ウェルフェア

「ウェルフェア」「ウェルフェアオフィサー」とは

 Welfareは幸福、福利を意味し、日本サッカー協会(JFA)はその推進リーダーをWelfare officerと位置づけ、JFAはリスペクト・フェアプレイ委員会を中心に次の通り、規定しています。
 当FCは大阪府下のクラブに先駆けて、ウェルフェアには積極的な取り組みを致しております。

1.基本的な考え方
 国際化、様々な価値観、生活様式の多様化が進んだことにおいて、日本の社会のみならず、サッカーを取り巻く環境においても、差別や暴力に対する認識等に対して脆弱な意識、思考、行動が見受けられる。差別、暴力(暴言、ハラスメントを含む)が我々のスポーツにおいて、また我々の暮らす社会において、本当に根絶されるために日本のサッカーはこれらに対して更なる行動をとる。

2.設 置
 サッカーに関わるすべての人が安全にサッカーを楽しむことができる環境を作り出すこと、また、サッカー活動においてリスペクト精神が浸透し、オンザピッチ、オフザピッチでフェアなプレーを確保することが大切であり、誰もがリスペクトやフェアプレーの考え方を理解することが必要である。
 ウェルフェアオフィサーは、各種サッカー協会、連盟、競技会、クラブ(以下、「協会等」という。)に設置され、サッカーを取り巻く環境の“ウェルフェア”醸成に努め、よりサッカーを楽しむ人のためになるよう活動する。

3.種 類
 ウェルフェアオフィサーは、次の3種類とする。
① ウェルフェアオフィサー(ジェネラル)
② マッチ・ウェルフェアオフィサー(MWO)
③ クラブ・ウェルフェアオフィサー(CWO)

4.役 割
 ウェルフェアオフィサーは、リスペクトやフェアプレーを啓発、促進し、暴力、差別等の予防活動を通じて、問題を未然に防ぐ、また、顕在化した諸問題に対応、問題解決を図ると共に、問題の内容や重大さによって司法機関や諸関連組織への橋渡しとしての役割を担う。
 具体的な役割は、次のとおりとする。

(1) ウェルフェアオフィサー(ジェネラル)
① 所属地域、連盟等におけるリスペクト、フェアプレーの啓発、促進及び暴力、差別等予防活動
② 所属地域、連盟等におけるリスペクト、フェアプレーに係る教育活動
③ 上記2項のための研修会、講習会の実施
④ 所属地域、連盟等における暴力、差別等に関する相談窓口対応
⑤ 所属地域、連盟等における暴力、差別事案等の対応
⑥ リスペクト、フェアプレーに関し、所属団体内規律、裁定委員会等との連携
⑦ リスペクト、フェアプレーに関し、外部団体との連携
⑧ マッチ・ウェルフェアオフィサー及びクラブ・ウェルフェアオフィサーとの連携、調整
⑨ その他、リスペクト、フェアプレーに関する活動

(2) マッチ・ウェルフェアオフィサー(MWO)
① 競技会会場におけるリスペクト精神、フェアプレーの啓発、促進及び暴力、差別等予防活動
② 競技会会場におけるリスペクト、フェアプレーに係る教育活動
③ 上記2項のため、競技会において研修会、講習会の実施
④ 競技会会場における暴力、差別等に関する相談窓口対応
⑤ 競技会会場における暴力、差別事案の対応
⑥ 競技会のリスペクト、フェアプレーに関して、技術委員会、審判委員会、リスペクトフェアプレー委員会、他のウェルフェアオフィサー等との連携
⑦ 競技会のリスペクト、フェアプレーに関して、外部団体との連携

(3) クラブ・ウェルフェアオフィサー(CWO)
① 所属クラブにおけるリスペクト、フェアプレーの啓発、促進及び暴力、差別等予防活動
② 所属クラブにおけるリスペクト、フェアプレーに係る教育活動
③ 上記2項のため、所属クラブ内における研修会、講習会の実施
④ 所属クラブにおける暴力、差別等に関する相談窓口対応
⑤ 所属クラブにおける暴力、差別事案等の対応
⑥ リスペクト、フェアプレーに関し、リスペクトフェアプレー委員会、他のウェルフェアオフィサー、所属クラブの外部団体等との連携

