レポート2018~

 

【福井県大野市遠征(フエンテcup)4年】2018/9/23(日)~24(月・祝)

①出発 ②W-up開始 ③初日の初戦 ④初日…優勝 ⑤就寝準備前 ⑥就寝準備
⑦夕食 ⑧洗濯済みのユニ ⑨爆睡中の選手たち ⑩早朝散歩⑴ ⑪同左⑵ ⑫同左⑶
⑬同左⑷ ⑭同左⑸ ⑮同左⑹ ⑯同左⑺ ⑰翌日の試合 ⑱翌日も連続優勝

 

 3年ぶりの参加です。以前はお盆付近の開催でしたが、諸般の事情から9月開催となりましたので、お久しぶりでした。初日は4年生大会、翌日は5年生大会と両日の1day大会に於ける優勝を目指してエントリーしました。2週間前同様、宿泊を通して選手個々が自立して欲しいとの思いから、保護者のご支援を辞退しました。初日、全日リーグに参加する4名を除く11名は6:00南千里を出発し①、一路福井県大野市奥越ふれあい公園競技場を目指しました。南千里~吹田IC~名神高速~北陸道~福井北IC~中部縦貫道⇒大野IC⇒約250㎞の道程です。前回同様の行程で、試合会場に入りました。ここは大野市が地域活性を目的に建設した立派な施設です。競技場の外にも大きな芝生公園が広がり、W-up②には最適です。いよいよ初戦開始③です。久しぶりの天然芝に於ける試合ですので、たっぷり楽しめました。お陰様で、初日の4年生大会では優勝⑤を飾ることができました。その後、宿舎に移動し、自分たちの生活が始まりました。18:30、後発の4名が代表の車で到着しました。今回の部屋は宴会場の大部屋ですので、全員いっしょです。最上階の大浴場で一日の疲れを癒やした後は、19:00~お楽しみの夕食⑦です。ここでも準備は自分たちです。全選手が明日の2カテゴリー優勝を誓って「頂きまぁ~す!!」、完食後は全員でキチンと片付けしました。1時間の自由時間は洗濯物を干して就寝準備とリラックスタイム⑤⑥⑧としました。21:00消灯すると、すぐに寝息が聞こえました。

 翌日6:00起床、洗顔を済ませて散歩に出かけました。大野市は名水の里で有名ですので、城下町のあちらこちらにその様子が見られます。そのおいしい水を水筒に注ぎました。⑩~⑯ 7:00大急ぎで朝食を終え、食事の後片付けができたグループから荷造り⇒出発準備です。試合間隔にゆとりがありましたので、試合終了後はいつも通りの手順に従ってエネルギーチャージ⇒休息を繰り返しました。試合内容は「リザルト」にありますが、何とか当初の目標「2カテゴリー優勝」⑰⑱を達成することができました。しかし、課題山積ですので積極的に改善に取り組みます。現地出発が17:00となり大急ぎで帰路につきましたが、21:00過ぎ、無事南千里到着、ご家族のお迎えに、選手たちはお礼と報告し、解散しました。

 

【石川県七尾市和倉温泉遠征(いしかわチャンピオンズcup)4年】2018/9/8(土)~9(日)

①南千里出発 ②敦賀湾を臨む杉津PA ③日本海を臨む尼御前SA ④会場の和倉温泉G ⑤初日の試合を終えて ⑥夕食
⑦控室 ⑧就寝準備 ⑨爆睡中の選手たち ⑩優勝! ⑪賞品の数々 ⑫南千里到着

 

