代表ブログ

コラム vol.4 【コンプライアンス】 2019/8/20

 『より良い「品質」を追求する事により、お客様の「安全」を確保し、「安心」を提供する事は私達食品販売者にとっての社会的使命です。』これは、某大手スーパーストアの食品商品部門が、従業員に周知徹底しているマニュアルの一部である。

 在職当時、吹田市立教育センター主催の教育研修専門講座を受講していた私は、その一環として、同社において民間企業研修に参加した。2000年の雪印乳業食中毒・異物混入事件以後、数々の食品に関わる事件が起きた為、食品に対する関心や不信感や不安が高まっていた。それに呼応するように、食品安全基本法や牛肉トレーサビリティ法の制定など、生産者や小売業者の守るべき責務や役割は、より質の高いものが義務化された。そのコンプライアンス(法令遵守)確立の為、同社においては、全従業員がこのマニュアルをもとに高い認識をもち、顧客の信頼を勝ち得ていた。やはり、コンプライアンスは、一般市民にとって大きな意味と価値をもつものであると再認識させられた。

 教育公務員にとっては、法令遵守は絶対的なものである。また、大阪府教育委員会や吹田市教育委員会からの通達も然りであり、それに反すれば、当然、社会の信頼は失い、本人のみならず学校や教員、延いては教育関係者や公務員全体の信用失墜に至ってしまうのである。つまり、自分勝手な価値判断は何より禁物であり、コンプライアンスによる社会的信用が生命線である。法令の裏付けがある言動こそが、周囲の人々の後押しを呼び、その信頼関係が強固になる要因であり、子どもたちを通じて保護者や地域との連携を密にし、より開かれた学校教育を推進できるのである。これは、日本国憲法をはじめ、教育基本法、学校教育法、同施行令、同施行規則、学校保健法、教育公務員特例法などの法令や通達をじゅうぶん認識し遵守しているが故、構築できる信頼関係である。決して、自分勝手な思い込みや判断などの甘い考えでできあがる関係ではない。とりわけ公務員は、民間会社員以上にコンプライアンスを認識し実践する堅い決意を持たなければならないのである。

 また、日本サッカー協会(JFA)技術部は指導者養成グループが中心となって、サッカー界における暴力・暴言、ハラスメントの根絶を目指し、様々な取り組みの一環として、今年度より登録指導者の皆様向けに、KICKOFF上で閲覧できる学習コンテンツ(eラーニング)の設置をスタートさせ、本日、その最新版の案内が届いた。JFAはコンプライアンスを徹底させることを目的に、登録する全指導者に対して、このコンテンツの積極的な活用を促している。

 さて、当FCに目を移して見よう。当FCはNPO法人として、定款の基に組織運営を図っている。その目的には『健全な青少年の育成』が掲げられ、コーチングスタッフ(指導者)は無論のこと、正会員の皆様は準会員である子どもたちの心身を健全に育成させるべく、FCの活動には積極的に関わられている。指導者はJFA主催のコーチングライセンス取得の上、種々の研修会受講により自身のスキルアップに努めている。さらに、FC内に於いては指導者間の包括的なベクトル合わせに取り組んでいる。

 当FCには、いわゆる『保護者のお当番制』はない。強制的に割り振られたネガティブな活動は組織を脆弱化しかねない。見られるのは試合に関する連絡やアシスタント、練習時や試合時のアクセス、佐井寺小や千里たけみ小周辺のクリーン作戦など、ポジティブに活動されている正会員の姿である。これは、定款という言わば当法人の約束事を遵守しようと取り組んでおられる一コマである。それが、準会員である選手の励みになり、安全や安心につながっていく。紛れもなく正会員のコンプライアンスが健全な青少年を育成し、延いては当法人が更に成長発展していくのである。
 NPO法人はボランティア組織である。当法人の正会員の皆様は、コーチングスタッフとの協働により今後も法人会員としてのプライドをもって活動されるものと信じて止まない。コンプライアンス尊重の強い意志とともに…。

コラム vol.3 【宥坐の器】 2019/7/20

 古代中国、『魯』の国を治めた皇帝『桓公』の朝廷には不思議な器があった。中が空の時は傾き、水を程良く注ぐとまっすぐ立つ。さらに溢れるほど満たすと再び傾いた。桓公はその器を常に傍らに置き、謙虚な心を忘れないよう自らの戒めにした。権力者が身辺に置くこのような道具を『宥坐の器』という。

