リザルト2019年度後期

2019年12月

  • 2年【12/8(日)長岡京SS・cup 長岡京スポーツセンターG】谷口、山名
  •  
  • 4年【12/8(日)U-10リーグ公式戦2巡目 たけみ小】古賀、佐藤、木村
  •  
  • 5年【12/8(日)AVANTI枚方FC・TM 万博記念公園総合G⑦】湯浅、西田
  •  
  • 1年【12/7(土)アスリーナcup 歌島公園G】山下
  •  
  • 2年【12/7(土)ひじりSC・TM 東丘小】久米
  •  
  • 3年【12/7(土)FC・TM たけみ小】橋本
  •  
  • 4年【12/7(土)ひじりSC・TM 北丘小】古賀、佐藤、木村
  •  
  • 5年【12/7(土)ライオンズ杯 服部緑地人工芝G】湯浅、西田
  •  
  • 4年【12/1(日)U-10リーグ公式戦2巡目 たけみ小】谷口、山名
  • ①FC 0-6 高槻南AFC
    ②FC 1-5 山田くらぶ【20'小野彰大(松村)】
    テーマ:スペースを作ってスペースを使う。跳ね返す。
    止める・運ぶ・蹴るのミスが多く簡単にボールを失い、プレスに行かずシュートを打たしてしまっています。テーマを実践する前に声を出してコーチングする事も大事です。平日の練習から止める・運ぶ・蹴るを真剣に取り組みましょう。(谷口)
  • 5・【12/1(日)チビリンピック三島地区予選 OFA万博人工芝G】湯浅、西田、石崎
  • ①FC 1-1(2PK3) 玉川学園FC【34'高瀬(木村)、PK:木村、高瀬】
    テーマ:公式戦を勝ち抜く。
    ①第一ピリオド、第二ピリオドとも厳しい攻めを跳ね返し、粘り強く守り切った結果、狙い通り無失点で終えました。勝負の第三ピリオドのコートチェンジ直後に痛恨の失点しましたが、気持ちを切り替えて攻めに転じました。残り2分、中央突破から待望の同点ゴールをゲット、その後も相手守備を崩しましたが、惜しくも逆転勝利には至らず、PK戦で涙を飲みました。失点後の気迫に満ちたチーム一丸のプレーを自信にして、小学生大会を勝ち抜きましょう。(湯浅)

2019年11月

  • 2年【11/30(土)JFAフットサルフェスティバル J-GREEN】谷口、山名
  • ①FC 6-0 マンチェスターシティ【1'菅原、3'山下、5'菅原、8'菅原(西岡)、10'西岡、10'森川】
    ②FC 5-0 中百舌鳥SC【2'森川(西岡)、4'西岡(佐々木)、5'佐々木、7'山下(西岡)、9'佐々木】
    ③FC 10-0 レアルマドリード【1'西岡(森川)、2'佐々木、3'西岡(森川)、4'佐々木、4'森川、4'西岡、6'森川、7'菅原(佐々木)、8'佐々木、10'森川】
    ④FC 0-2 TIME DE AMIGOS
    ⑤FC 7-0 NSC【1'佐々木、3'佐々木、4'佐々木、4'西林(西岡)、6'西林(西岡)、8'西岡、10'西岡】
    テーマ:ガンガンプレスをする。スペースへパスを出す。
    ④強い相手では、プレスをかけるのが遅かったため、カウンターで得点をされました。フットサルのような攻守の切り替えの早い試合では取られたら、自分で取り返す意識を強く持って試合へ取り組みましょう。普段の試合にも役立ったはずです。スペースへのパスは随所に出来ていました。(山名)
  • 3年【11/30(土)JFAフットサルフェスティバル J-GREEN】橋本、片山
  • ①FC0-1八尾大正FC
    ②FC4-0マジョルカ【3'満生 5'満生 7'加納(山本) 8'加納】
    ③FC0-0光明台少年SC・B
    ④FC6-0光明台少年SC・A【1'橋本 3'橋本 5'満生 5'橋本 7'西村 9'加納】
    ⑤FC5-0バルセロナ【1'西村(平田) 2'平田 5'平田(西村) 10'橋本 10'橋本(片山剛志)】 結果→3勝1敗1分
    テーマ:1.シュートで終わる。 2.素早くプレスをかける。
    ①いつものサッカーとはコートの大きさやルールなどが違うフットサルだった為、戸惑いがあり、接戦でしたが敗戦となりました。
    ②~⑤引き分けを挟みますが、テーマ2をチームとして実践した事で無失点に抑えれた事はとても良かったと思います。全ての試合で両テーマを選手全員が意識、実践出来ていたと思います。
    お昼休憩後にはFリーグ「シュライカー大阪」の選手達によるテクニッククリニックが1時間程あり、FC選手達もとても良い経験をさせて頂きました。午後からの試合では、その時に学んだテクニックを試合の中で多くの選手がチャレンジしていました。貪欲にチャレンジした結果、午後の2試合は沢山得点出来ました。本日教わったテクニックを「サッカー」でも活かせる場面が必ずあります。本日の経験を次の試合へ向けて、選手各々が考えてチャレンジに期待します。(橋本)
  • 4年【11/30(土)U-10リーグ公式戦2巡目 たけみ小】佐藤、古賀、木村
  • ①FC 1-1 安満SC【7'濱田(-)】
    ②FC 2-1 山田くらぶ【2'古賀(-)、6'井戸(松村)】
    ③FC 0-1 山田くらぶ
    テーマ:1.スペースを使ってパスで連携する。2.相手に競り負けない。⇒2ndの底上げによりチーム力を高める。
    ①前半1st、テーマを意識し、スペースを活かすべくトライはしたものの、全体的にコーチングが足りず、得点に結びつけることができませんでした。逆に守備の隙をつかれ失点しました。後半2nd、スペースの意識はまだまだですが、テーマ通り、競り合いに負けず、特に、前線でのプレスにより得点に繋げ、なんとか引き分けで終えました。
    ②前半1st、テーマを再度確認し、試合に挑んだ結果、スペースの意識に加え、コーチングが活かされ、得点に繋げました。後半2nd、全体的にボールウォッチャーになり、単調な攻めから得点出来ず、マークのズレから失点しました。
    ③前半1st、パスで連携し、シュートまで持ち込むチャンスは多々ありましたが、決定力に欠けました。後半2nd、プレスの意識は継続していましたが、サイドから崩され、失点に繋がりました。
    ⇒4年生の2ndメンバーは、1stメンバーと比べ、まだまだ差を感じます。特に、スペースを使う意識とそれを活かすためのコーチングが課題です。日々の練習から心掛けましょう。(佐藤)
  • 5年【11/30(土)小学生大会三島地区予選 玉川小】西田、石崎
  • ①FC 2-1 沢池FC【17'高瀬(FK)、18'高瀬(片山)】
    ②FC 2-0 玉川FC【1'木村(高瀬)、9'佐々木】
    テーマ:予選リーグを1位通過する。