 昨年に引き続き、ほぼ同じメンバーで3回目の参加です。前回の4年生大会に於ける優勝を自信にして連破を狙いました。昨年同様、宿泊を通して選手個々が自立して欲しいとの思いから、保護者のご支援を辞退しました。初日、6:00南千里を出発し①、一路石川県七尾市和倉温泉を目指しました。南千里~吹田IC~名神高速~北陸道~のと里山海道~七尾市和倉温泉⇒約400㎞の道程です。バス走行中に朝食を済ませると7:00~8:00は睡眠時間です。その間、バスは福井県に入り、駿河湾を臨む杉津PA②にて10分間のトイレ休憩しました。出発後、2018ヨーロッパチャンピオンズリーグ(CL)のビデオを見てイメージアップを図りました。途中、二度目のトイレ休憩とドライバー交代は日本海を臨む尼御前SA③です。10時過ぎ、和倉温泉沿いのコンビニにて各選手が昼食を仕入れ、試合会場の和倉温泉G④に入りました。ここは七尾市が地域活性を目的に人工芝一般用ピッチ3面⇒少年用6面を建設した立派な施設です。初戦を終えると、主催者より提供されたエアコン完備の控室⑦で、濡れたユニフォームなどを干しました。試合間隔は1試合おきなのでゆっくりしている余裕はありません。いつもの「おにぎり1個」を平らげると、すぐにウェアを整えて次の準備です。新しいタイプの人工芝ですので、思い切り身体を張ってプレーできます。参加17選手をどんどん交代させてチームをリフレッシュを図りながら全力で戦いました。全部で5試合を消化し、初日のスケジュールを終えました。⑤
 その後、和倉温泉に移動し、宿舎に於ける自分たちの生活が始まりました。まず部屋割はポジション別に3つのグループに分かれた後、入浴しました。脱衣場ではユニフォーム・ゲームパンツ・ストッキングを丁寧に折りたたんでランドリーネットに入れ、洗濯機に投入しました。写真がないのは残念ですが、大浴場の入口にはスリッパがきちんと並べられています。入浴後、19:00~大広間での夕食⑥です。ここでもスリッパは同様です。カレーやハンバーグなどの大好物を自分たちで準備しました。全選手が明日の優勝を誓って「頂きまぁ~す!!」、完食後は全員でキチンと片付けしました。1時間の自由時間は洗濯物を干して就寝準備とリラックスタイムとしました。21:00消灯すると、意識の高いGK・DF陣の部屋からはすぐに寝息が聞こえました。
 翌日6:00起床、洗顔を済ませて散歩に出かけました。ここ「和倉温泉」は埋め立て地のようで、「弁天崎源泉公園」にはその歴史が展示されていました。その最終には昼食の買い出しをしました。7:00朝食を大急ぎで終え、食事の後片付けができたグループからお茶を入れ、荷造り⇒出発準備です。ここでもGK・DF陣は素早く行動できました。出発が遅れ、会場到着は8:45キックオフ直前となりました。この日は、試合間隔にゆとりがありましたので、試合終了後はいつも通りの手順に従ってエネルギーチャージ⇒休息を繰り返しました。降雨のため、残念乍ら昼寝はできませんでしたが、試合準備にはきちんと取り組みました。試合内容は「リザルト」にありますが、何とか当初の目標「連破」⑩⑪を達成することができました。但し、反省点は課題として改善に取り組みたいと思います。この経験を本日からの生活に生かしてほしいものです。⑫

 

【ビーチリゾート安木(兵庫県香美町)6・5・4年】2018/7/30(月)~31(火)

①南千里出発 ②道の駅まほろば ③但馬空港 ④余部鉄橋の一部 ⑤余部駅エレベーター
⑥余部駅からの展望 ⑦同駅の旧線路 ⑧同駅の新ホーーム ⑨入所の挨拶 ⑩初日の昼食
⑪安木浜の西側 ⑫安木浜の中央 ⑬安木浜の東側 ⑭準備体操 ⑮遊泳
⑯遊泳 ⑰飛び込み ⑱誕生日プレゼント ⑲花火 ⑳同左
㉑就寝 ㉒同左 ㉓同左 ㉔安木のバス停 ㉕鎮守様へのお参り
㉖遠泳 ㉗スイカの種飛ばし ㉘整理体操 ㉙退所の挨拶 ㉚南千里到着の出迎え