5.業務、義務及び権限

(1) ウェルフェアオフィサーは、その役割を果たすため、次の業務を行う。
① リスペクト、フェアプレーの啓発、促進及び暴力、差別等予防のための組織、体制作り、実施計画の策定
② リスペクト、フェアプレーの啓発、暴力、差別等予防のための講習会、研修会等の開催またキャンペーン活動の実施
③ 関連委員会、団体との会議の開催
④ 発生事案に関して、関係者の面談、事情聴取等による事実把握
⑤ 発生事案に関し、関係者への指導、改善案の提示
⑥ その他、ウェルフェアオフィサーの役割を果たすために必要と考えること

(2) ウェルフェアオフィサーは、次の義務を負う。
① リフレッシュ講習会を含む所定の研修会、講習会に参加し、ウェルフェアオフィサーとしての資質、知識向上に努める。
② 所属の地域、連盟、クラブ及び競技会において、積極的に活動する。
③ 業務遂行上知り得た事実を守秘する。

(3) ウェルフェアオフィサーは、暴力や差別事案について相談・調整・教育活動等の活動を行うが、懲罰は下さない。

6.認定、登録、更新及び派遣

(1) ウェルフェアオフィサーの認定は、次により行う。
① 公益財団法人日本サッカー協会(以下、「JFA」という。)が主催する認定講習会を受講し、ウェルフェアオフィサーの役割を果たせると判断された者が認定される。
② 認定講習会の受講要件は、次のとおりとする。
ア.満25歳以上であること
イ.心身共に健全であること
ウ.禁固以上の刑に処せられていないこと
③ マッチ・ウェルフェアオフィサーについては、競技会を主催するサッカー協会の開催する認定講習会を受講し、その役割を果たせると判断された場合に認定される。
④ クラブ・ウェルオフィサーは、クラブの所属するサッカー協会の開催する認定講習会を受講し、その役割が果たせると判断された場合に認定される。
⑤ ウェルフェアオフィサーの認定者は、JFA会長とする。
⑥ 認定期間は、認定講習会受講日から受講日の翌年12月31日までとする。

(2) ウェルフェアオフィサーは、次によりJFAに登録される。
① 認定されたウェルフェアオフィサーは、認定講習会の主催者がJFAに報告することにより登録される。
② 登録管理は、JFA管理部が行う。
③ 登録料は、無料とする。

(3) ウェルフェアオフィサーは、次により登録更新を行う。
① 毎年1度、JFA等の主催するリフレッシュ講習会を受講する。
② 講習会において、ウェルフェアオフィサーの役割を継続して果たせると判断された者が更新できる。
③ リフレッシュ講習会主催者は、受講者についてJFA管理部に報告する。
④ 更新後の認定期間は、リフレッシュ講習会受講日から受講日の翌年12月31日までとする。

(4) 派遣
 競技会を主催するサッカー協会のウェルフェアオフィサーは、その競技会にマッチ・ウェルフェアオフィサーを派遣する。

7.解任
 ウェルフェアオフィサーは、その役割を果すことができないと判断された場合、法律等に反し起訴された場合、認定を解除される。

健全育成クラブガイドラインチェックリスト

健全育成クラブガイドライン チェックリスト【OFA第4種委員会】
  •  この用紙は、育成年代のクラブが所属選手・保護者・指導者を含む全ての関係者に対して、より安心安全に活動できる環境を整え、健全な運営をめざしているか否かをチェックするものです。クラブの課題を見つけ出し、その解決に取り組みましょう。
     ※各項目の得点《当てはまる:○⇒2点》《やや当てはまる:△⇒1点》《当てはまらない:✕⇒0点》