    ①前半で2点先取して優位に進められると思った直後、前半のラストプレーとなるコーナーキックから失点しました。クリアが小さく、ボールへの寄せが甘いためでした。これにより相手の勢いが戻り、後半は決定的なピンチが2回あり、逆転を許していた可能性もありました。チャンスに思い切ってシュートを打てなかったことも自分達を苦しめる要因です。
    ②気持ちを入れ直して挑みましたが、またもや2点先取したことでプレーが緩くなり、戦う姿勢が見られませんでした。結果、最初の2点だけで追加点は奪えず、全員出場出来たことが唯一の収穫です。
    ⇒先週の予選初戦での出来からすると今日は2・3割だったでしょうか?集合時の挨拶から試合中の戦う姿勢、ベンチでの声出しといったことが全く別のチームのようでした。やっぱりこのチームはメンタル面が勝負に大きく影響してます。明日は集合時からみんなが気合いの入った姿勢であることを期待します!(西田)
  • 1年【11/24(日)緑丘オータムcup 伊丹・緑丘小】《準優勝》《MVP:梨木太智》山下、久米
  • ①FC 8-0 伊丹南SC【2'梨木、3'梨木、7'片山、9'村上(梨木)、18'肌勢、20'肌勢、23'村上(肌勢)、24'肌勢】
    ②FC 5-0 有岡FC【8'樋口、11'肌勢、15'片山、19'梨木(村上)、24'片山】《予選リーグ1位⇒決勝進出》
    ③FC 2-2(2PK3) 稲野JFC【3'半田、6'肌勢】
    テーマ:がんがんいく。みんなで協力する。
    今回の試合は、前回のコパ秦野での反省点も踏まえて、チーム一体となることに重点を置きました。それは、選手たちがバラバラに動くのではなく、みんなで協力することが、自分たちの望む結果に繋がっていたからです。実際に、今日の試合ではどの試合もピッチに立っていた選手全員がボールを追いかけ、抜かれても諦めず追いかけていました。ただ、試合前や試合後の選手たちの行動は、まだまだチーム一体となっているとは言えません。もう少しそれぞれが考えて行動できるようになれば、チーム全体でさらに良い結果に繋がると思います。(久米)
  • 2年【11/24(日)FC・TM たけみ小】園田、谷口
  • ①FC 3-0 高槻桜台FC【5'山下、16'森川、13'森川】
    ②FC 5-0 高槻FC【3'西林、5'佐々木、12'尾崎(後東)、19'後東(白澤)、21'森川】
    ③FC 2-0 1.fc.minoh【2'森川(西林)、 '西林】
    テーマ:⑴スペースにパスを出す。⑵ガンガンプレスに行く。
    パスを出す時に相手選手にボールをあててしまいカウンターになり危ない場面がありましたが、諦めずに戻ってのプレスで失点を防げていましたのでこれからも継続しましょう。得点が決まる時はサイドのスペースを使い良い形で得点出来ているのでこれからも継続しましょう。また、苦手な脚がもっと使えたらサッカーの幅が広がるでしょう。そのためには、平日の練習からもっと取り組んで欲しいと感じております。(谷口)
  • 3年【11/24(日)FC・TM たけみ小】片山、橋本
  • ①FC 1-0 西大冠FC【12'福山(西村)】
    ②FC 3-0 高槻FC【6'西村(福山)、15'福山、18'西村】
    ③FC 8-0 玉川FC【3'片山剛志、5'満生、10'片山剛志、13'片山剛志(福山)、15'福山、19'片山剛志、22'濱田(橋本FK)、24'満生】
    テーマ:スペースを広く使う。シュートを打たせないように早くプレスをする。⇒コーチングによりチーム全員でテーマを実践する。
    ①フィールドプレーヤーもベンチの選手も全員でコーチングし、テーマを実践することができました。
    ②スペースへパスを出して、コートを広く使うことができました。ただシュートチャンスを逃すなど細かいミスがありました。
    ③相手のペースに合わせて団子になり、スペースを広く使うことができませんでした。得点を重ねましたが、その分丁寧さに欠けて雑なプレーが多く見られました。
    ⇒自分たちが決めたテーマを全試合実践できるように、最後まで集中して試合に臨みましょう。苦手なポジションでも日々の練習の成果を試合でチャレンジするようにしましょう。(片山)
  • 4年【11/24(日)FC・TM たけみ小】佐藤、木村
  • ①FC 0-2 1.fc.minoh
    ②FC 3-0 高槻桜台FC【1'山田(-)、14'小野瑛大(-)16'小野彰大(-)】
    ③FC 1-1 新田南FC 【22'小野彰大(-)】
    テーマ:1.しっかりプレスをかける。2.シュートで終わる。
    ①全体的に弱いプレスにより、ボールを奪取出来ず、また、ボールウォッチャーにより、プレー全体も慌てた対応が多く見られ、マイボールの時間を確保出来ない時間が続きました。後半も改善出来ず、失点を許しました。
    ②テーマを再度確認し、試合に挑んだ結果、前線からの粘り強いプレスを活かし、得点に繋げました。
    ③試合序盤に中盤のプレスの甘さを突かれ、失点しました。ただ、しっかり切り替え、テーマを徹底したことで、得点に繋げることが出来ました。
    ⇒4年生の2ndメンバーは、1stメンバーと比べ、まだまだ差を感じます。本日は「本気」でプレーできましたか?自分自身を振り返ってみて、自信を持ってやり切ったと言えるプレーを続けなければ成長に繋がりません。日々の練習から心掛けましょう。(佐藤)
  • 5年【11/24(日)小学生大会三島地区予選 高槻小】西田、石崎
  • ①FC 0-0 レオ1st
    テーマ:ハッキリしたプレーをやり続けて、勝利する
    無理にポゼッションを狙わず、スペースへ向けてボールを出すことを確認して試合に挑みました。守備面での全員の集中したプレーは素晴らしく、ピンチらしいピンチはありませんでした。攻撃面ではスペースへしっかり出せていましたが、最後のところで思い切りと工夫が足りませんでした。
    集合時の挨拶から試合終了まで、みんなの集中力が途切れず、高いモチベーションであったことは充分評価できます。おそらくここ数ヶ月で一番の試合でした。しかし、引き分けてしまったため、残りの試合は連勝が必須です。来週へ向けて全員のさらなる真剣な取組みに期待します。(西田)
  • 4年【11/23(土)~24(日)泉佐野市小学生親善大会 南部公園人工芝】《準優勝》《優秀選手:松原晃大》湯浅、山名
  • 《初日》予選リーグ
    ① FC 7-0 末広FC【6'古賀(西永)、8'古賀(松原)、9'森田(-)、10'井戸(古賀)、11'井戸(-)、12'西永(-)、16'古賀(-)】