 今年もやって来ました恒例のクラブ行事です。命に関わる酷暑の大阪を飛び出し、避暑には最適の香住へ向かいます。早朝、南千里を出発①、休憩を挟みながらマイクロバスは順調に走りました②。途中、但馬空港に立ち寄り③、余部橋梁を観光しました④。ここは香住の西端に位置し、かつて強風のため回送列車が40mの高さから転落した結果、真下のカニ缶工場で働く人たちが大事故に見舞われたところです。現在は道の駅となっていて、多くの観光客が訪れます。そのためエレベーターが設置され、観光に一役買っています⑤。しかし、我々は登坂路を駆け上がります⑥⑦。ちょうど豊岡発鳥取行きの普通列車が新しく付け替えられたコンクリート橋を通って、無人の余部駅に到着しました⑧。お昼前、目的地の安木浜に到着し、さとうさんご夫妻にご挨拶です⑨。夏休み突入とともに山田第五小⇒千里たけみ小⇒古江台小⇒桃山台小と吹田市立小学校の臨海学習が続き、休む間もなく当FCのビーチリゾートです。かつては佐井寺小もお世話になっていましたが、児童数増加とともに行事が見直しとなったことは誠に残念な事でした。昼食後⑩、早速透明感溢れる海へ飛び出しました⑪⑫⑬。水泳指導が盛んな吹田市立小学校在籍児童は、班行動による安全確認を自分たちから進んで実行できます。平素の練習は何れの分野であっても子どもにとってはスキルアップの必須条件です⑭⑮⑯。また、防波堤からの逆飛び込みにもチャレンジしました⑰。入浴⇒洗濯⇒物干しが済むと夕食です。その折、6年生から8月8日に65歳を迎える湯浅代表へ早めのお誕生日プレゼントが贈られました⑱。次の一年も元気に活動したいものです。完食⇒下膳後はお楽しみの花火大会です。昼間の海岸は真っ暗で、思い思いの花火を手にたっぷり火遊びしました⑲⑳。その後、星降る夜空を眺めて理科の学習です。北の空には北極星を挟んで北斗七星とカシオペヤ座が向かい合っています。天頂には夏の大三角を含むこと座・わし座・はくちょう座がはっきり見えました。南の空には不気味に赤く光るアンタレスを心臓にもつさそり座と地球に最接近している金星が見え、如何にも手が届きそうな感じがしました。満天の星空を目に焼き付けた後は、火の始末をして就寝です。早朝から一日中たっぷり遊び疲れましたので、エアコンの効いた涼しい三つ部屋には早速寝息が響きました㉑㉒㉓。幸い火遊びとお寝小との相関関係はありませんでした。

 2日目の早朝は散歩から始まります。村のバス停時刻表には、隣の最寄りの佐津駅行きが朝に2本+昼に1本、逆に竹野行きは昼に1本+夕に2本ですので㉔、車なしの生活は考えられません。便利な地域に在住の我々は公共交通機関に感謝しなければ…。村の鎮守様に必勝祈願です。二礼二拍手一礼の習わしに則りお参りしました㉕。朝食後は遠泳にチャレンジしました㉖。浜に上がると、大きなスイカが待っていました。そして、口に含んだ種飛ばし競争です。3回戦の優勝者3名にはよ~く冷えた3個目のスイカが賞品でした㉗。海での遊びを満喫して11:30頃、整理体操⇒片付けに取り組みました㉘。昼食後、民宿さとうさんにご挨拶し、帰路に着きました㉙。途中、まほろばで家族や友人にお土産を買ってマイクロバスに乗車すると、ひたすら高速道が続きますので、おやつの後は歌合戦が始まりました。南千里には17:00頃、予定通り到着し、お出迎えのお母さん方にお礼と報告をして、無事解散となりました㉚。参加した5・4年生は「また来年も行きたぁ~い!!」との感想でした。なお、係る費用は一泊四食、交通費込みの総額は参加者一人当たり11,554円也でした。