 仕える主人に慎みのある振る舞いを促し、時に応じて耳の痛い進言をするのは、生ける『宥坐の器』、つまり側近の役目であろう。これは、如何なる組織にも共通することである。力強いリーダーに、知恵袋の参謀がサポートすれば、鬼に金棒。その課題は、必ずや解決に向かうものである。

 1997年、日本代表が初出場したフランスW杯のアジア最終予選。監督更迭の後を受けた『岡田 武史』新監督の参謀は『小野 剛』氏であった。当方が、関西選抜を率いてJFA少年選抜研修会(その後ナショナルトレセンU-12に改編、現FFP)に参加していた数年間、同氏にはたいへんお世話になった。地域代表者会議においては、関西代表である当方の言い放つ無理難題に対しても同氏は冷静沈着・理路整然と回答された。そして、オープン間もないJヴィレッジの天然ピッチ上を、子ども以上に傍若無人にはしゃぎながらサッカーに興じる多数の関西指導者に対しても、落ち着いたご指摘により目から鱗を落とさせて頂いた。
 また、現在、その参加は公認指導者のリフレッシュ研修会となっているが、当時は自主研修とされていた。それにも関わらず、関西からの参加者は比類無いほど多数であった。彼らは、自主的にレポートの編集とVTR(撮影から編集まで)を担当し、関西に持ち帰った。ここでも、関西トレセンを率いる当方を支えて頂いたH県FAのM氏には、今も感謝に絶えない。

 さて、当FCに目を転じよう。在職当時、公務に追われ、練習や試合の指導が行き届かない当方を支え、クラブを含めた法人運営に主体的に取り組んで頂いた会員諸氏諸姉には、今も心より深く感謝するとともに、懐かしく思えてならない。今後益々、FC選手の活躍の場が大きく展開されていくことであろう。その場づくりについて、参謀の役員諸氏諸姉とじっくりと相談することにしよう。宥坐の器に耳を傾けながら…。

    コラム vol.2 【一流選手と社会貢献】 2019/6/20

     NFL(アメリカ・ナショナル・フットボール・リーグ)のスタープレイヤー『パット・ティルマン(元セントルイス・カージナルス)』が、巨額の契約金を断り、陸軍レインジャー部隊に入隊した。その後、アフガニスタンにおいて27歳で戦死した彼に、アメリカ国民は心から賞賛と尊敬を送った。

     母国における彼は、極めて多くの才能に恵まれていた。卒業が難しいアメリカの大学(アリゾナ州立大学)を最優秀で卒業した。哲学や討論が好きであった。けんかの巻き添えになった友人を守ってその相手を殴り、訴追された経験もあった。伝統のローズボール出場も果たしていた。
     カージナルス入団後も活躍した彼には、2002年から3年で360万ドルの契約が提示された。だが、その更新を断り、年収1万7千ドル余りのレインジャー部隊に入隊し、アフガニスタン行きを志願した。
     そのニュースを知ったファンは、一様に「信じられない・・・?」と嘆いた。しかし、彼はこう答えた。「誰も俺を止められない!」
    日曜日(試合当日)のスターは、チアリーダーやファンやリポーターに囲まれているはずだった。だが、その前夜は1泊200ドルのホテルで夢の中だった。では、なぜ。学生の頃から「社会貢献をし、人々を助けたい。」と語っていた彼は、2001年9月11日朝、TVの中の大惨事を目にした。世界貿易センタービルに旅客機が突っ込むという、前代未聞の犯行に及んだと声明出した首謀者が潜むとされるアフガニスタン行きを決意した。そして、図らずも待ち伏せに合った部隊の先陣を切り、彼は敵に向かって突撃したという。
     自分の夢と引き替えに、母国アメリカに貢献しようとした彼は、志半ばで27歳の短い生涯を閉じたが、大学とカージナルスは徹夜の追悼式を行った。さらに、カージナルスは新スタジアムの広場に彼の名を付けたという。