    ② FC 3-0 HEAT FC【8'松原(-)、26'藤岡(-)、26'井戸(-)】
    ③ FC 1-0 泉南FC【11'森田(藤井)】⇒《Cブロック1位》⇒《決勝トーナメント進出》
    テーマ:選手個々のレベルアップに取り組む。⑴守備:ハイプレッシング、⑵攻撃:スペースを作る。スペースを使う。
    ①先取点をゲット後、選手の動きが良くなり、テーマに迫る事ができました。
    ②厳しい試合内容でしたが、粘り強く戦った結果、終盤に押し切る事ができました。
    ③先の試合よりも余裕があったにも関わらず、足を止めたプレーが連続した結果、最少得点に終わりました。
    ⇒全員がテーマを理解しているとはいえないチーム状態でしたが、無失点で全勝できたことは自信になったことでしょう。明日も頑張りましょう。(湯浅)
    《翌日》決勝トーナメント
    ① FC 2-1 グラシオンFC【2'西永(森田)、4'森田(井戸)】
    ② FC 0-0(3PK2) 大阪狭山FC【西永、森田、井戸】
    ③ FC 1-3 莵道(宇治)【17'藤井(-)】
    テーマ:選手個々のレベルアップを更に進める。⇒視野を広め、良い判断とコーチングにより、昨日の⑴⑵に取り組む。
    ①先取点及び追加点をゲット後、反って選手の動きが悪くなり、呆気なく失点しました。
    ②厳しい試合内容でしたが、粘り強く戦った結果、PK戦を制する事ができました。本大会に於けるベストマッチでした。
    ③準備・W-up・約束事などを自分たちで取り組みました。マッチアップのズレから2分に失点しましたが、修正後は数回にわたって得点チャンスを作り、自分たちのペースになりました。後半早々、基本的なテクニカルミスにより追加点を献上しましたが、サイドを崩した見事な攻撃からすぐに得点し反撃開始。その後も何度かの得点チャンスを逸した後、オウンゴールにより残念な結果となりました。
    ⇒①②の厳しい試合を勝ち抜いた事は、昨日より一層テーマを理解した選手が増えたと考えられます。今後も自立した姿を見せて欲しいものです。(湯浅)
  • 4年【11/23(土)セルジオサッカークリニック J-GREEN】佐藤、木村
  • 《吹田千里FC ⇒リーグ3位》
    ①FC 2-0 友渕少年SC【1'濱田(-)、3'濱田(GK蒲原)】
    ②FC 0-1 古市JSC
    ③FC 0-0 浜寺昭和JSC
    ④FC 2-0 OSAKASAYAMA ESC Selecao【2'濱田(木村)、9'濱田(小野彰大)】
    ⑤FC 3-0 桃ノ木台FC【5'小野彰大(-)、9'小野瑛大(-)、10'小野瑛大(-)】
    《南千里FC ⇒リーグ4位》
    ①FC 1-0 玉手FC【3'藤川(-)】
    ②FC 0-1 東奈良FC
    ③FC 0-2 マトリックスFC
    ④FC 0-0 羽曳野古市FC
    ⑤FC 2-0 浜寺昭和FC【2'佐藤(-)、7'山田(-)】
    《吹田千里FC》
    テーマ:1.コーチングする。2.シュートで終わる。
    ①序盤に先制点を決めて優位に試合を進めました。
    ②ディフェンスラインが前のめりになった隙を突かれ、得点を決められ、挽回できませんでした。
    ③ラインを押し上げましたが、決定機に得点を決めきれず、無得点引き分けとなりました。
    ④3試合を振り返り、ポジションを皆で相談して決めました。コーチングも声が出て、雰囲気も上がりました。
    ⑤ポジションも落ち着き、各自が役割を果たして、得点に繋がりました。
    ⇒5人制フットサルコートということで勝手の違いに戸惑いがあり、時間は掛かりましたが修正することができたと思います。試合の状況、コンディションは毎回変わります。変化にいち早く順応することも大切です。各選手が自分の中で試合毎に目標を持って、試合後に目標に対して出来た出来なかったを考えましょう。(木村)
    《南千里FC》
    テーマ:1.攻守の切り替えをしっかりする。2.シュートで終わる。
    ①テーマを守り、シュートを意識した事で得点に繋げました。守備に於いては、相手チームのプレスの弱さに助けられました。
    ②③④狭いコートに於いて、より必要とされるテーマ1.攻守の切り替えに課題のある試合展開でした。全体的に相手チームと比べ、運動量が劣り、また、ボールウォッチャーになることで、裏をとられ失点に至りました。
    ⑤テーマを再確認し、実践したことにより、集中した試合運びから、勝ちきることが出来ました。
    ⇒ただプレーするのではなく、テーマに対して、自身はどうプレーするのか。結果、出来はどうなのか。どの練習で課題を克服するのか。常に意識していなければ、成長に繋がりません。日々の練習から心掛けましょう。(佐藤)
  • 5年【11/23(土)如桜cup 如是小】《下位トーナメント優勝》《優秀選手:西田陽祐》西田、石崎
  • ①FC 0-2 フォレスト京都
    ②FC 1-0 KSS【16'木村(高瀬)】
    ③FC 0-1 高槻桜台A⇒《予選リーグ:3位、下位トーナメントへ》
    ④FC 3-1 和泉市FC【8'中島(PK)、14'中島(阿辺)、16'寺岡(高瀬)】
    ⑤FC 0-0(5PK4) KSS【森、沢田、阿辺、寺岡、片山】
    テーマ:攻守の決め事をやりきる
    ①相手のプレスが強くなると全くポゼッションできませんでした。原因は周りのコーチングがない、周りを見れてないことで、プレースピードが遅いためです。
    ②プレスが弱くなったため、ポゼッションで優位に進めましたが、弱気なプレーでの決定力不足により1得点のみに終わりました。
    ③またも初戦と同じことを繰り返しましたが、後半にポゼッションの意識を高めてチャレンジした結果、改善されました。しかし決定機を逃したたため、無得点で終わりました。
    ④まだまだ判断速度が遅いため自分達でゲームをコントロールするまではできませんでした。判断できないために動けないことも多く、自分達でチャンスを逃している印象です。
    ⑤再戦でしたが、守備面ではしっかりと対応できましたが、攻撃面でのチャレンジが少なく無失点で終えました。PK戦は1人目からサドンデスでしたが、普段蹴らないメンバーが全員しっかり決めて、GKのセーブにて勝ちきることができました。蹴ったメンバーはいい経験になりましたね。
    ⇒まだまだ判断スピードが遅く、しっかりプレスをかけてくる相手になると全くボールが回せません。練習から常に判断スピードを速めることを意識していきましょう。守備面では縦を切ってから粘り強い守りができています。全員が同じ意識を持って継続していきましょう!
