戦となりましたが、勝利に対する姿勢は素晴らしかったです。
        ④敗戦後の気持ちの切り替えが選手だけでしっかりできました。あくまでもポゼッションサッカーで挑むことを確認して試合に入りました。結果、各自が1対1で負けず、しっかりボールを動かして自分たちのサッカーで勝ち切ることができました。
        自分たちのサッカーをやり通して、しっかり結果も残せたと思います。体力的にも非常に厳しい中、みんなのハードワークには成長を感じずにはいられません。とてもいい取り組みができ、また自分たちのサッカーがどんな相手にも通用することを確認できたのではないでしょうか。日々の練習から真剣に取り組み、個々のレベルアップに励みましょう!(西田)
      • 3年【4/20(土)コパ秦野 猪名川河川敷G】《優勝》橋本、片山
      • ①FC 4-0 さなえJSC【10'橋本、15'平田、24'西村(吉村)、30'吉村】
        ②FC 2-1 秦野FC A【11'福山、12'西村(平田)】
        (決勝)③FC 3-0 コニーリョ中山【2'福山、15'平田(福山)、25'平田】
        テーマ:1.攻撃も守備も全力で頑張る 2.コーチングしてパスを回す⇒全試合を通してテーマへの意識が感じられました。
        ①②守備を全力でやらずに人任せにしている場面が何度か見られました。
        ③テーマ2.を活用してサイドから複数の選手が連動して攻撃できました。
        3年生としてレベルアップしたサッカーが出来ていた事が、勝因だと思います。また、苦手な足でのコントロールした精度の高いゴールもありました。平日の練習からTMやCUP戦などの試合をイメージして止める、蹴る、苦手な足でも蹴れるなどの基礎練習を大切にして頑張りましょう。(橋本)
      • 4年【4/20(土)~21(日)第1回秀光ビルドcup 和倉温泉人工芝G】《第3位》湯浅、古賀、木村、佐藤
      • 《初日》①FC 9-1 川北FC【1'古賀(-)、2'藤井(古賀)、5'藤井(松原)、6'松原(-)、9'森田(-)、10'蒲原(CK井戸)、18'蒲原(木村)、24'松原(-)、24'蒲原(山田)】
        (FM)②FC 3-2 クレセールFC(金沢)【25'藤川(-)、30'山田(CK田近)、30'藤川(-)】
        ③FC 8-0 住吉SSS(魚津)【3'森田(-)、5'松原(古賀)、11'森田(-)、20'西永(-)、21'松原(-)、23'森田(-)、24'森田(松原)、27'守時(-)】
        (FM)④FC 2-1 FC北陸(金沢)【7'田近(木村)、16'木村(-)】
        ⑤FC 7-0 セブン能登(七尾)【8'森田(-)、12'森田(藤井)、14'森田(西永)、15'古賀(-)、21'仙田(松原)、23'守時(松原)、26'蒲原(-)】⇒予選リーグ1位

        《翌日》⑥FC 1-0 FC ACRS【11'西永(森田)】
        (FM)⑦FC 6-1 FC LEON【5'田近(-)、10'田近(佐藤)、13'田近(小野瑛太)、16'仙田(-)、17'仙田(-)、21'木村(-)】
        (準決勝)⑧FC 3-3(0PK1) FC TWINS愛知【10'藤井(花田)、19'森田(西永)、22'古賀(-)】
        (FM)⑨FC 2-1 FC CEDAC【10'田近(守時)、11'木村(-)】
        (3決)⑩FC 3-1 FC CEDAC【1'松原(-)、11'西永(-)、19'古賀(松原)】

        テーマ:遠征メンバー20名全員が協力してチーム作りに取り組む。
        《初日》①③⑤移動の疲れを見せず、試合にはいい入り方ができました。また、全員が出場してスペースを活用した内容の良い連携プレーで完勝できました。
        ②④先発メンバー以外が出場し、逆転勝ちできました。

        《翌日》⑥内容は悪くないのですが、選手個々のプレーに甘さが見えました。その結果、辛勝となり、反省点の多い試合でした。
        ⑦⑨初日同様の選手起用とならなかったのは残念でしたが、自信となる結果となりました。
        ⑧今大会最強の対戦相手でした。押され気味の試合でしたがスペースを活用した大きな展開から待望の先取点をゲットしました。ハーフタイムには「守備のウエイトを高める」よう指示しました。その後も前半以上の内容で試合運びができ3点目を取った事により、選手たちは試合が決まったように感じたのでしょうか?敢えてメンバー交代をしませんでしたが、一度緩んだメンタルを締める選手が見られず残り8分間で同点を許しました。結局、PK戦も落としてしまい、初めて悔しい経験をしました。
        ⑩昼食⇒ゲストの元サンフレッチェ広島「森﨑浩司」氏のデモンストレーションがありましたのでメンタルの切り替えができ、試合にはいい入り方ができました。結果、最終戦を勝利で飾る事ができました。(湯浅)
      • 5年【4/20(土)コパ秦野 猪名川河川敷G】《優勝》西田、石崎