     さて、去る6月16日(日)早朝、当FCの選手たちが多数在籍する校区に位置する千里山交番の巡査が刺され、拳銃を奪われるという凶悪事件が発生した。大阪でも最も治安のいい地区だが、翌朝の容疑者逮捕まで住民は恐怖に慄いた。被害に遭われた巡査は、高校時代にはラグビーの佐賀県代表として全国大会に出場経験を持つという。大学でもラグビーを続け、一度は民間企業へ就職したが、「人のお役に立ちたい」という子どもの頃からの夢が捨てられず、大阪府警に応募したそうである。採用された後、今春から千里山に配属されたという。住民の評判は良く、信頼されていたと聞く。そのような熱い思いと未来ある若者が意識不明の重体との状況であることは甚だ気の毒であり、一日も早く回復されるよう心より祈りたい。その惨事をわがこととして、係る交番を校区に持つ千里第二小学校では巡査の回復を祈念する気持ちから、子どもたちが千羽鶴を折っているという。それこそが身の危険と隣り合わせの警官としての自分を納得させ、地域住民を安心させ、住民は心から感謝するという信頼関係であろう。

     喩えは少々無理があり迷惑かもしれないが、現在フランスにおいて開催中の女子World-cup参加のなでしこジャパンやブラジルにおいて開催中の南米選手権参加の日本代表若手チームには自身のためのみならず、日本国民に対する『社会貢献意識』をお願いしたいと切望する。今大会に於ける健闘が自信となり、よりレベルアップしたチームとなって、地元開催の『2020東京オリンピック』での好成績に繋がることを心より願う。

    コラム vol.1 【不条理なスポーツ】 2019/5/20

     サッカーがアメリカ合衆国でスポーツの主流になれない理由は、強い者が正当に勝てないからだという。アメリカンフットボールやバスケットボールのように強い者が力で勝つことを好むアメリカ人には、サッカーは「不条理なものであって、ルールのどこかが間違っている。」と見えるらしい。

     スポーツライターの『後藤 健生』氏は著書において、そう分析している。

     確かに、足でボールを操ると、目から遠い分だけ、またボールを全体の視野の中に入れにくい分だけミスが発生しやすい。そして、ボールのみに目を奪われると相手の選手は自由になり、思うようにプレーしてしまう。だから、得点しにくいし、格下のチームであっても必死に守りきって失点をなくすことができる。さらに、ラッキーも手伝えば、ワンチャンスで得点し勝つことが可能である。なるほど・・・。

     昨夏、熱戦が続いたW杯ロシア大会に於ける結果は如何であろうか?決勝トーナメント進出のベスト16には、優勝したフランスを筆頭に、クロアチア、ベルギー、イングランド、ウルグアイ、ブラジル、スウェーデン、開催国ロシア、アルゼンチン、スペインなど優勝経験をもつ世界トップクラスの6カ国が勝ち上がった。さらに、ポルトガルはEURO優勝の実績をもち、スイスはヨーロッパ予選トップ通過である。いわば、下馬評通りの結果と考えられ、2002年W杯のようなサプライズは見られず、日本もその例外ではなくアジアチャンピオンとしての実力を発揮した。ならば、いわゆる「不条理なスポーツである。」という考えを少しは転換させることが可能かも知れない。

     さて、当FCの5年生チームであるが、昨年度2月のスポーツ・デポカップ大阪府少年サッカー大会に於いては、ありがたいことに優勝候補の端くれに数えて頂いていたようだったが、HPリザルトにも報告したとおり、残念ながらベスト8にとどまった。確かにシュート数は多く、被シュート数は少なかった。ボールポゼッションも多少は上回っていた。しかし、0-1という結果は、明らかに力不足を露呈してしまった。フィニッシュの精度やタイミングなど選手個々の課題は勿論のこと、選手全員の試合に対するモチベーションやボール及びゴールに対する執念、選手間の連動性などが不足していたと考えられ、私の指導にも甘さがあったのかも知れない。優勝されたAVANTI茨木FCのみなさんには敬意を表するとともに、何か及ばない点があったのであろう。もはや世界最高峰のW杯のみならず、小学生の大阪府大会レベルに於いてもサッカーが「不条理なスポーツ」ではないことは明らかであり、当FC関係者全員がそれを再認識できたに違いない。練習は試合からのフィードバック、試合では練習どおりのプレーなど、理論と実践を調和させてはじめて好成績を残すことができ、たとえ敗退しても選手たちは納得できることであろう。練習でミスが続くプレーは、試合中に突然変異することなどありえない。そして、この理論と実践を如何に具現化し前向きに取り組んでいくかが、今後の課題となる。公式戦におけるリベンジに向かってステップアップしていく選手たちに期待したい。