    いよいよ大事な公式戦です。悔いの無いように全員が真剣に取組み、結果を求めましょう!(西田)
  • 2年【11/17(日)コパ秦野 猪名川河川敷G】《準優勝》谷口、山名
  • ①FC 4-0 さなえ【2'森川、10'西林、13'尾崎(森川)、15'尾崎】
    ②FC 3-2 秦野B【18'尾崎(西林)、20'後東、28'尾崎(森川)】
    ③FC 0-4 吹田南
    テーマ:今回も引き続き同様のテーマの継続で、⑴スペースにパスを出す。⑵ガンガンプレスに行く。
    クリアボールや良いリズムで攻撃している時に相手にボールを取られ、その後のプレスが遅くカウンターから失点してしまっています。スペースを使いサイドから良い形で得点出来ているのでこれからも継続しましょう。また、苦手な脚がもっと使えたらサッカーの幅が広がるでしょう。そのためには、平日の練習から得意な脚の3倍は本気で練習に取り組んで欲しいと感じました。(谷口)
  • 1年【11/16(土)コパ秦野 猪名川河川敷G】《優勝》山下、久米
    • ①FC 4-0 秦野FC【1'肌勢、4'肌勢、13'光原、18'樋口】
      ②FC 2-1 尼崎南SC【10'肌勢、13'石矢】
      ③FC 0-1 吹田南FC《予選リーグ⇒2勝1敗》
      ④FC 2-1 吹田南FC【11'樋口(肌勢)、19'肌勢】《決勝》
      テーマ:がんがんいく⇒優勝を目指す。
      全試合を通して、コートが広いため多くの選手がボールウォッチャーになっていることがありました。ボールだけを見るのではなく、味方と相手選手、そしてスペースを見つけるようにすれば、もっと普段の練習の成果が出せると思います。普段の練習からそういった部分も心掛けるようにしていきましょう。(久米)
  • 3年【11/16(土)コパ秦野 猪名川河川敷G】《第3位》橋本、片山
  • ①FC 10-0 とよのJFC【1'福山 4'福山 17'福山 18'満生 20'満生 22'満生 23'福山 24'山本 27'満生 30'橋本】
    ②FC 0-0(2PK3) 秦野FC-A
    ③FC4-1秦野FC-B【8'福山14'福山 23'山本 27'福山(CK片山剛志)】《3位決定戦》
    テーマ:1.攻撃はスペースにパスを出す。2.守備は一人一人が素早くプレスをかける。
    全試合を通してテーマの意識を全員が持っていた事は明らかでした。しかし、サッカー選手として試合へ向けての準備が出来ていなかった事が本日の結果に表れています。また、チーム全体で試合中にコーチングが無い。攻撃時せっかくスペースへ顔を出せてるのに「呼ばない」為にパスが出てこない。守備時では「声かけ」が無い為に組織的守備が出来てない。サッカーはチームスポーツです。チーム全員で「コーチング=助け合い」の気持ちを共有して今後の試合へ臨みましょう。浮き球をただ蹴り返すのではなく、ファーストタッチでまずコントロールしてマイボールにする→素早く次のプレーへ移す。日頃の練習でも試合へのヒントが必ずあります。「何となく」練習するのか、「試合を意識」して取り組むのか、そこには大きな違いがあります。今、本当に全員がレベルアップしています。準備など「意識改革」を本気で取り組んで行きましょう。(橋本)
  • 4年【11/16(土)FC・TM たけみ小】佐藤、木村
  • ① FC 4-1 高槻南AFC【5'仙田、21'濱田、25'仙田、26'山田(木村)】
    ② FC 2-1 吹田南FC【8'花田、17'山田(花田)】
    ③ FC 2-2 高槻南AFC【5'松村、15'山田】
    ④ FC 0-0 吹田南FC
    テーマ:⑴コーチング、⑵「枠の中を狙った」シュートで終わる
    ⑴コーチングは特定の選手のみ聞こえてきました。高学年ですので、盛り上げる・応援するばかりではなく、選手同士の具体的な戦術上の意思疎通ができるよう練習時から声を出してコミュニケーションを取りましょう。
    ⑵シュートも威力も弱く、コースもまだまだです。落ち着いて、シュートかパスにするか判断して枠の中を狙いましょう。
    4試合通じて、ポゼッションでパスを回し相手を崩す形がまだまだ遠いことがわかりました。ただ、ワンポイントのアドバイスで見える形で修正できた部分もあり、少し意識することですぐに改善もできます。試合間の合間でポゼッションの練習をしたことを思い出し意識して来週の平日練習からスキルアップしましょう。(木村)
  • 5・【11/16(土)ライオンズ杯 桑原人工芝】西田、石崎
  • ①FC 3-0 TomFC【3'佐々木(PK)、7'港、30'高瀬(PK)】
    ②FC 4-1 玉櫛JSC【3'清原(佐々木CK)、11'清原、23'高瀬、34'西田(高瀬CK)】
    テーマ:スペースを作る動き、スペースに入る動きを意識して、ポゼッションを高める
    ①②しっかりと自分達でボールを保持して進めることができるようになってきました。短いパスとコーナー付近への縦パスをうまく混ぜながら攻めれた時には、いい結果が出ています。しかし改善点もまだ多く、⑴相手のプレスが緩くなるとみんなが自分勝手なプレーになり、ボールロストする。⑵不用意な横パスから相手のカウンターを受ける。⑶ボールを受ける前に周りを見れていないため、相手のプレスにドタバタする。などです。ポゼッションは少しずつ向上していますが、反面1対1でのディフェンスがおろそかになり、簡単に抜かれすぎです。まずは1対1で責任を持って対応していきましょう。(西田)
  • 2年【11/10(日)太田JFC杯 西河原小】《2位トーナメント1位》《優秀選手賞:尾崎秀一郎、努力賞:西岡龍之介》谷口、山名
  • ①FC 1-2 ダックSC【5'佐々木】
    ②FC 13-0 FC玉島【4'後東、8'白澤(西岡)、9'尾崎、9'菅原(西岡)、11'西林逢人、15'後東、18'西林逢人、21'阿瀬、24'後東、25'阿瀬、28'佐々木、28'佐々木、30'西林想真】⇒Dグループ 2位
    ③FC 4-1 山田くらぶ【8'山下(西岡)、14'佐々木、14'後東(佐々木)、17'後東】
    ④FC 2-0 箕面豊北JSC【23'尾崎、25'尾崎】⇒2位トーナメント 1位
    テーマ:前回に引き続き同様のテーマの継続 1.スペースにパスを出す。2.ガンガンプレスに行く。
    コートが広いのにボールウォッチャーになりボールに選手が集まった結果、スペースに出たパスもチャンスに繋がらない場面がありました。また、オフサイドでチャンスを潰す場面もあり、トラップミスやボールタッチのミスも多く目立ちました。しかし、少しですが日頃の練習の成果が出ている選手が見受けられました。平日の練習から本気で練習に取り組んで欲しいです。(谷口)
  • 5・【11/10(日)ライオンズ杯 万博記念運動場】西田、石崎
  • ①FC 1-0 レオSC【20'高瀬】
    ②FC 2-1 JUMP【3'古賀、12'松原】
    ③FC 1-5 けまり団【10'寺岡】
    ④(TM)FC 1-1 RESC【18'OG】
    テーマ:スペースを作る動き、スペースに入る動きを意識して、ポゼッションを高める。
    ①横パスと短いパスばかりでなかなか前に進めることができませんでした。同様にDFラインでの展開ばかりで中盤や前線での展開が少なかったです。ポゼッションに対する意識や取組みは高まっているのは収穫です。
    ②ボールをしっかり繋げたので得点でき、チーム全体でボールロストした本人がファーストディフェンスに切り替えできたので、守備機会は少なく優位に進めました。しかしながら、自陣ゴール前でのハッキリしたプレーができなかったために失点したのが残念です。
    ③開始直後の失点により自分達のプレーができませんでした。DFラインの不用意なプレーから追加点を許し、その後も判断の悪さと蹴るだけのプレーから失点を重ねました。相手のテクニックに振り回されたまま反撃できませんでした。