      • ①FC 10-0 秦野B【2'中島(片山)、7'福山、12'寺岡(福山)、14'福山(寺岡)、16'藤井(木村)、18'阿辺(藤井)、24'藤井、27'阿辺(高瀬)、27'阿辺(佐々木)、28'藤井(阿辺)】
        ②FC 3-0 RFC【18'藤井(佐々木)、23'阿辺(藤井)、27'佐々木(阿辺)】
        ③FC 4-0 多田少年【17'阿辺(藤井)、19'阿辺(藤井)、25'藤井(石崎)、28'藤井(寺岡)】→予選1位
        ④(準決勝)FC 4-0 秦野A【3'片山、19'藤井(佐々木)、28'藤井(阿辺)、30'石崎(木村)】
        ⑤(決勝)FC 6-0 多田少年【3'沢田(寺岡)、14'沢田、16'阿辺(石崎)、21'藤井、22'藤井、29'藤井】
        テーマ:3人目の動きを常に意識する⇒ポゼッションを高めるために、オフザボールでの動き方を常に意識して試合を繰り返しました。また、2チームに分け、前後半で全員が出場できる中で、全勝優勝を目指しました。
        前半チーム:なかなかボールをつなぐことを意識して試合ができませんでしたが、準決勝以降は少しずつみんなでつなぐ意識が見れました。あとはこれを継続して、実際につなげることができるようにチャレンジしていきましょう。
        後半チーム:初戦からポジションチェンジも見られ、サイドを使ったいいボールの動かし方が見られました。次戦では、前へ急ぎ、また真ん中に固まった攻撃で自分たちのプレーができませんでしたが、その後しっかり修正できたのが成長ですね。
        チーム全員でもっともっと上を目指して、高い目標に挑んでいきましょう!明日は今日より少しでも成長する!無失点優勝、おめでとう。
      • 2年【4/14(日)秦野FC・TM 猪名川河川敷G】谷口、山名
      • ① FC 10-0 さなえ【3'西林(菅原)、5'後東、7'菅原(西林)、10'西林(肌勢)、12'森川、15'阿瀬(西林)、17'菅原、19'森川、20'森川、20'後東(森川)】
        ⇒準決勝以降雨の為中止
        テーマ:ガンガン行く。
        1年生3名の支援があり11名で新学年進級後の試合に取組ました。ボールは流さずに自分の脚でコントロールしましょう。特にインサイドでコントロールする。止める・運ぶ・蹴るを平日の練習から心がけましょう。(谷口)
      • 3年【4/14(日)長尾cup 楠葉南小】《第三位》《MVP:平田智颯》湯浅、橋本
      • ①FC 3-2 長尾B【9'満生(田中)、14'山本、20'西村(平田)】
        ②FC 3-4 ディアブロッサ大阪【9'片山剛志(CK)、13'平田(CK)、16'平田】
        ③FC 4-1 西長尾【4'田中、10'西村、14'山本、16'満生】⇒予選リーグ2位
        ④FC 3-1 ASL学研都市【10'西村、18'西村、20'西村】《3位決定戦》
        ⑤FC 2-1 西長尾【9'満生、15'藤本】《TM》
        テーマ:一人一人がチームの為に全力で頑張る
        ①②相手がボールを持っている時の寄せが遅い、誰かがボールを奪ってくれるだろうという人任せな守備が原因で先に相手に得点を許しました。その直後、得点を奪って反撃開始、逆転勝利できたことは、勝ちたいという気持ちが全面に出ており、良かったと思います。
        ③④チーム全員がテーマ『1人1人が全力で頑張る』を意識して出来る様になってきていました。
        ⇒苦手な足でもシュートを打つ、ボールをキチンと止める、または思った場所にしっかりと蹴るなどの基本が出来ていたらもっと良い結果が出せた事でしょう。新学年ではそれらの基礎練習を大切に日々取り組んで行きましょう。(橋本)
      • 4年【4/14(日)スポーツネットTM 依羅小】古賀、木村、佐藤
      • ①FC 7-1 FCおきつ【12'木村、14'木村、15'田近(山田)、26'松原(井戸)、27'森田(西永)、28'森田(松原)、30'森田(松原)】
        ②FC 1-4 スポーツネットSC【21'仙田(古賀)】
        以下 12分1本にて実施。
        ③FC 0-1 FCおきつ
        ④FC 1-0 スポーツネットSC【1'藤井】
        テーマ:パスをつないで、試合に勝つ
        参加選手20人を2チームに分けて試合に臨みました。①ボールへのプレッシャーからカウンター攻撃が見られました。後半は広い方のスペースに出す意識が出ていました。
        ②ボールに寄りすぎてスペースを開けてしまいました。攻撃時もサポートが足りずボールロストすることになりました。
        ③ゴールキックからの失点でした。ボールを受ける選手が足りませんでした。
        ④プレッシャー、運動量、コーチングの3点を徹底して臨んだ結果、ボールが回りだしました。チームでのやり方の理解が進めばもっとスムーズにできると思います。この調子で頑張りましょう。(古賀)