    A.クラブのフィロソフィー・活動理念・活動目標の設定について
    □01.クラブとしての規約・活動方針・運営方針を文書化して示している。
    □02.クラブの目標・活動方針を指導者・スタッフが共有し、入部希望の選手及び保護者に対して説明責任を果たしている。
    □03.クラブの目標・活動方針を確認する集会は、選手に対して毎年実施している。
    □04.クラブの目標・活動方針を確認する集会は、保護者に対して毎年実施している。
    □05.クラブの目標・活動方針を確認する集会は、指導者・スタッフに対して毎年実施している。

    B.クラブの指導者について
    □06.指導の対象とする選手数は、指導者一人当たり20名以内である。
    □07.JFA公認指導者資格の取得者がいる。
    □08.JFA公認指導者資格C級以上の取得者がいる。
    □09.JFA公認指導者資格B級以上の取得者がいる。
    □10.全員がJFA公認指導者資格の取得者である。
    □11.クラブ内の複数チームを同時に指導できるよう、指導者を確保している。
    □12.資格の有無に関わらず、指導者は年1回以上の研修会に参加している。
    □13.クラブ内の指導者間においては、定期的に研修会・勉強会を実施している。

    C.クラブの審判員について
    □14.JFA公認審判員資格の取得者が2名以上いる。
    □15.JFA公認審判員資格3級以上の取得者がいる。
    □16.選手に対して、定期的にルールの研修会・勉強会を実施している。
    □17.指導者・スタッフに対しては、審判員資格の取得を促し、また配慮している。

    D.暴力根絶、安心・安全対策、リスペクトについて
    □18.指導者・スタッフ全員が暴力根絶宣言をしている。
    □19.クラブとして、暴力根絶宣言をしている。
    □20.指導者・スタッフに対して、非暴力・リスペクトの研修会を実施している。
    □21.選手に対しては、非暴力・リスペクトの研修会を実施している。
    □22.クラブとして、リスペクトプログラムの具体的な活動実績がある。
    □23.クラブウェルフェアオフィサーを配置し、クラブ内に於ける相談窓口の設置や安心安全対策・対応について確認している。
    □24.選手の安全を守るための具体的な方策が決められている。(自然災害・事故への対応基準や緊急連絡網・連絡手順の設定などの危機管理マニュアルの作成)
    □25.遠征などの移動については、事故を想定した緊急対応マニュアルを作成している。
    □26.チームの活動に際しては、事故や災害に備えて傷害保険に加入している。

    E.メディカル・応急処置体制について
    □27.選手・指導者・スタッフの健康リスク(アレルギー・障害など)について把握し、安心安全に活動できるよう配慮している。
    □28.指導者・スタッフは、応急処置の知識と実践力をもっている。
    □29.通常の練習場所において、緊急対応してくれる医療関係機関が決められている。
    □30.AEDを設置し、指導者・スタッフはその研修を受け、また実践できる。
    □31.選手・保護者に向けたAEDの研修会を適宜実施している。
    □32.練習及び試合会場には必要な用具を備えている。また、指導者・スタッフ及び選手は、最寄りのAED設置場所を確認するよう習慣化している。
    □33.メディカル担当者を配置し、メディカルケアを依頼できる地域の医療関係機関と連携している。

    F.保護者への働きかけ及び連携について
    □34.クラブ運営及び試合の応援や選手への関わりなどについては、それを確認する集会を実施している。
    □35.JFA発行ガイドブック「めざせ!ベストサポーター」またはリーフレットなどの資料を配布して、クラブとの関わり方及び選手との接し方などについての集会を実施している。

    G.適正な運営について
    □36.クラブ費徴収額の根拠について開示し、選手・保護者に対して財務報告をしている。
    □37.遠征など多額の費用を伴う行事については、経費試算や予算編成、実施計画を事前に提示し、事業終了後は保護者に対して収支決算報告をしている。
    □38.練習及び試合に参加または移動する際、責任の所在や保護者の協力範囲などについては、年度当初に文書において確認している。
    □39.練習及び試合に参加または移動する際、保護者会や保護者の一部及び当番に一任することなく、指導者・スタッフが把握している。
    □40.クラブ運営や活動は、指導者・スタッフが責任をもつ範囲と保護者への協力を依頼する範囲との区別が明確に示されている。