    ④ボールの回し方は一番良かったです。フォローする意識とプレーを連続する意識があり、いいプレーもたくさんありました。しかし前線の決定力不足によりたくさんのチャンスを全くものにできませんでした。
    ⇒選手やベンチからの声は以前よりも出るようになってきました。ポゼッションも少しずつ向上してきていますが、相手のプレスが強くなるとまだ周りを見て判断ができなくなっています。正確に繋げていけるようにインサイドキックは左右のどちらでも蹴れるように平日の練習で真剣に取組みましょう。4年生はたくさんいいプレーが上の学年でも出せるようになっています。継続していきましょう。最大の課題は、チームとして試合に対する準備不足や気持ちの緩みが試合結果にそのまま出ていることです。開始直後の失点が多すぎます。自分達で真剣に考えて、改善しましょう!(西田)
  • 4・【11/9(土)長尾WFC・交流戦】橋本、片山、木村
  • 4年生《Aリーグ:ダイヤモンドリーグ》
    ①FC 0-7 西宮SC
    ②FC 0-0 長尾イエロー
    ③FC 1-3 フォルテFC・Y【27'小野(彰)(CK仙田)】⇒リーグ4位
    ④FC 0-1 長尾イエロー(3位決定戦)⇒最終順位4位
    ⑤FC 0-3 長尾イエロー(交流戦)
    テーマ:みんなで優勝する⇒1.コーチング(盛り上げる、励ます、合図する)、2.スペースを作りパスをつなげる。
    いずれの相手も、パスを使ったゲームメイクや、個人技に長け、プレッシャーも強いチームであり、思うような展開とならず、終始、押されてしまいました。その中でも、時より、励ます声やサインに声が聞こえたり、結果として得点には繋がりませんでしたが、「スペースにパスを出し繋ぐ」目指す形も見受けられました。練習を重ね練度を高めることで、イメージ通りの形になってくると思います。また、勝ちにこだわる気持ちが不足しているように思います。一試合一試合、勝ちに得点にこだわってください。(木村)
  • 3年生《Bリーグ:サファイヤリーグ》
    ①FC 1-1 西宮SCB【22'西村】
    ②FC 0-1 長尾オレンジ
    ③FC 1-5 フォルテFCW【26'満生】
    ④FC 1-2 長尾オレンジ【26'山本】⇒4位
    ⑤FC 0-8 長尾W(交流戦)
    テーマ:攻撃はスペースにパスを出す。守備は早いプレスでシュートを打たせない。失点しても落ち込まずに盛り上げる。
    ①前半6分に失点しましたが、テーマを実践し気持ちを切り替えて粘り強いディフェンスをし、同点に追いつくことができました。
    ②初戦に続き、前半に失点しましたが、その後は気持ちを切り替えて落ち着いてプレーできました。
    ③足だけでディフェンスをした結果、ピンチを招き失点につながりました。
    ④ルーズボールを途中であきらめずに最後まで追うシーンなど、随所に全力プレーが見られました。
    ⑤相手チームとの体力差もあり、失点が重なりましたが、最後まであきらめずにプレーしました。
    ⇒体力や技術での差がある相手と戦うときは、一歩の遅れや中途半端なプレーが失点につながることを認識したと思います。上位学年との貴重な試合経験を活かして、今後の成長に期待します。(片山)
  • 5・【11/9(土)チビリンピック三島地区予選 丸橋小】湯浅、西田、石崎
  • ①FC 5-0 安満SC【7'佐々木(前田)、11'井藤(-)、17'阿辺(森)、20'木村(中島)、34'高瀬(-)】⇒グループリーグ2位⇒三島地区代表決定戦出場
    テーマ:勝利し、三島地区代表決定戦に進出する。
    立ち上がりから押し気味に試合を進めましたが、詰めが甘く無得点が続きました。サイドをつかう事ができるようになったので、相手守備が混乱し、得点に至りました。参加20名全員が出場し、経験を積みながら個々のスキルアップとチームワークの構築に取り組む事ができました。しかし、課題山積の現状を改善するためには、全選手が本気でトレーニングに取り組む必要があります。三島地区代表決定戦を勝ち抜く努力に期待します。(湯浅)
  • 2年【11/4(月・祝)AVANTIフェス J-GREEN】《第3位》谷口、山名
  • ①FC 3-0 アイリス1st【8'佐々木(PK)、10'蒲原、16'尾崎】
    ②FC 5-0 AVANTI城南【5'後東(西林)、8'西林、9'後藤(西林)、15'佐々木、19'後東(佐々木)】⇒Aブロック予選1位通過
    ③FC 3-0 エストレア【2'蒲原(白澤)、13'西岡(佐々木)、15'西岡(佐々木)】
    ④FC 1-3 AVANTI茨木1st【1'西林】
    ⑤FC 4-0 ENC【10'西林(蒲原)、13'森川(尾崎)、18'阿瀬、20'尾崎】⇒1位トーナメント3位
    テーマ:⑴スペースにパスを出す。⑵ガンガンプレスに行く。
    サイドから良い展開で得点することが出来ていましたが、ボールに選手が固まってスペースにパスが出ててもチャンスに繋がらない場面がありました。チャンスにも関わらずトラップミスが多く目立ちました。少しですが日頃の練習の成果が出てきてきていますので、平日の練習から本気で取り組みましょう。(谷口)
  • 1年【11/3(日)フォルテcup 服部緑地人工芝】《第4位》谷口、久米
  • ①FC 7-0 高槻郡家【2'樋口(肌勢)、3'樋口、4'肌勢(樋口)、4'樋口(肌勢)、5'肌勢、6'肌勢、7'片山】
    ②FC 0-1 新田南
    ③FC 1-0 RED STAR【7'肌勢】⇒グループリーグ2勝1敗⇒2位通過
    ④FC 1-4 塚原サンクラブ【1'梨木】
    ⑤FC 1-1(0PK1) 春日サントス【14'肌勢】
    テーマ:がんがんいく
    ①みんながよく走り、ボールに絡みに行き、フィニッシュできていました。個人の能力だけに頼ることなく、クロスからのゴールなどのコンビネーションもありました。
    ②先の後半に出た選手、出ていなかった選手のチームでしたが、開始早々に失点したせいか、守備では相手のボールホルダーに対して誰もいかず全部後手に回り、攻撃ではボールをもっても前に蹴るだけで、自分たちが負けているから点を取りに行こうという意思を感じませんでした。
    ③前の試合とは少し変わり、守備のところで最後まで諦めずに守れていました。ただ、攻撃は個人の能力に頼っているように見受けられました。
    ④この試合では、今のレベルのプレーではなかなか難しいということを感じました。自分たちが頑張ってボールを奪っても、ボールを蹴るだけで、運ぶことができなければ、ずっと守備に回ることになります。その結果、後半耐え切れずどんどん失点してしまったように感じました。相手の選手のボールコントロールの技術はみんなが見習う必要があると思います。
    ⑤この試合では主にあまり出場していなかった選手を中心でしたが、自分たちが出せる最大限の力を出しているように見えました。しっかりボールを追いかけて、諦めずにプレーしている選手も多かったです。
    ⇒サッカーはチームプレーの連続です。誰かが頑張ってプレーするだけでは、良い結果を伴うことは難しいです。全員が全力を尽くすことが重要です。そのために普段の練習から、みんなが一生懸命プレーし、より上手くなることを目指して頑張りましょう。(久米)
  • 3年【11/3(日)太田JFC杯 西河原小】《優勝》《最優秀選手賞:濱田璃空、努力賞:平田智颯》橋本、山名
  • ①FC3-0水尾SC【5'橋本、23'橋本、30'濱田(細川)】
    ②FC4-0東奈良FC【10'世古(濱田)、20'田中、23'平田、27'片山剛志】⇒予選グループ1位通過⇒1位T進出
    ③FC3-1秦野FC【15'濱田、17'西村、19'西村(橋本)】(準決勝)