      • 5年【4/13(土)千里ひじりcup 北丘小】《優勝》《優秀選手:阿辺真治》湯浅、西田、石崎、片山
      • ①FC 7-0 萱野【1'藤井(阿辺)、5'阿辺(石崎)、7'阿辺(中島)、11'阿辺(藤井)、12'石崎、21'港、23'片山】
        ②FC 6-0 ひじりホワイト【3'中島、11'阿辺(藤井)、13'藤井、14'寺岡(沢田)、20'港、21'寺岡】
        ③FC 6-0 ひじりブルー【2'藤井、5'藤井(石崎)、6'藤井(中島)、10'中島(藤井)、12'阿辺(藤井)、21'阿辺】
        テーマ:ポゼッションを高める。公式戦に向けて自分達のチームをどう作るのか考える。
        ①②③無失点に抑えることができて、集中力を切らさずにプレーできました。ただ、自分たちの力を十分に出し切る試合運びはできませんでした。パスをもらうためには、パスが出てから動いては遅いです。パサーのスキルに合わせて、動き出すタイミングを考えましょう。選手それぞれのストロング&ウイークポイントを確認して、公式戦に向けて自分たちのチームを良い方向に形作れることを期待します。(片山)
      • 5年【4/13(土)スポーツネットTM 浜寺公園G】湯浅、西田、石崎、片山
      • ①FC 1-1 スポーツネットSC【15'佐々木(木村)】
        ②FC 0-1 スポーツネットSC
        ③FC 1-1 スポーツネットSC【4'高瀬】
        ④FC 1-1 スポーツネットSC【13'港(中島)】
        テーマ:ポゼッションを高める
        ①②攻撃、守備ともに連携不足が見られました。
        ③④上記の課題を修正したプレーができている選手がいました。ただ、連携のためのコーチングができていないため、4年生の時のテーマ、ならびに日頃の練習での成果をTMにてしっかりチャレンジするようにしましょう。(片山)
      • 4年【4/6(土)千里ひじりTM 北丘小】佐藤、木村、古賀
      • ①FC 7-0 千里ひじり【3'松原、4'花田、13'仙田、17'田近、19'花田(松原)、21'藤井(田近)、25'藤井(松原)】
        ②FC 8-0 千里ひじり【8'森田(古賀)、12'森田、13'小野瑛大、15'藤岡(井戸)、18'古賀、21'森田(井戸)、237森田(古賀)、25'古賀】
        ③FC 6-0 千里ひじり【8'松原、12'小野彰大(藤井)、20'仙田、21'藤井、22'松原(仙田)、24'仙田】
        ④FC 8-0 千里ひじり【3'佐藤、6'古賀、8'森田、15'佐藤(古賀)、20'小野瑛大(古賀)、22'森田(藤岡)、24'佐藤、 26'小野瑛大(古賀)】
        ⑤FC 6-0 千里ひじり【3'松原(井戸)、6'森田(木村)、9'藤井、11'井戸、12'森田(松原)、13'松原(仙田)】
        テーマ:パスで連携する
        ①皆がテーマを守り連携することで、得点に繋げました。
        ②得点は重ねたものの、①に比べ連携が見られませんでした。
        ③パスの連携にトライするものの、ワンサイドに偏りすぎ、プレーが詰まる場面が目立ちました。
        ④前への意識が強く、連携も見られ、得点に繋げました。
        ⑤得点はしたものの、全体を通じ、前への意識が強すぎ、パスでかわさずに、相手の守備につっかける場面が目立ちました。
        ⇒新4年生としての初試合、良いスタートは切れましたが、更に成長出来るように、基本を大切にし、練習に取り組みましょう。(佐藤)
      • 5年【4/6(土)セルリアンcupU-11 羽曳野中央G】湯浅、西田、石崎
      • ①FC 0-0 アーバンペガサス
        ②FC 5-0 エルセレB【4'佐々木(木村), 10'石崎(木村), 13'石崎(阿辺), 15'石崎(高瀬), 26'福山】
        ③FC 10-0 ボランチ【2'木村, 4'阿辺, 7'佐々木(森), 10'阿辺, 15'石崎, 18'福山(前田), 20'沢田(港), 22'港, 23'福山(中島), 27'福山(片山)】
        ④FC 0-0 エルセレA
        テーマ:ポゼッションを高める
        各自のレベルアップを目指した成果を発揮することを目指しました。全体的にはまだまだ取り組んだ成果が見れない内容でした。ポゼッションのために必要なこと(コーチングやスペースに動きこと、またスペースにパスを出すこと)が、相手のプレスがちょっと強くなるとあわててしまってミスを連発しているのが現状です。また、得点は取れましたが、目指した形で取れた点は少なく、結果オーライではチームの成長は望めません。守備面でも無失点でしたが、危ないシーンがたくさんありました。攻守において個々の選手の理解度アップと実践が必要です。まずは指摘された内容を理解して、次回からに活かすことを繰り返していきましょう!(西田)