    H.地域社会との交流及び貢献について
    □41.学校や地域社会における役割や行事を大切にしている。
    □42.普及活動を実施している。(体験会の開催やボランティア協力など)
    □43.社会貢献や地域貢献事業を実施している。(地域交流や地域行事への協力など)

    I.プレーヤーズファーストについて
    □44.選手・保護者の意思によって移籍を希望した場合は、それを尊重している。
    □45.練習及び試合において、全選手に良い刺激を与えられるよう配慮している。
    □46.クラブに所属する全選手には、試合に出場する機会を公平に保証している。
    □47.クラブに所属する全選手には、公式戦に出場する機会を公平に保証している。

    J.その他
    □48.選手・保護者及びクラブ関係者の個人情報については、その保護に努めている。(SNSなどのソフト利用については、適切な指導に取り組んでいる。)
    □49.指導者・スタッフは、活動中の場所における喫煙及び飲酒をしないよう取り組んでいる。
    □50.指導者・スタッフは、行動規範を文書化の上、遵守している。


    チェックリスト振り返りシート【OFA第4種委員会】
    check 合計
    項目数 5 8 4 9 7 2 5 3 4 3 50
    Point                     /100
  • 【自己評価】(めざしている理想のクラブ運営・経営に対する達成度)
    rank  5    4   3   2   1 
    position          
  • 【感想・考察】(今後に向けて)
    •  
    •  
    •  
チェックリスト振り返りシート集約【FC指導者】sample:16  2019/3/13
check 合計
項目数 5 8 4 9 7 2 5 3 4 3 50
Point Ave 83.8 87.1 89.1 63.5 30.4 43.8 73.1 93.8 86.7 66.7 70.8/100
チェックリスト振り返りシート集約【4年保護者】sample:16  2019/3/21
check 合計
項目数 5 8 4 9 7 2 5 3 4 3 50
Point Ave 96.3 94.9 86.7 60.4 45.5 65.6 89.4 91.7 81.3 85.4 77.7/100
チェックリスト振り返りシート集約からフィードバックしたFCの対策
  • 選手・保護者及び指導者が三位一体となって、活動内容を認識するために適宜ベクトル合わせに取り組み、周知徹底を図る。
  • ウィークポイントについては、推進リーダーを立て早期に改善案を策定の上、FCの総力を挙げてその課題解決に取り組む。
  • ストロングポイントについては、今後も積極的に推進する。
    FCの具体的Action (一部を紹介)
    A.クラブのフィロソフィー等 HPクラブ紹介参照    
    B.クラブの指導者について 湯浅代表:公認A級U-12
    HPスタッフ紹介参照
    JFA FOOTBALL CONFERENCE 2019 谷口コーチ
    公認C級+GK C級 
    C.クラブの審判員について HPスタッフ紹介参照    
    D.暴力根絶、安心・安全、
     リスペクトについて
    ウェルフェアーオフィサーGen. 誓約書(代表) 同左(コーチの一部)
    E.メディカル・
     応急処置体制について
    コーチングスタッフ
    10名が購入⇒研修
    医療現場にて活躍中の
    橋本コーチが実技研修を担当
    (近日実施予定)
    F.保護者への働きかけ
     及び連携について
    親子サッカー 卒団式 JFA発行「めざせ!ベストサポーター」
    F.同上 OB戦 【OBの保護者より】
    本日はありがとうございました。
    それぞれの道に進むみんなにとって、
    こんなに素敵な帰る場所はないと思います。
    機会を作っていただき感謝しています。
    坂口 海幸  母 知佳世 (一部抜粋)
    誓約書(事故)
    G.適正な運営について HPクラブ員募集参照 HPレポート参照 法人総会財務報告
    H.地域社会との交流
     及び貢献について
    東日本大震災支援募金 同左(南千里駅) OBの福森選手(大分トリニータ)
    H.同上 クリーン作戦 同左(佐井寺小)
    I.プレーヤーズファースト HPリザルト参照    
    J.その他 誓約書(代表)
    HPプライバシーポリシー参照
    同左(コーチの一部)