    ④FC3-1太田JFC【4'橋本(西村)、17'西村(CK平田)、24'平田(西村)】(決勝)
    テーマ:1.積極的にシュートを打つ。2.素早いプレスでシュートを打たせない。
    ①テーマ2の意識が弱く、相手チームに何度もシュートを打たせてしまいましたが、GKのファインセーブで無失点で乗り切り、テーマ1を実践し勝利出来ました。
    ②スタートメンバーを1試合目の控えメンバーを中心に試合に挑みました。テーマを全員が実践出来た結果、無失点でチーム全員で勝ちとった勝利でした。
    ③開始早々に相手に先制点を許してしまいまい、浮き足立つ所もありましたが、前線からのプレスや粘り強い守備から徐々にチーム全体が「冷静」を取り戻し、前半終了間際に前線からの超が付く積極的なプレスで相手のミスを誘い、同点とする。後半は、テーマ通りプレスを掛け、チーム全体で目標の優勝へ向けて集中して攻撃、守備が機能した結果逆点勝利出来ました。
    ④勢いのある攻撃で先制するも相手チームの粘り強い守備や攻撃から同点となりました。しかし、以前までと違って相手チームに飲まれる事なく、チーム全体で「冷静」かつ「積極的」に試合を運び、後半に2得点し「優勝」を勝ち取りました。本日のメンバーで優勝出来た事は、とても素晴らしい事だと思います、FC23として誰が出ても同じチーム力を出せる様にこれからはチーム全体の強化を図って行きたいと思います。(橋本)
  • 5年【11/3(日)U-12全日三島地区代表決定戦 J-GREEN】湯浅、西田、片山
  • ①FC 0-6 高槻南AFC
    テーマ:6年生の公式戦に於いて三島地区代表決定戦を勝ち上がる。
    ①開始から押されながらも気合いの入ったプレーが連続していましたが、残り1'30、緩いボールキープを突かれカウンターにより失点しました。後半早々にも同様に失点、残念ながら勝負が決定的となりました。その後、来週末のチビリンピック三島地区予選に向けて全選手が出場し、公式戦の厳しさを経験しました。
    ⇒来週の公式戦を勝ち上がるためにいい準備をしましょう。(湯浅)
  • 3年【11/2(土)AVANTIフェス J-GREEN】谷口、片山
  • ①FC 2-0 エルセレ【9'福山(西村)、14'満生】
    ②FC 0-0 AVANTI茨木②
    ③FC 1-0 Lazo【2'濱田】予選リーグ1位⇒上位トーナメント進出
    ④FC 0-1 長岡京
    ⑤FC 2-0 高槻南【6'西村(満生)、8'満生】
    ⑥FC 0-2 ガンバ大阪
    テーマ:苦手なポジションでも全力を出す。攻撃はスペースにパスを出す。守備は早いプレスでシュートを打たせない。
    ①日頃の練習のイメージでコーナーへのパスからクロスで先制し初戦を勝利しました。
    ②オフサイドに複数回かかり、スペースへのパスも出せず、無失点に終わりました。
    ③テーマの実施には課題がありましたが、ディフェンスのがんばりにより、予選リーグ無失点で終えることができました。
    ④上位トーナメント初戦でしたが、各選手の準備不足により失点し、終盤のチャンスも活かせずトーナメントを勝ち上がることができませんでした。
    ⑤ポジションを入れ替えて試合に挑みました。チャンスを落ち着いて得点に結びつけることができました。
    ⑥技術で差がある相手にチーム連携したディフェンスができずに失点しました。
    ⇒トーナメントを勝ち上がるには、全員がテーマ実施しなければできないことを感じたと思います。1試合ずつ全員が全力で挑みましょう。(片山)
  • 5年【11/2(土)U-12全日2次リーグ 茨木桑原人工芝】湯浅、西田、石崎
  • ①FC 0-6 フィオーレ大阪吹田FC
    ②FC 5-0 芥川ジュニアドリームス【14'港(高瀬)、17'木村(CK佐々木)、37'佐々木(-)、38'森(佐々木)、40'中島(-)】
    テーマ:6年生リーグに於いて三島地区代表決定戦出場を目指すために、残りの試合を無失点に抑え、勝点を得る。
    ①開始2'30、早々に失点し、気持ちが萎えてしまいました。敗因は、勝負に対する気持ちの甘さ、個々の責任感及びリーダーシップの欠如、チームに対する貢献度の低さなど、自信の無さをさらけ出す結果となりました。
    ②リーグ最終戦を前に、本大会を勝ち抜きたい旨は無論、翌週に控えるチビリンピックの準備としての位置付けを再確認しました。一進一退の試合展開の中、粘り強く戦い、前半の先取点、追加点をゲットできました。同様に、試合終盤の連続得点できました。
    ⇒明日の代表決定戦に進出できた事で、メンタリティーの重要性を十分認識できました。明日以降に期待します。(湯浅)

2019年10月

  • 2年【10/27(日)コパ秦野 猪名川河川敷G】《優勝》園田、山名
  • ①FC 15-0 豊中FC【2'尾崎、5'足羽(尾崎)、6'足羽、8'西林、9'森川(足羽)、11'後東、14'後東(尾崎)、16'佐々木、18'足羽、20'尾崎、21'西林、25'後東、26'後東、27'西林、27'白澤】
    ②FC 2-0 宝塚末広SC【17'森川、26'尾崎】
    ③FC 2-2(3PK2)秦野FC・A【3'後東(森川)、11'阿瀬、PK:後東、菅原、佐々木(GK尾崎)】
    テーマ:スペースを使う。取り返す。(ガンガン行く) コーチング
    ①相手チームがダンゴになってるところもあり、スペースを上手く使い大量得点を取れました。
    ②ガンガンは行けてましたが、ピンチにはコーチングなかったです。
    ③先の試合目同様、コーチングがなく、苦し紛れに蹴るので相手選手に多くボールが当たり失点に繋がりました。
    ⇒平日練習からのコーチング、スペースを上手く使う練習をし、試合でチャレンジしていきましょう!すごく強くなってきたと、感じたCUP戦でした。(山名)
  • 5・【10/27(日)ライオンズ杯 豊中16中】湯浅、古賀
  • ①FC 0-1 大池ドリーム
    テーマ:1vs1に勝つ。
    5年生及び4年生各5名にて健闘しましたが、残念ながらテーマに迫るには少々厳しいプレーが連続しました。チビリンピックに於ける活躍を期して、この2週間は本気で練習に取り組みましょう。(湯浅)
  • 5年【10/27(日)パナ杯6年生大会 高槻青少年人工芝G】《5位トーナメント優勝》西田、石崎
  • ①FC 3-1 東SC【21'森、27'藤井(片山)、28'藤井】
    ②FC 2-1 ヴィエントFC【16'木村、21'藤井(石崎)】
    ③FC 8-0 FC玉島【1'高瀬、4'藤井、11'藤井(PK)、12'藤井、13'藤井(寺岡)、22'藤井、25'藤井、29'石崎(寺岡)】
    テーマ:フィジカルに於けるハンディを埋めるために、チーム力を高める。
    ①攻撃の形は作れていましたが、シュートで終えることができませんでした。後半に改善できた結果、しっかりと勝ちきれました。
    ②フィジカルでは差が無い相手でしたが、ボールへの出足は相手の方が良かったために、なかなか得点できずに逆に先制されました。後半にサイドを意識すること、相手よりも先にボールに触ることを意識した結果、見事に逆転できました。守備面ではカバーの意識が高かったことで粘り強く守りきることができました。
    ③2試合のいい展開を最後まで見せることができました。フィジカルに勝る相手に対して、しっかり複数選手で対抗できた結果、バランス良く攻撃と守備ができ自分達で決めた無失点の目標を達成して優勝を果たしました。
    ⇒初日よりも攻守にわたって、バランス良く戦えたことは良かったです。相手のレベルが上がっても常に発揮できるように、普段の練習から意識して取り組みましょう。またハッキリと意思表示するための声も大事にして練習から出していきましょう!
    来週はいよいよ大事な試合です。各自が今日よりもチームのために頑張ることができれば、結果もついてきます。チーム全員で粘り強く戦いましょう。(西田)
  • 4年【10/26(土)U-10リーグ公式戦2巡目 たけみ小】佐藤、古賀
  • ①FC 6-1 山田くらぶ【6'森田、12'古賀(CK)、18'森田、26'森田、28'蒲原、30'森田(小野瑛)】
    ②FC 3-0 南桜塚愛好会【8'小野瑛、20'古賀、24'古賀】
    テーマ:味方を動かせるコーチング。シュートで終わる。
    ①全員が出場し、チームのやり方の浸透を図りました。コーチングが機能して守備はうまくできていましたが、失点シーンはマークのずれを突かれてしまいました。
    ②前がかりになったため、マークがずれたり、球離れが悪くなるなどの課題が出ました。
    ⇒今日は試合に出た一人一人が闘う強い姿勢を見せてくれたと思います。チーム戦術の理解も少しずつ広がっています。どのように守り、どうやってゴールまでボールを運ぶのか考えて練習に臨みましょう。(古賀)
  • 5年【10/26(土)パナ杯6年生大会 高槻青少年人工芝G】湯浅、西田
  • ①FC 2-3 穂積FC【2'木村(CK佐々木)、3'寺岡(-)】
    ②FC 1-2 北摂スカーレット【3'木村(CK佐々木)】⇒ブロック3位
    ③FC 3-0 真上FC【9'木村(CK佐々木)、15'高瀬(-)、28'木村(高瀬)】⇒ゾーン5位⇒5位トーナメントへ
    テーマ:フィジカルに於けるハンディを埋めるために、チーム力を高める。
    ①試合開始早々に2点を先制しましたが、テーマをクリアする事ができず、フィジカルに優れた同じ選手に3失点を喫しました。
    ②同様の試合展開でしたが、残り2分で2失点を献上しました。この相手チームが1位トーナメントに進出した現実を、如何に捉える事ができるでしょうか?
    ③連続試合ながら、先の試合をフィードバックする事により、粘り強く戦いました。
    ⇒本日も8人のみの参加に止まった結果、選手交代が叶わず、チームのリズムを変える事ができませんでした。とすると、選手全員が本気でスキルアップに取り組む以外にチームのポテンシャルアップはありません。5年生の本気に期待します。(湯浅)
  • 3年【10/22(火・祝)AVANTI茨木FC・TM 万博⑦G】片山、山下
  • ①FC 2-3 AVANTI茨木FC【23'福山、24'西村】
    ②FC 2-1 高槻南AFC【11''平田、22'福山(世古)】
    ③FC 1-4 AVANTI茨木FC【23'福山(濱田)】
    ④FC 4-3 高槻南AFC【16'濱田(片山瑛智)、19'満生、22'福山、27'満生(片山瑛智CK)】
    テーマ:日頃の練習の成果を試合でチャレンジする
    ①スペースへパスを出してコートを広く使って攻撃ができました。足だけでディフェンスをした結果、失点につながりました。
    ②相手についていくディフェンスを意識できていた選手もいましたが、サイドの選手がボールウォッチャーになりフリーの選手にシュートを打たせてしまいました。
    ③味方のゴールキックから相手にボールを奪われて、何度もピンチを招いた結果、複数失点につながりました。
    ④ディフェンスでは相手についていき、味方と連携してボールを奪うシーンが見られました。ただ、ファールスローなど基本的なプレーのミスがありました。
    ⇒ボールを止める、運ぶ、蹴るをスキルアップする必要が認識したと思います。各選手は自分の課題を整理して、明日以降の平日練習に取り組みましょう。(片山)
  • 5・【10/22(火・祝)チビリンピック三島地区予選 西河原北G】湯浅、西田
  • ①FC 0-1 AVANTI茨木FC
    テーマ:今後の公式戦を考慮して無失点で終わる。
    第1ピリオドの相手エースの突破からのクロスボールを逆サイドで合わされ失点しましたが、粘り強く戦った結果、最少失点に抑え、グループリーグ突破に希望を残すことができました。年内はチビリンピック・小学生大会・全日リーグなどの公式戦が連続しますので、本気で練習に取り組みましょう。(湯浅)
  • 4年【10/20(日)AVANTI枚方FC・TM 枚方小】木村、谷口
  • ①FC 5-2 AVANTI茨木FC【15'西永、19'濱田琉(西永)、20'濱田琉、22'西永(CK)、24'西永】
    ②FC 5-0 AVANTI枚方FC【11'濱田琉(西永)、17'西永(PK)、18'古賀、22'濱田琉(CK西永)、24'濱田(濱田琉)】
    ③FC 2-2 AVANTI茨木FC【11'濱田、21'島田】
    ④FC 5-0 AVANTI枚方FC【13'島田、15'古賀、16'守時、17'濱田、24'古賀】
    テーマ:コーチングする。シュートで終わる。
    コーチングについて⇒頑張れや励ましの声も大事ですが、具体的な必要な指示について「大きな声ではっきり」が出来ておらず、それがカウンターなどの失点に繋がるシーンが見受けられました。
    シュートで終わる⇒相手のプレスが弱く、シュートで終わるシーンが多かったですが、枠に収まらず特に上方に打ち上げる事が多かったです。
    前段の練習時に課題とした踏み込みの位置を意識し、シュートコントロールを向上させましょう。
    また、参加選手の状況でポジションの割り当てが変わる場合があります。「慣れているからココ」ではなく、特にTMでチャレンジできるので積極的にあまりしないポジションや、興味のあるポジションにチャレンジしましょう。(木村)
  • 5・【10/20(日)セルリアンcupU-12 石川河川公園古市スポーツ広場】湯浅、西田、片山
  • ①FC 0-0 アクバス
    ②FC 0-1 ボランチ
    ③FC 0-6 エストレア
    ④FC 0-4 住吉大社FC
    テーマ:2日後に開幕戦を迎える公式戦のシミュレーションとする。その手法として、積極的にコーチング及びスプリントに励む。
    ①②③④目前のチビリンピックのメンバーは最少16名ですが、予てより試みていた2チーム分けの最終チェックを参加14名に対して取り組みました。無得点ながらも、6年生を相手にまずまずの手応えを得ることができました。(湯浅)
  • 1年【10/19(土)コパ秦野 猪名川河川敷G】《優勝》湯浅
  • ①FC 2-0 宇山SC【6'肌勢(-)、16'西林逢人(-)】
    ②FC 3-0 さなえSC【1'西林想真(-)、2'西林想真(-)、3'梨木(-)】
    ③FC 1-0 吹田南FC【2'梨木(肌勢)】
    テーマ:チーム全員で協力する。
    ①②参加8名③参加9名にて時間の経過とともに、テーマの消化が進みました。全試合を無失点勝利でき、自信がついたことでしょう。(湯浅)
  • 4年【10/19(土)U-10リーグ公式戦2巡目 たけみ小】佐藤、木村
  • ①FC 2-0 安満SC【9'仙田(-)、18'仙田(山田)】
    ②FC 1-1 フォルテFC【4'松原(西永)】
    テーマ:1.全員がコーチングする。2.守備意識を高め、無失点を目指す。
    ①前半2nd、ベンチからのコーチングを活かし、プレスをかけ相手を押し込み、得点に繋げました。後半、守備に於いて、プレスに緩みがみられましたが、コーチングを活かし、意識を切り替え、守りきりました。
    ②前半1st、前線からのプレス、サイドからの攻めを活かし、得点に繋げました。後半、PKによる失点をしましたが、終始、守備に集中は見られました。
    ⇒本日は、チーム全体のレベルアップに向け、皆が協力してプレー出来ました。ただ、ピッチ内でのコーチングやオフザボールの動きなど、課題は多いです。日々の練習から心掛けましょう。(佐藤)
  • 4年【10/14(月・祝)玉川FC・TM 牧田運動広場G】山名、古賀、湯浅
  • ①FC 6-0 高槻プルセイラ【2'古賀、11'井戸(森田)、14'森田、16'井戸、20'井戸(森田)、23'仙田】
    ②FC 7-0 沢池FC【3'西永、10'井戸、11'古賀、18'仙田、19'仙田、22'仙田(西永)、22'森田】
    ③FC 1-3 玉川学園FC【10'井戸】
    ④FC 1-3 KSS FC【17'井戸(西永)】
    テーマ:コーチング、パスをつなぐ
    ①②サイドからボールをつなぎ得点を重ねることができました。自分がボールにいく動きが多く、ボールウォッチャーになる場面がありました。
    ③全体的に自陣に引いてしまい、前でボールを収めることができませんでした。コーチングの声も出なくなり修正できませんでした。
    ④マークのつき方が曖昧でした。ボールに目が行き相手のポストプレーで崩されてしまう場面がみられました。
    ⇒個人の突破力では太刀打ちできないことが、よくわかったのではないでしょうか。もっと味方を使うプレーを意識して練習しましょう。(古賀)
  • 4・【10/14(月・祝)U-10リーグ交流戦 たけみ小】佐藤、木村
  • ①FC 0-0 TSK粟生SC
    ②FC 5-0 南桜塚愛好会【2'西村(山田)、7'山田(-)、22'濱田(PK)、25'平田(橋本)、28'片山剛志(-)】
    テーマ:1.全員でコーチングする。2.シュートで終わる。
    ①前半、試合の入りは良く、プレスの意識はありましたが、コーチングがなく、連携に欠けました。後半、コーチングが最善を尽くしましたが、テーマのシュートが枠に入らず接戦を勝ちきれませんでした。
    ②前半、プレス、コーチング共に意識が低く、得点はしたものの、相手のプレスの弱さに合わせるような低調な運びでした。後半、サイドからの攻めの意識、テーマの改善から、得点に結びつけました。
    ⇒4年生2ndに混じり、3年生が物怖じせずプレーしてくれました。4年生全体のレベルを上げるためにも、2ndメンバーの成長が欠かせません。自身の課題をよく理解し、日々の練習から全力で取り組みましょう。(佐藤)
  • 1年【10/13(日)吹田南FC・TM 南吹田下水処理場G】山名
  • ①FC 6-0 吹田南FC【2'樋口、3'樋口、5'梨木、9'樋口、12'梨木、18'梨木】
    ②FC 6-0 高槻FC【1'西村、2'肌勢、4'肌勢、16'肌勢、18'肌勢、20'肌勢】
    ③FC 7-2 吹田南FC【3'肌勢、5'樋口、9'肌勢、12'西村(梨木)、14'樋口、15'樋口、20'梨木】
    テーマ⇒元気よく楽しく試合をする。
    W-upから大きな声で元気よく出来ていました。試合中も声が出ている(コーチング)が、出来ていた選手はいいプレーが出来ていました。選手たちが一生懸命プレーをした結果が、楽しく試合が出来たと思います。今日の調子で頑張っていきましょう。(山名)
  • 3・【10/13(日)新田南FC・TM 豊中九中】湯浅、谷口
  • ①FC 2-1 新田南FC【9'橋本(-)、10'田中(世古)】
    ②FC 5-0 新田南FC【2'西村(山本)、3'西村(西林)、14'橋本(-)、17'橋本(FK)、21'後東(福山)】
    ③FC 6-0 新田南FC【2'橋本(石矢)、6'福山(-)、7'後東(-)、9'福山(-)、11'石矢(-)、24'西村(蒲原)】
    ④FC 7-1 新田南FC【5'満生(佐々木)、7'西村(満生)、11'西林(-)、15'福山(-)、20'田中(-)、21'世古(福山)、22'世古(福山)】
    テーマ:⑴プレーの精度を高める。⑵ミスは気にせず、すぐにプレッシングする。⑶チーム全員で「サッカー」に取り組む。
    ①②③④試合を重ねるとともに、テーマを具現化する力が発揮でき、明らかに成長が見られました。
    ⇒参加14名を均等分けし、前後半を総替えしながらあらゆるポジションにチャレンジしましたが、全員がチーム作りに貢献できました。(湯浅)
  • 5年【10/6(日)箕面市サッカー協会杯6年生大会 府立箕面東高】《優勝》湯浅、西田
  • ①FC 2-0 寺内新田スカイFC【20'片山(-)、26'藤井(森)】
    ②FC 4-0 箕面豊北JFC【7'藤井(西田)、15'森(-)、17'藤井(CK沢田)、30'藤井(木村)】⇒ブロック1位
    ③FC 2-1 桜井谷東FC【4'佐々木(沢田)、11'佐々木(沢田)】《準決勝》
    ④FC 1-1(4PK3) RESC1st【7'藤井(-)、PK戦:藤井、片山、佐々木、石崎】《決勝》
    テーマ:三島地区代表決定戦出場を目指すために、6年生大会に於いてチーム力アップに取り組む。
    ①フィジカルに優れた相手チームに対して粘り強く戦い、クリーンシュートなどが決まって、無失点勝利を収めました。
    ②この試合でもロングシュートが決まり、得点を重ねましたが、ミスから奪われたボールに対し、カバーリングが遅く、守備の連係に課題が残りました。
    ③2-0の絶対優位な状況にも関わらず、ここまで懸念されていたミスは、対戦相手のレベルが上がったことにより失点に至りました。
    ④先取点をゲットしましたが、先の試合同様、全員の守備意識の緩さからの連携ミスにより同点を許しました。その後、粘り強く戦い続け、PK戦を制しました。
    ⇒昨日同様、メンバーが揃わないチーム状態でしたが、6年生大会に於いて優勝できたことは自信になったことでしょう。今後も頑張りましょう。(湯浅)
  • 5年【10/5(土)U-12全日2次リーグ J-GREEN】湯浅、西田、石崎
  • ①FC 2-0 春日サントスFC【2'藤井(-)、34'藤井(-)】
    ②FC 3-2 玉川学園FC 2nd【11'藤井(-)、13'沢田(藤井)、38'藤井(-)】
    テーマ:6年生リーグに於いて三島地区代表決定戦出場を目指すために、残りの試合を全勝する。
    ①早々の先取点後、フィニッシュの精度が低く、ゴール前の詰めが甘いため、追加点をゲットできませんでした。しかし、粘り強く戦った結果、無失点にて勝利できました。
    ②厳しい相手に、開始30秒で失点しました。相手ゴール前で奪われたボールに対し、切り替えが遅く、守備の連係も良くない事が原因でした。その後、徐々にリズムを取り戻し、カウンター攻撃から同点、さらに逆転に成功しました。ポゼッションを高める相手チームに対し、後半も粘り強く戦った終盤、追加点をゲットしましたが、ラストワンプレーにて再び守備連携のちぐはぐから失点、辛うじて逃げ切ることができました。
    ⇒体調不良によりベストメンバーが揃わないチーム状態でしたが、テーマ達成に近づけたことは自信になり成長した証拠でもあります。今後もさらなる努力に期待します。(湯浅)